旧世紀エヴァンゲリオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

 『旧世紀エヴァンゲリオン』(きゅうせいきエヴァンゲリオン、Old Genesis EVANGELION)は、日本1895年(明治28年)10月4日- 1896年(明治29年)3月27日の間、全26話にわたり連載された連続新聞小説、および映画。別名国防挺身隊

1895年(明治28年)当時は現在と変わらぬ「新世紀(20世紀の事)エヴァンゲリオン」という名前で通っていたが、1995年(平成7年)に作られたバージョンと区別するためと、20世紀が舞台になっていることから、1995年(平成7年)以降は「旧世紀」という名称が用いられるようになった。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「旧世紀エヴァンゲリオン」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

映画ポスター。当時は「新世紀」であった。
後にカラー映像化された旧エヴァ。今日も国防挺身隊は日本の平和を守っているぞ!

ストーリーは「新」とは多少違うが、骨組みはほとんど同じで、皇居(=ジオフロント)を目指して攻めてくる使徒(左翼)を、特務機関国防挺身隊人型決戦兵器エヴァンゲリオンで撃破する。時代が少々未来にいきすぎているのは、SFなどにはよくあることなので、あまり考える意味は無い。

また、作風が国家主義的・天皇崇拝主義であったため日本で人気を博し社会現象にまでなり、太平洋戦争中の戦意高揚文学として「桃太郎空の神兵」などのようにアニメ化された。

作品設定[編集]

ストーリー[編集]

1915年(大正4年)、1900年(明治33年)に起きたセカンド・レッド・インパクトで共産主義となった大日本帝国左翼に突如襲われた。

エピソード一覧[編集]

  • 第1話「左翼、襲来」(連載日: 1895年10月4日)
  • 第2話「見知らぬ、戦場」(連載日: 1895年10月11日)
  • 第3話「鳴らない、電信」(連載日: 1895年10月18日)
  • 第4話「雨、逃げ出した後」(連載日: 1895年10月25日)
  • 第5話「アカ、心のむこうに」(連載日: 1895年11月1日)
  • 第6話「決戦、桜田門前」(連載日: 1895年11月8日)
  • 第7話「露助の造りしもの」(連載日: 1895年11月15日)
  • 第8話「安重根、来日」(連載日: 1895年11月22日)
  • 第9話「瞬間、愛国心、重ねて」(連載日: 1895年11月29日)
  • 第10話「レッドダイバー」(連載日: 1895年12月6日)
  • 第11話「静止した赤色の中で」(連載日: 1895年12月13日)
  • 第12話「陛下の価値は」(連載日: 1895年12月20日)
  • 第13話「左翼、侵入」(連載日: 1895年12月27日)
  • 第14話「特高、魂の座」(連載日: 1896年1月3日)
  • 第15話「嘘と沈黙」(連載日: 1896年1月10日)
  • 第16話「死に至る罪、そして」(連載日: 1896年1月17日)
  • 第17話「四人目の愛国者」(連載日: 1896年1月24日)
  • 第18話「命の選択を」(連載日: 1896年1月31日)
  • 第19話「男のゲバルト」(連載日: 1896年2月7日)
  • 第20話「国のかたち人のかたち」(連載日: 1896年2月14日)
  • 第21話「挺身隊、誕生」(連載日: 1896年2月21日)
  • 第22話「せめて、日本らしく」(連載日: 1896年2月28日)
  • 第23話「涙」(連載日: 1896年3月6日)
  • 第24話「最後の一兵」(連載日: 1896年3月13日)
  • 第25話「終わる大日本帝国」(連載日: 1896年3月20日)
  • 第26話(最終話)「大東亜共栄圏の中心で天皇陛下万歳を叫んだ日本臣民」(連載日: 1896年3月27日)
  • 完結編「Aka/まごころを国に」(連載日: 1897年7月19日)

関連作品[編集]