日立市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸になりたがっている記事
この記事は秀逸な記事になりたがってるよ。だけど今のままだと秀逸な記事になれないみたい。秀逸にするため誰か助けてあげてくださいね。お願いしましたよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日立市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「日立市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「日立市」の項目を執筆しています。

日立市(ひたちし)は、茨城県の北東部に位置するで、日立製作所の発祥地である。当初は助川市(すけがわし)を称していた。

概要[編集]

日立市は日立製作所とともに発展しており、現在も市民は日立製作所に依存している。というよりも日立市自体が日立製作所の私有地であるし、市民も大多数が日立製作所の関係者である。むしろ日立製作所が日立市そのものであると言ってよい。もはや日本政府や茨城県庁の入る余地は全く残されていない。ほぼ完全な独立国家都市と言ってもよく、まさにリアルネルフである。

学校教育についても、日本国の国歌である「君が代」が歌われずに、日立製作所の社歌「この木なんの木」が歌われているし、家電を扱っている店でも日立グループ系列の商品しか扱っていない。たとえば、ソニー三洋電機製の家電を使った場合は、日立市の条例に基づいて処罰されるなど、日立市は日立製作所が生活に多大に影響している。日立製作所が携帯電話を供給しているのがauのみであるため、日立市内ではau以外の携帯電話は使用できない(妨害電波が出ている)。ただしNTTドコモの場合は905iシリーズ以降のみ、CPUにSH-Mobileを採用している関係から例外的に利用可能とされているらしい。

ゲーム機に関しても、CPU製造の関係から当然のごとくセガ製ハードウェア、それもメガドライブ以降のものしか使用が認められていない。尚、セガサターン互換機の中でも日立製作所の手がけた機種であるHiサターンを購入した場合、補助金が支給されていた。

かつては人口県内一位の座にあったが、近年は緩やかに人口が減少している。2000年代以後では、旧新治県(茨城県南部)のつくば市に抜かされてしまったが、その原因は日立禁則事項です検閲により削除かと思われる。

歴史[編集]

助川市、後の日立市(とそれと共に発展してきた日立製作所)の歴史は、7世紀の国造の時代にまで遡る。日立市は日立製作所と成立時から密接に関わっているため、同社の歴史を無視すると日立市の歴史そのものが成り立たない。そのためここでは、日立製作所の草創期の歴史についても記す。

時は7世紀。高国造(たかこくぞう)がこの地を本拠地にした時、後の日立製作所の発祥工場である山手工場の近くを流れる宮田川から鮭が多く獲れた為に、宮田川を「鮭川」と付けようとした。この時、国造の内から「『鮭 (シャケ)』に音の近い『助 (スケ)』はどうか?」と提案が出され、『助川』と命名されたのである。律令時代には、助川を通った大和政府の官僚が「んもう、周りは海と山ばっかり!ここはから北は奥州だ!!坂東じゃない!!」と絶叫し、助川は『道の口』とも呼ばれた。助川に対して、2011年に爆発したフクシマこと大熊は、苦い麻が一面に生い茂ってる『苦麻の村』で、『道の尻』とも呼ばれていた。つまり、『道の尻』であるフクシマが「関東もどき」「東北もどき」の北端で、『道の口』である日立市が「関東もどき」「東北もどき」の南端だったのである。これを象徴するように、現在でも『道の口』から『道の尻』までの発電所は、全て日立製作所が関わっている(日立評論 2012年1月号)。

やがて、徳川時代の1695年になると、当時の水戸藩主であった水戸黄門こと徳川光圀水戸から磐城平まで漫遊の旅をした際に、当時は人も疎らしかいなかった助川を通過することになった。旅は順調に進み、光圀が助川の地に足を踏み入れたところ、突然光圀のわらじの鼻緒が切れてしまった。

これを偶然にも見かけた、後の日立製作所を作るきっかけを築いたとされるわらじ職人の"久原中丸"は、光圀のわらじを神業とも言える速さで修理した。これに感銘した光圀は「まるで私の心に朝ち上ったようだ」と発言。勢いに乗って光圀は中丸が住む一帯を、律令国の「常陸」をもじって「日立」と命名した。このことがきっかけで有名になった久原は、「幕府御用達のわらじ修理の達人」と名声を広めた。久原の子孫もわらじ修理の家計を継ぎ、これは明治時代の初めまで続いた。余談ではあるが、久原中丸の名前は、日立市中丸町として現在でも名前が残っている。

