早良区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

早良区(さわらく)とは、福岡市を構成する7つの行政都市の一つである。

概要[編集]

早良区民(笑)曰く「交通の便がいい」とのこと。中心部に住めないだけのくせに威張り腐る。中央区との距離が超絶微妙であるため、乞食早良区民は自転車の練習をしている風景を多く見ることが出来る。

海と隣接しているため200X年TSUNAMIによって一度崩壊寸前となった。北部は現在も歴史捏造のため埋立地として隠されている。日本有数のダンジョン福岡タワーが建設してあり、中は警察ですら手が出せない状況である。自称高級住宅街とし、多くの田舎者が住んでいる。

地理[編集]

山にも海にも近いど田舎である。海からは有望な在日と成る韓国人が多く流れ着き、山にこもって日本での生活を満喫している。北部にはシーサイドももち、藤崎、西新などがある。西新商店街の中にはパチンカスが多く、在日の援助をしている。西新商店街は酔っぱらいの天国であり、ゲロまみれの街として異彩を放つ。実際にはFラン大学である西南学院大学生が多く居住しておりドヤ顔で暮らしているものの修猷館高校が隣にあるため実は見下されている。

治安[編集]

修羅の国の中では酷い地域ではない。戦車が走り回っており、夜にのみ銃声が聞こえる。早良区民は北九州市民とは人種が大きく異なるため爆竹と銃声を100%聞き分けることはできないが、市街安全保障局によると80%の区民は可能とのこと。在日は多いが、旅の疲れを癒すためここで暴れようとはしない。ナマポを受給しつつ生計を立てている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「早良区」の項目を執筆しています。