明治神宮野球場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「神宮球場はわしが育てた」
神宮球場 について、星野仙一
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明治神宮野球場」の項目を執筆しています。

明治神宮野球場(めいじじんぐうやきゅうじょう)とは、東京都新宿区にある宗教施設である。「神宮」と略して呼ばれることが多い。明治時代から存続する、日本最古の野球場として知られる。明治大学のホームグラウンド。

宗教的背景[編集]

明治時代、国策として神道が国教化されていたが、神仏混交に反対する仏教勢力や、キリスト教勢力、その他カルト教団がひそかな反抗を続けていた。これを弱体化させ、国家全体を神道に一本化しようと考えていた明治神宮は、その布教方法として、野球によることを画策した。野球は、木の棒を振り回すあたりがなんか神道に似てたからである。

所在地[編集]

明治神宮外苑に建立。国立競技場も近くにある。

なお、お財布にやさしい鉄道会社を利用した場合、最寄り駅は信濃町駅であるが、この信濃町駅は池田○作ファンクラブの聖地として知られている。明治神宮の宗教政策に対抗しようとして努力した結果であるが、強い結界の影響で、神宮外苑に侵入することはできなかった。

ちなみに東京ドーム原器もほど近くにある。後楽園球場が日本最初のドーム球場となった理由は、王貞治のホームランが神宮球場まで飛び、神宮で投げていた金やんにとられてピッチャーフライになることが多かったからである。ヤクルトの選手はそんなに飛ばさないから大丈夫。

運営方法[編集]

宗教施設として[編集]

明治神宮の教団施設であるから、入場の際には宗教の確認がなされる。ゲートから席までの間に、キリストマリアさん○作永遠の17歳などのあらゆる神々の絵が地面に書いてあり、これを踏まずに入場したものは即座に天罰が下る。(ちなみにひよこ陛下はない。あらゆる神の最上位に位置するため)

明治神宮の教団施設であるから、行事の際に使われる太鼓の音が聞こえなくなると困ってしまうので、太鼓を利用した応援は禁止である。

明治神宮(以下略)、施設内での子作りは避けるべきである。コンドームを使用せずに飛ばすのは禁止である。

明(ry、何の前触れもなく空が暗くなり、雨が降ってくることが多い。外野スタンドでは常に傘をさしていることが望ましい。

野球場として[編集]

日本の神はおおざっぱなので、様々な球団がホームグラウンドとして利用できるが、その中には厳然たる階級がある。

建立された当初は日本一広い野球場だった(日本初の野球場だから当然である)が、他の球場が広くなったせいで、現在はどちらかといえば狭い球場である。ただし、明治神宮からの神通力で少しずつ拡張されている。と見せかけていて実は大して変わっていなかったことが判明した。

関連項目[編集]

球場関係
野球関係