19世紀前半、外国船がちらほら見えて開国を迫る時代が到来すると、時の水戸藩主である徳川斉昭によって、1831年に助川海防城が着工した(1836年完成)。助川に海防城が建設された理由は、太平洋阿武隈山地が近くに迫っており、太平洋の眺めが絶好だからである。徳川斉昭の子分である山野辺義視が城主となったが、幕末の水戸藩内の動乱によってあっけなく焼け落ちた。この助川海防城の位置に、現在では日立病院と助川小学校が建っているが、これらから山側に向かって広がっていた。この日立病院は、1938年1月に設立された病院で、「企業立病院」(企業が設立した病院)の元祖であった。

徳川幕府が明治政府に倒されると、助川の山奥から鉱山が発見され、助川はわらじの町から鉱山の町へと急速に変貌を遂げた。明治政府から久原中丸一家に養子として入った久原家の当主、久原房之助は、わらじ修理業を廃業し、助川鉱山とその周辺地域の土地を買収。久原鉱業所として鉱山開発を始めたのだが、わらじを直す技術はあったものの、銅山を開発する技術は持っていなかった。

そこで、久原は技術者として名を馳せていた小平浪平を招聘。招聘された小平は鉱山開発に必要な機械を多数製作。鉱山開発の効率を大幅に向上させ、久原鉱業所の収益は国内トップクラスまでのし上がった。1897年2月25日には常磐線の助川駅が開設され、助川駅からは鉱山電車も走っていた。

そのうち、小平の製作した機械は日本中で「壊れにくい」「性能が良い」などと評判になっていった。そして1910年に、小平は久原鉱業所から「日立製作所」として独立。助川市内に多くの工場を設立し、大半の助川市民を雇傭。それでも人手に不足したのか、日立製作所は全国から従業員を募集。こうして、日立製作所の大発展と共に助川も発展。ナチ軍がポーランドに攻め入った1939年9月1日には、「助川市」の名称が即日であっさり返上され、企業名を市名にした「日立市」が名実共に成立した[1]。なお、日立の自動車部門は日産自動車として分離され、こちらは鮎川義介が初代社長に就任した。

1945年には空襲で大被害を被り、一時は瀕死の状態に陥ったものの、日立製作所の支援も得て復興した。この時ドサクサに紛れて現在の日立市全域の土地を日立製作所が全て買収し(久原鉱業所からも買収)、日立市全域は日立製作所の私有地となった。

第二次大戦後、日立製作所の私有地となった日立市は、日本の行政・司法の付け入る隙は全くなく、「企業議員」と呼ばれるように市政までも日立製作所が牛耳るようになり、市民も日立製作所の影響を多大に受けるようになった。それを示すかのように、現在の日立市民の90%以上は日立製作所の社員もしくはその家族であり、残りの人間は市の関係者という説まで出ているありさまである(そして市は日立製作所の、なかば所有物である)。又、第二次大戦後には、日立製作所の本社は明治政府の本拠地だった東京に移転し、以前ほどの活気は僅ばかり減ったものの、それでも日立製作所の城下町・日立市としては相変わらずである。

2011年3月11日には東日本大震災で震度6強を記録し、日立市内は至る所でギッタギタのメッタメタになった。しかし、お隣東海村の核施設が爆発を免れた為、強制退去を免れた。勿論、日立市民は、危険に気づかないまま強制退去を免れた。一方、『道の尻』大熊では核施設が爆発し、住民は強制退去を食らった。こうして、『道の尻』大熊が「ナガサキ」と化したのとは正反対に、『道の口』日立市は「コクラ」となった。「コクラの身代わりでナガサキが核爆撃された」のは有名だが、フクシマの4号機が日立検閲により削除

日立市は成立の経緯や地形の関係で、技術者サラリーマン、企業スパイ大学生女子高生漁師農家、流離いの金堀師等が混在する他では余り見られない特殊な構成になっている。→下記を参照

産業[編集]

日立製作所を中心とした日立グループである。それ以外に説明が必要であろうか? 日立グループ以外の企業なんてとんでもない!!

教育環境[編集]

市内は南北に約25kmと細長く、山も多いことから多くの小中学校が存在する。

日立市内において、エリートコースと言われるコースは、日立第一高等学校を卒業し、茨城大学工学部を経て日立製作所日立工場へ就職することである。

ただし、北部の小木津・日高・田尻地区においては関連会社の日立電線の勢力が強く、日立製作所ではなく日立電線日高工場に就職することが、もっともよいとされる。

また、小学校のPTA名簿に記載されるは会社名は省略されており、事業所名(工場名)のみの記載となっている。そして社会の授業内容で日立製作所について学習する。

地理[編集]

