出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

(ほし)とは、宇宙に点在する、さまざまな物質で出来た丸っぽいものである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

出来かた[編集]

約137億年前に宇宙の創世、インフレーションビックバンを経て、思ったより一瞬で宇宙がいきなり出来て、そのときに出来たいや~んな物質やガスやちりが愛と重力でだんだん大きくなり目に見えるサイズになる。大きくなった岩石などがぶつかったりめり込んだりをかなりの回数繰り返してできる。重力でガス(空気など)を留めて置く事のできない根性なしの小さいものから、根性だけが取り柄の馬鹿みたいに燃える恒星、死にかけなのに張り切る赤色巨星赤色超巨星ウォルフ・ライエ星、高密度な白色矮星中性子星クォーク星、なんでも吸い込むブラックホールなど、エロゲーのジャンル並みに種類が豊富。 一説によると「星=人」という学説もあり、人を星にする様々な実験が日夜、行われている。

[編集]

星は父と姉の三人暮らし、同じ苗字や親戚もいるだろうから10よりは多い。 たまに爆発(ブチ切れて)して消滅(家出、蒸発など)すると見せかけて新しい星(他家への入籍)になったり、色んな物質(連れ子)がくっ付いて(食卓で)丸くなって星になっちゃったりしながら、増えたり減ったり大きくなったり小さくなったりしているので正確な数は不明である。役所に聞いても個人情報保護法を盾に教えてはもらえない。 しかしながら、人生、宇宙、すべての答え(The Universe and Everything, LUE)」が1であることの証明 を利用する事で結局、星は1個しかないと言っている人も少なからずいる。

銀河系[編集]

恒星がいくつかの惑星を従えるときそれを恒星系と呼び、これと同じものが無数に集まったものが銀河系である。このなかには、各自に~~系というさまざまの派閥があり、わが太陽系もこの一種である。

太陽系[編集]

恒星を中心に置き、周りを恒星に比べ質量の小さい惑星が回る様子はジャイアニズムを表し、宇宙の構造と人間社会の構造の本質的一致を示す。すなわち若い頃より体躯の大きい者(質量が大きい)は体躯の小さい者(質量が小さい)よりもよく食べ(重力により物質を集め)さらに大きくなる。そして自らが存在する領域で影響力を増すことになる(系の中心となる)。この過程は「富める者は、ますます富む」というユダヤの格言が如実に表しており、ユダヤ教の教義が宇宙の本質を早くから理解していると共にジャイアニズムに強く影響を受けていることを物語っている。

なお清水系、保田系など自らの存在を恒星系に例え、名乗っている人間もいるがこれは偶然の一致である。

関連項目[編集]


この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)