星野貴紀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「星野はわしらが育てた…んだっけ?」
星野貴紀 について、V6
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「星野貴紀」の項目を執筆しています。

星野貴紀(ほしの たかのり、1980年5月8日 -)は、『デカァァァァァいッ説明不要!!』で殆どの説明が終わってしまう、謎の東洋人同郷なおっきな日本の男性声優。代表作はガン×ソードの世界一カッコイイ童貞等。

人物[編集]

190cmという松重豊に匹敵する長身の持ち主であり「ノッポさん」の愛称で知られる。背が高くてうらやましいと周囲からは言われるが、本人曰く、「匍匐前進しないと電車のドアをくぐれない」「タイガーショットをしゃがんでかわせない」等とデメリットも多く、背が高くても必ずしもいいことばかりじゃないと語っている。道端を歩いていても、彼の顔ぐらいの高度を鳥が飛び交うので、激突しないよう細心の注意を払わなければならない。事実、飛んできた鴉が顎に直撃し、5針縫う大怪我を負った事がある。アフレコの時も、しゃがまないとマイクに声を吹き込めず、常にしゃがんだ状態で仕事をしていた為に、しばしば腰を痛めている。最近では伸縮可能な専用マイクの持込を特別に許され、それを使用しているらしい。

この無駄に長身な体形からか、156cm売れている歌うたいのファンからはそのあまりに高すぎる身長を妬まれ、「高身長なんて声優には無用の長物だ」「売れている歌うたいに10cm程度分けてやってもいいじゃないか」等と言われる事がある。しかし、仮に星野が彼に10cm身長を分けたところで、10cm分けてもらった売れている歌うたいの身長は166cmと辛うじて小日向文世を追い越せる程度で、身長170cmな跡取りを未だに拵えない魔術師の倅に4cm劣ると言う体たらく。一方、10cm分けた星野は著名なハチロク使いと同じ180cmで、日本人としてはまだまだ充分長身の範疇内。たとえ10cm分けても、両者の間には爆笑問題の太田と田中くらいの身長差がある事になる。

来歴[編集]

この様な身体上の都合もあってか、星野が声優になった経緯はかなりイレギュラーである。殆どの声優は養成所上がりだったり、マイナーな舞台俳優から声の仕事に転身したりというケースが多いが、星野は学校へ行こう!のおふざけ半分の企画から声優デビューしたという異端の経歴の持ち主である。こんなおふざけ半分の企画にも拘らず奇跡的に声優として無事デビューを果たし、いきなりGetBackers -奪還屋-でメイン級のキャラを演じるという大役を任されたが、ベテラン陣に囲まれた中での星野の演技は初々しく、バラエティ企画出身という先入観もあって声ヲタからは袋叩きにされた。[1]かくして声優としてデビューした星野は、その後は暫く仕事に恵まれず、「バラエティ番組のお遊び企画から生まれた声優なんてこんなものだ」と忘れ去られていった。ちなみに本来この企画は俳優を養成する企画であったが、星野の長身とスリムな体系を見たV6の面々が、「こいつを俳優としてデビューさせたら、やがて俺達の地位を脅かす存在になるのではないか」と危惧し、強引に声優養成の企画に主旨をすり替えたという裏話がある。後になって星野はV6の悪巧みを知る事となったが、「まあいいんじゃないの」と特に怒る事も無く、度量の広さを見せ付けた。

声優としての活動[編集]

長く仕事に恵まれなかった星野だが、雌伏の時を経て2005年、外見が似ているからという理由でガン×ソードの主役に選ばれ、他にもアイシールド21ジパング等のアニメや洋画吹替などに出演し、地道にキャリアを重ねている。今ではそれなりに仕事量に恵まれ、それなりの知名度と人気を得ている。ぶっちゃけて言えばB級声優のポジションを脱しきれていないのだが、デビュー当時の今にも消えそうな蝋燭の灯の如き星野を知る人にとっては、今も声優を続けている事だけでも奇跡だと言えよう。

現在は遠藤綾齋藤梨絵など中途半端そそれなりの声優を抱えているそれなりの規模の事務所オフィスPACに所属している。ちなみにオフィスPACはあくまでそれなりの規模の事務所に過ぎないが、代表は知る人ぞ知る野沢那智である。つまり星野は野沢那智に認められるほどの力量の持ち主ということだ。凄いぞ星野!やったね星野!

主な出演作[編集]

  • ジパング 菊池雅行役
    • キラリと光る眼鏡はインテリの証、むさ苦しいイージス艦のなかで星野のステキボイスは清涼剤のようであった。上記、GetBackers -奪還屋-と監督や局の担当プロデューサーが同じであることから確かに仕事がない星野に施しとして与えられた印象もある。しかし、同番組でTBSアニメフェスタに出演した際にガン×ソードのプロデューサーに見いだされておりつくづく星野の運の良さに驚かされる。
  • ガン×ソード 主人公ヴァン役
    • 「俺は童貞だ!」と壮絶なカミングアウトをしたことで一躍有名になったナイスガイ。「童貞」という、男子にとっては口にするのも恥ずかしい言葉を臆面も無く言ってのけた事で、星野は声優としての、そして何より男としての株を上げた。尚、アニメキャラと声優を混同する痛いアニオタはどこにでもいるが、ガンソードにおいてもそれは同様で、放送後、「星野さん童貞なんですか?」という失礼なファンレターが殺到したと言う。しかしよくよく考えても見ろ、こんな背が高くてカッコいい人が童貞な分けないじゃないか![要出典]
  • アイシールド21 十文字一輝役
    • 不良から立派な選手へと成長を遂げたキャラ。どことなく星野の境遇に似ている。
  • 遊☆戯☆王5D's ジャック・アトラス役
    • 一人称が「キング」という恥ずかしい俺様キャラ。王道ライバルキャラだがどこか抜けているという、海馬瀬人の正当な後継者である。

注釈[編集]

  1. ^ この時TBSにも「声優なめとんのか」とアニオタ、声オタからの苦情が殺到し、TBSにやっぱオタってキモイねというオタ蔑視の風潮を醸成させ、アッコにおまかせの初音ミク特集などを作らせる遠因となった。