現在の日立市は、周辺市町村への侵略合併を繰り返し、かなり巨大な市となっている。このため、古い日立市の姿を知るためには当時の地図が必要である。

そうした、古来からの日立市はおよそ、3つの地域に分けることができる。

海沿い
日立製作所を始め、日立市の中心部がここに広がっている。しかし背後に山をかかえた日立市は慢性的な土地不足に陥っており、渋滞が絶えない。日立製作所はしばしば区画整理や道路整備を繰り返して来たが、ついに二進も三進も行かなくなって海岸線沿いに国道6号線を迂回させることに決めた。しかし、あまりに大規模なバイパス工事のためなかなか進んでいない。
なお、日立製作所のプライベートビーチである日立海岸は隠れたサーフィンスポットだが、明らかに大洗や小名浜に負けている。
山沿い
日立市のベッドタウンである。勾配の強い斜面に貼りついた住宅群はさながら「坂の町」であるが、同様の地理条件にある神戸と違い、日立市=坂の町というイメージはほとんど無い。なにしろ日立製作所関連会社はほとんど海沿いにあるから……。すなわち、日製様には逆らえないということだ。
山奥
とりあえず山奥である。険しすぎてほとんど何もない。日立製作所も興味がないようだが、砕石場があるので、けしてお荷物ではない。
鉱山時代の住宅跡地が廃墟と化している場所もあり、困った事にたまにゲリラ的に山火事を呼び、周辺が焼野原になる。中里とかいう地区には「入四間」、「東河内」、「中深荻」、「下深荻」という名前が読めない地名が4つもある。これらの地区の郵便番号は311から始まるため、一部の陰謀論者からは東日本大震災との関連性も指摘されているが、そもそも中里にはほとんど住人がいないので、基本的に誰も(゚ε゚)キニシナイ!!。

交通[編集]

船舶[編集]

貨物は常陸那珂港、フェリー等は主に大洗港、日立関係と漁業、それと南に隣接した禁則事項ですにある施設関係の一部は市内の日立港を利用している。

交通の便としては余り使われていない。だって、日立港は市の中心から遠いし、海底には港で良く釣れる穴子の餌となる禁則事項です、妙に警備員が目を光らせている船禁則事項です、ウォッカの好きそうな禁則事項です。色んな意味で検閲により削除

タクシー[編集]

市内のタクシーで日立製作所の事業所へ向かう場合は、行きたい工場の門の名前を言うだけでよい。また、工場敷地内の建物の名前(本館、1号館、Z棟)などでも行ける場合もある。

(例)
  • 日立製作所日立工場省線門 → 省線門
  • 日立電線日高工場南門 → 水戸側門※
(※日立市内の日立の各工場では、南を「水戸側」、北を「側」と呼ぶことが一般的。この方法だと、J村フクシマや原町無線塔では、南を「側」、北を「中村側」と呼ぶ。)

道路[編集]

需要と供給が一致していないので混雑が激しく、しかも常識が通用しない(他の部分の記事も参照されたし)。重要な土地は既に殆どが日立様の敷地なので、海の上とか山の地中にバイパスを建設中だ。当然難工事な上に市の景気が禁則事項ですなので遅々として進まない。バブル景気時代には、土地不足から外海の沖に防波堤を作り、縦に橋を架け渡す構想さえあったと聞く。

高速道路
常磐自動車道が南北を走る。乗ると速いが、開通当初のICは大甕ICと川尻ICのみであり、助川ICは後から建設された。この為、混雑を避けて市を通過するには最適なのだが、市民には使う意味が余りない。そんな理由もあってか、この道を通過する分には、日立製のカーステレオとかでなくても見て見ない振りをしてくれる様だ。(一度降りたら窃盗以外の目的での車上荒らしに気を付けよう。壊されても泣かない)
国道6号(通称ろっこく)
水戸以南の国道周辺の人は「水戸街道」と呼ぶが、水戸以北では「(陸前)浜街道」となるのは余り知られていない。別に強く訴えるような物でもないので、市民は話を合わせて余り指摘まではしない。ただ、勿来以北へ行くと時に「水戸街道」という語が通じないので、知っておいて損は無い。
慢性的な渋滞から必死にバイパスを作ってはいるが、このペースでは完成する前に過疎化して不要になるだろう。もうこうなるとただの不況対策なのかも知れない。
国道245号(通称245)
他にまともな道が浜街道しかないので朝夕に駐車場と化す、そんな見た目は只の国道だがそれは仮の姿。実は日立製作所の大動脈で橋や道路の至る所にからくりがある[1]。しかし事実にしてもネタが多いなこの市は……。
崖や小川が多いので橋が多い。土地と言う土地は工場か社宅しかないのもあって無理な位置に掛けた陸橋もかなり多い。
東海村との境に流れる久慈川は幅が広く、上流から浜街道の榊橋、埋没橋の竹瓦橋(厳密には東海村の飛地に掛かる)、同じく最古の留橋、245の久慈大橋の四本がある。竹瓦橋と留橋は、幅も狭くて車は交互にしか通れない。欄干も無いので偶に通行している自転車や自動車が偶に滑ってダイビングし、留橋なんぞは地獄橋とも呼ばれる始末である。実際、地獄橋の本領を発揮して学生や家族を次々と禁則事項です。余りにも危険だがただ壊す訳にも行かず、大奮発して留大橋に生まれ変わった。元がどれほどの橋だったかは竹瓦橋へ行ってみよう。あれでも幾分ましだが概ね似ている。特に夜中や増水時なら流行りのエクストリーム・スポーツとなる筈だ。……いや、やめてくれ。洒落に成らないからマジで。
バス
国道に振り回されて朝夕はかなり遅れる事がある。それはまだ許そう。だが偶に運転手が渋滞に業を煮やしたのか、時間を稼ぐ為なのか、時刻表より早く出て行ってしまう事があった。これは非常に困る。勘弁してくれ。改良されている事を望む。また、茨城県のバス時刻表は日本で一番頼りないと思う。

