明坂聡美

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明坂聡美」の項目を執筆しています。

明坂聡美(あけさか さとみ、昭和63(1988)年1月2日生 - )とは、さいたまの誇る素敵エンターテイナーである。

「Not HENTAI!!Not OPPAI!!」
明坂聡美 について、明坂聡美
「明坂聡美公認愛人の、うえむらちかです☆」
明坂聡美 について、うえむらちか

人物[編集]

できちゃった結婚の引き出物として埼玉県在住のごく普通の家庭に生まれる。が、3歳の時に何かの手違い(夫婦喧嘩のハズミ)でインドネシアに売り飛ばされてしまったものの、半年後、正気に返った両親によって買い戻される。そのため、4歳の誕生日は家族でお祝いすることができず、非常に残念な思い出となってしまったのであった。そんなエピソードはあったものの、その後しばらく何事もなく、普通の女の子としてのんべんだらりと人生を楽しんでいたのであるが、13歳の時、気まぐれに出場してみた「なかよしアイドルグランプリ」(2001年)でうっかり入賞、気がついたら藍沢みんと中の人にされてしまっていたのであった。この辺りから、彼女の平和な日常は音を立てて崩れ去るのであった……。

能力[編集]

エロボイス絶対音感を武器として、声優歌手ラジオのDJにミュージカルに、幅広く活躍している彼女であるが、歌を聞いてみた限りでは、エロボイスはともかく(性的嗜好は人それぞれ)として、絶対音感の方はもしかして単なる自称なのではないか?という疑念が脳裏にこびりついて離れないのであるが、うっかりそんなことを口走ろうものなら、彼女の親衛隊によって抹殺されてしまうとか。

演技[編集]

ともあれ、しっとり系大和撫子キャラを演じることもあれば、お元気系明朗快活キャラまで手広く演じることのできる彼女のエロボイスには大きなお友達から定評があるものの、その活動範囲はブロッコリー関連とその周辺に絞り込んでいる様子である。と言うのも、あまりポピュラーな存在になってしまうと大御所(たとえばm粛清されました)たちと対等に渡り合わねばならず、さりとてあまりマイナーでも支持基盤が脆弱となってしまうため、微妙なバランスをとりつつ彼女は今日も芸能界を渡っていくのであった。

私生活[編集]

趣味は動物虐待で、雨に濡れた子猫を無理矢理ぬるいお風呂に入れた挙げ句にドライヤーで熱風を当て、ブラシで体毛の一部を除去するという暴挙に出ることがある。その結果、謝罪として毛づくろいをさせられ、賠償としてミルクとキャットフードの供与を余儀なくされている。

しばしばラジオやブログで「玉の輿を狙っている」宣言をしているものの、積極的なアプローチをしている様子はない。あるいは品定めの基準が厳しいのかも知れない。ツイッターもやっているため、その内「イケメン発見なう」とか「彼の年収調査中なう」などという発言が飛び出すかも知れない。しかし、生来の「問題があればそれは相手が悪いこと、一切の譲歩はしない」性格と、黙っていればいいのに一言言わずにはいられない性分が災いし、常に彼女のツイッターは荒れ放題であり、最終的には2012年1月中旬でツイッターでの2年間にも及ぶ激しい戦争に疲れ果て自ら撤退をした。現在は新天地で稀に激しい戦争をしながら元気に日々の愚痴を綴ってている。

ちなみに弟が一人いるが、正直どうでもいい。と言うか非著名人記事であるため検閲により削除された。

外部リンク[編集]