明石屋さんま

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明石屋さんま」の項目を執筆しています。

明石家さんま(あかしや-)は落語家。

概歴[編集]

デビュー前[編集]

1955年生まれ。この年代の男子なら一度は夢見るであろうプロ野球選手を目指していたが、幼少時から自己主張が激しく、関西(奈良県)出身でありながら関西人の天敵に心酔していると言い放った為、在籍していた地元の少年野球チームのメンバーから顰蹙を買い、いづらくなって退団。

中学から、当時はまだマイナーな存在でしかなかったサッカーに転向するが「足より先に口が出る」という人柄はこの頃すでに急成長を遂げており、オフサイドやファールを取られる度に審判に抗議し、独特の屁理屈とスカシ口調を駆使して2度に1度は撤回させる事に成功するという武勇伝を持っている。この様子を目の当たりにしたサッカー部部長でもある担任の教師は、こんなヤツがまかり間違って実業団(当時はJリーグなどという失業救済システムは無かった)にでも入ったら日本のサッカーは壊滅すると恐怖し、悩みに悩んだあげく「この口のうまさなら政治家か弁護士か芸能人か詐欺師(いや、どう違うの? と聞かれても…)になればいい」と考え、最も現実的な選択として吉本興業入りを勧めて本人も承諾した。

新人時代[編集]

当初は古典落語を学んでいたが、まったく覚える気がなく「俺は過去より未来に目を向ける」と宣言し、同期の島田紳介-島田紳助とは別人-を営業先のプールに投げ込んで笑いをとりながら、テレビタレントになる機会を狙っていた。おりしも某ヤングoh!oh!でレギュラー出演していたパンダのリンリンが福田外交の犠牲となってお笑いグループ「ザ・パンダ」が解散して、あらたにSOSが結成された時、リーダーの涼宮ハルヒヅラ三枝(自称サニー。ただし桂三枝とは別人)に取り入って稲垣吾郎メンバーに混ぜてもらい、ついにテレビ出演の機会を得る。なお、SOSとはサニーズ大阪スペシャルの略称だったが、その後、三枝が同番組で別のコーナー「ちんちらちん(島田紳介-島田紳助とは別人-を輩出したコーナー)」を担当する事になり、SOSのメンバーの中でSというイニシャルの持ち主がさんましかいなかった事から、最年少でありながらリーダーに抜擢された。この事態に他のメンバーは激怒し、三枝とは同門で後輩のさんまと同じデッパキャラの某が公然とさんま嫌いを宣言し、デブキャラの某にいたっては悲観して検閲により削除。こうして様々な人間を踏み台にしながら、さんまはその人気を次第に全国に波及させていった。

東京進出[編集]

1980年代初頭、いわゆる「漫才ブーム」が起こり、関西の漫才コンビが次々と東京進出を果たす中、ピン芸人であるため本来は全く関係が無いさんまもブームに乗じて某笑ってる場合ですよ/某俺たちひょうきん族に登場、さらにブームが過ぎた後も某笑っていいともなどに食い込み、同期の島田やびーとたけし(ビートたけしとは別人)らとともに生き残る事に成功、人気タレントの地歩を築くにいたる。

ブレイク(破綻)[編集]

1980年代の半ばから後半にかけて全盛期を迎え、さらにお笑いタレントにしてはそこそこハンサムである事も手伝ってテレビドラマにも進出、某男女7人が高視聴率をマークし、さらに共演した大竹某をナンパする事に成功。この事実によって本人も「ドラマに出れば人気もあがるし女優とも禁則事項です」と確信したが、これが破綻の始まりだった事が後に判明する。ナンパのつもりだったのに、相手が一枚上手だった事から結婚するハメになり、ヤケになってあちこち浮気したら一枚上手な相手は不倫していた上にイメージの差で無かったことにされ、途端に人気も実力も落ちていく。また実子が生まれた時期には精神的にも極めて不安定になり、たまたま共演した某山瀬や某のりピーがトバッチリでケンカ越しの対応をされ、番組中に泣くという前代未聞の事態が生じた。進退窮まったさんまは結婚相手との仕事上のすれ違いという口実で逃亡。ようやく精神の安定を得たが、時すでに遅く、後輩芸人が育ってきていた事もあってレギュラー番組もCM出演も激減、これ以降、全盛期の人気に迫る事は二度と無かった。

現状[編集]

なんとかそれなりの人気は保っており、幾つかのレギュラー番組も持っている。また、昔取った篠塚(本人のギャグらしいが、たけしのギャグという説もある)でサッカーのイベントにも関わっているが、自分で話して自分で笑うというパターンだけしか持っていないと言われている。また過去の残照を武器に某長澤らお気に入りの女優とドラマで共演する事もあるが、視聴率では結果を出せず、却ってその女優の足を引っ張る結果となっている(もっとも本人は自分のせいだとは言っていないそうだが)。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「明石屋さんま」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)