星井七瀬

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、星井七瀬について説明しています。その他の七瀬については「七瀬(曖昧さ回避)」をご覧ください。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「星井七瀬」の項目を執筆しています。

星井 七瀬(Hoshii Nanase、本名:星野 由真、Hoshino Yuma、1988年11月14日 - ) は日本のロックンローラー。革命家。作詞、作曲、編曲、音楽プロデューサー、ギタリスト、ベーシスト、ピアニスト、ヒップホップMC。東京大学芸術学部芸術学科客員教授。

概要[編集]

星井はいわゆる音楽一家の出である。曾祖父に、ライトニン・ホプキンス、ウディ・ガスリー、ロバート・ジョンソン、ババ・オージェ、祖母にマヘリア・ジャクソン、大伯父にエルヴィス・プレスリーフェラ・クティ、叔母にキャロル・キング、アレサ・フランクリン、伯父に、ジミ・ヘンドリックス、シド・ヴィシャスフランク・ザッパ、エルヴィス・コステロ、デヴィッド・バーン、ドナルド・フェイゲン、叔母にローラ・ニーロ、ダイアナ・ロス、ジャニス・イアン、ジャニス・ジョプリン、パティ・スミス、シェリル・クロウ、異母兄弟に、カート・コバーントム・ヨークノエル・ギャラガー等がいる。

2003年10月に『恋愛15シミュレーション』でデビュー。元なっちゃんで15秒だけのシンデレラ。

身長161cm。栃木県出身。趣味は音楽と映画鑑賞、特技はスポーツと絵画。

経歴[編集]

1988年11月14日に栃木で生まれる。生後1ヶ月で、父の勤務先である中国の大連に渡る。次第に戦地が拡大、各地を転々とする。3歳の頃には民族音楽に傾倒し、小泉理論を習得。当時住んでいたギリシア、インドの人々にムーサ、サラスヴァティー(音楽の女神)の再来と崇められる。

小学生時代にはその才能を遺憾なく発揮、東西の音楽をカバーした合唱コンクールはカーネギー・ホールで行われ、そのキュートな歌声は無名ながら世界の絶賛を浴びる。

2003年、中学在学中、ヴァン・ダイク・パークスとブライアン・ウィルソンに渋谷の竹下通りで出会う。デモ・テープの作り方を教わった彼女は、自分で作ったデモ・テープを売り込み、EMIからシングル・デビュー。デビュー・シングル『恋愛15シミュレーション』は、エスノとテクノとパラノの融合をはかったポストネオサイケデリアミュージックの金字塔。日本だけで1億2000万枚を売り上げ、全世界で20億枚を売り上げる。星井はその売り上げの全額を慈善団体に寄付。

2004年、麻薬の更生病院から復帰。開催されたウッド・ストック'04ではトリを務め、日本の伝統的な民族衣装、ナース服姿での7時間に渡るライブは伝説となる。星井の敬愛する椎名林檎も飛び入りで参加し競演を果たす。満を持して発表された、1stアルバム『桜の花』では、東洋医学と錬金術、黒魔術、白魔術の研究の成果を詰め込み、聴くだけで病気が治る、天に昇る、発狂する、やせる、英語の発音がよくなる、恋人ができる、お金持ちになる等、その伝染力と、破壊と再生の力ゆえに、全世界で発売禁止となる。詩における宗教観は全世界の神を肯定する多元宗教的な立場に立つ。ダライ・ラマ14世曰く、「語りえぬ対象についての沈黙を打ち破る作品であり、言語の枠を超え、非現実という存在にある空間の内側に語りかけ、自我における非現実と現実の交流を促す枠組みを設置する作品」という。売り上げ枚数は不明。また、同年に発表された1st写真集「星井七瀬」は、イスラム世界で、偶像崇拝の対象とする者が後を絶たず、焚書となる。

2005年、仏教に帰依。リリースされた2ndアルバム『全開ガール』では、華厳経の梵語完本を翻訳、現代風にアレンジ。その思索は細部に渡り張巡らされ、聴く者は煩悩の火が吹き消え、悟りを獲得し、涅槃に至る。売り上げ枚数は、全世界で50億枚。仏教徒の数は30億人を越え、イスラム教徒、キリスト教徒を上回る。

2006年、ワールドツアーを行う。世界22カ国を回り、総動員数は4億2205万4577人(野鳥の会調べ)。天安門前広場で急遽行われたゲリラライブ、「人民の人民による人民のための夕べ」ではゲティスバーグ演説を高度にミックスした曲を披露。中国に民主主義をもたらす。江沢民が暗殺されるなど、世界内外に論争を引き起こす。北朝鮮においてもクーデターが起り、金正日はロシアに亡命。軍部の暴走を切欠に中国とロシアが対立、第三次世界大戦の危機が迫る。しかし、日本国天皇の勅使として星井が訪問。ベルリン会議で和解を勧告。危機を回避する。

2007年、突如隠遁生活に入る。現在の消息は不明。消息を絶ったあと、菊池桃子がリーダーを務めるロックバンド、ラ・ムーと共演するという噂がまことしやかに流れているが、詳細は不明。

エピソード[編集]

  • 伯父の故フランク・ザッパが星井の家を訪れた際に、偶然、星井のギターを耳にした。ザッパはその余りの才能に驚嘆し、嫉妬し、最後には屈服した。その後自ら採譜係を務めた。ゆえにザッパとは、伯父でありながら弟子という関係にあった。
  • 星井の活動は一つのムーブメントとして、音楽に限らず多くのフォロワーを産んだ。サウンドは”ポストネオサイケデリア”と呼ばれ、ロックの王道となる。また彼女のフォロワーを総称して”七の世代”(セブンス・ジェネレーション)と呼ぶ。

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

  1. 恋愛15シミュレーション

アルバム[編集]

  1. 桜の花
  2. 全開ガール

キャラクターソング[編集]

  • ガラスのクツ~なっちゃん (TOCT-4526)(なっちゃん名義)

DVD[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • なな☆ミュージックツアー(世界ツアーの模様を収録)

イメージビデオ[編集]

  • 七色の季節(ジョージ・ルーカスが監督、フランシス・フォード・コッポラが製作を担当)

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 星井七瀬写真集「星井七瀬」

外部リンク[編集]

関連項目[編集]


Hammer and sickle.png この項目「星井七瀬」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)