夭折

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
早世から転送)
移動: 案内検索
「夭折の天才アーティスト、XXXXX魂の傑作!」
夭折 について、ベストセラー
「夭折は最高の名誉挽回」
夭折 について、マイケル・ジャクソン

夭折(ようせつ)とは、アーティストのキャッチコピーである。

概要[編集]

要するに若くして死ぬことを指すのであるが、人生50年と言われていた時代ならいざ知らず、今や人生80年90年、中には100年を越えるケースさえざらに見られるようになった21世紀において、40歳や50歳になっても十分「若い」とみなされることもあるため、夭折の定義ははっきりしないのが実情である。が、30歳を過ぎると「まだ若いのに」とか「若くして亡くなった」とは言われても「夭折した」と言われることは少ないため、やはり今のところ夭折の定義はせいぜい20代までと言われている

キャッチコピー[編集]

天才は夭折する」ということわざがあったかなかったか、ともすると短い人生はイコール太いものであるという俗信から、同じような作品であってもまだ生きている人間のそれと、いわゆる「夭折」した人のそれでは、売れ行きが156%も違う(当社比)ことから、プロデューサー側としては、売り出しているアーティストに対してさっさと死ねばいいのにと思っているとかいないとか。

ため息[編集]

しかし、いくら作品が売れようとも、死んでしまってからでは創作者本人が大ヒットを知るわけでも儲かるわけでもないから、そもそも嬉しくないのであり、同じ内容であるなら生きている内に買って欲しい、ファンになって欲しい、愛して欲しい、と言うのが本音である。死んでから大騒ぎしてファンになるような手合いに限って、生きている間は疎遠であったりするものであり、結局のところ作品が評価されたというよりも創作者本人の「悲劇性、ドラマ性」を買ってもらったようなものであるため、やっぱり素直には喜べないのであった。

「売れりゃいいんだよ、売れりゃ。」
夭折 について、マネージャー

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夭折」の項目を執筆しています。