時をかける少女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

時をかける少女(ときをかけるしょうじょ)は、筒井康隆SF小説の一。彼の代表作であるが、「日本以外全部沈没」(小松左京日本沈没」の公認パロ)などといった作品から読み取れる彼の作風からすれば、かなり「異色の作品」であることでも知られている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「時をかける少女」の項目を執筆しています。

作品の経緯[編集]

この作品が生まれた経緯について、ある記者が当人に尋ねたことがある。それに対して筒井は答えた。「別に書きたくて書いたわけじゃない」と。

作品が生まれた昭和40年ごろ、筒井はまだ売れず生活に困窮していた作家であった(この時期が、とにかく原稿料にうるさい作家としての彼を作り上げた)。そのため学習雑誌からの執筆依頼を断ることが出来ず、苦手なジャンルであるが無理して執筆した作品が、この「時をかける少女」だったのである。その為か、筒井の作風とされるブラックユーモアメタ的展開の無い、至って普通のジュブナイル小説となっている。しかもよく考えるとヒロインが「すてきな彼がいつか私に会いに来てくれる」という妄想に取りつかれたまま終わるというとんでもないバッドエンドである。

そのため、彼は「この作品には特に思い入れはない」とも、「書くのが苦痛でしかない」とも述べており、本来なら話題に上ることもなく消えて言ってもおかしくはなかった。

しかし、90年代に「新世紀エヴァンゲリオン」がかなり杜撰な最終回を迎えたにもかかわらず、それが逆に話題を呼んでヒット作になってしまったこと、それに昨今でも日本語の凄まじさが酷評を呼んだ「リアル鬼ごっこ」がヒット作になったことがあるように、作者や一般世間の見識とは無関係に時に作品は「大ヒット」となってしまうことがある。

当作品もご多分に漏れず、4回も文庫版が刊行され、5回も映画化がなされる「名作」となってしまった。

なお原作者が「思い入れのない作品」であることを示しているため、昨今の漫画化やアニメ映画化では「原形をとどめないほどの内容変更」が施されている。しかし、それがさらに評判を呼んでしまっているのだから、世の中は分からない。

映画の舞台[編集]

映画の舞台はころころ変更されているが、広島県尾道市を舞台にしたものが有名。同市ではいろいろ珍人物が現れたり、怪現象が起こっている(昨今では2005年神を名乗る女子中学生が出現)ため、こういう作品を撮るには最も相応しいと判断されたからだと言われている。

その後[編集]

この小金稼ぎのために書いた作品で成功したことで、ジュブナイルに味を占めた筒井は、その後もジュブナイルを書き続けていった。

その中でも「わたしのグランパ」は読売文学賞を受賞。世間の求める作品を知った筒井は今ではライトノベルの将来性を見抜くほどになり、2008年にはなんと73歳にして講談社の「ファウスト」において、バリバリの萌えラノベかつ、本作のセルフパロである「ビアンカ・オーバースタディ」を発表してしまった(挿絵は涼宮ハルヒ系列各作品でおなじみのいとうのいぢ姐さん)。

この作品は、SF馬鹿であった筒井を一般にも認知される流行作家へと導いた名作であり、彼にとっては様々な意味で大恩ある作品といえるだろう。

関連項目[編集]

「時をかける少女」のポスター。って、韓国人が勝手に書きかえてる!!


ハルヒ時計 時間がなかったので、この項目「時をかける少女」は時間に関連したまだ書きかけの項目です。時間を自在に操る超能力をお持ちの方は、この記事の執筆にぜひご協力ください。執筆してくれるを待っています。 (Portal:スタブ)