鉄道[編集]

常磐線
東京都千葉県とは趣が異なるが、本数が少いので朝夕に混むのは同じ。通勤通学の要である。
日立電鉄
赤字ながらも貴重な足であったが、市長が検閲により削除。これにより廃線マニアが殺到、市内で問題となり廃止反対の火が消える。これも計算検閲により削除
この件のとばっちりで市民の足を奪われた常陸太田市は怒っている。

鉄道駅[編集]

名蹟・観光地[編集]

諏訪の水穴・大久保の風穴
洞窟の穴から水や空気が絶えず出て来るのだが、何処に繋がっているのか不明である。過去に忍者より健脚な徳川光圀でさえも途中で危険を感じて引き返したそうで、彼により「この先行っても知らね」との看板が立てられた。
実はその水戸黄門の突撃の前に、入って行ったっきり帰って来ない夫婦が居るのだが、地元の人は「きっと穴の向こうから出て行ったんだろう」とか悠長な事を言っている。出口がどうなっているか知らなかったんじゃなかったのか。それ以前に出口は本当にあるのか? 日立では禁則事項ですが多いので表立って言う者が居ないが、それって検閲により削除ではないのか。
「地名からして筑摩県諏訪に繋がってるんだろう」とか言っている者さえ居る。そんな秘密基地のパイプでもあったらMMRの出番であるが、場所が場所なので「絶対違うか?」と問われると正直、俺にも……わからない事だってある。
神峰公園
「かみねこうえん」と読む。役所近くの山の上にある遊園地動物園。公園に通じる道には謎のトラックも頻繁に出入りし、その実態は検閲により削除ではないかと言われている。遊園地は平日は開店休業で、一部の遊具は係員が客を追い掛けて電源を入れる。本当に県北最大の都市なのか。それよりジェットコースターのコースが諸に墓地の方向に突っ走るので、一定時間、視界に墓石しか入らないというのは如何な物か。
夜景は美しい。但し夜の治安は禁則事項ですなので充分な装備か、それさえも平伏させる一級市民証明、日立の社員証が必要である。なお、ここから鍛冶屋の神であるバルカン像が街を見守っている。見守っていると言っても像の周辺で検閲により削除何もして来ない。ゼウス像とかでなくてよかった。
大煙突
大雄院(「だいおういん」と読む)にある、新田次郎の小説にも登場する日立市のシンボルにして旧日産コンツェルンや日立製作所と地元住民との絆。市内の平野部の大半で(南部の大半でさえも)山に聳える姿が見える位に目立つ。ただの鉄筋コンクリート製、ぶっちゃけ銭湯の煙突の極超巨大版だが、後述の経緯から半ば「日立」の御神体とされている。
時は明治時代。銅山からの排煙や排水で周辺や下流の町が潰滅した富士通の先祖の足尾銅山NECの先祖の別子銅山と違って、日立では煙を山頂に建てた超高層煙突で上空へ捨てるという、現在なら環境基準からして検閲により削除当時としては画期的な方法で公害の回避に成功した。これにより地元との公害問題もほぼ解決し、この煙突の成功なくしては今の日立市は存在しないとさえ言えるだろう。
ところが、冷戦が終わると、そんなシンボル的存在がある晩、一夜にしてポッキリと検閲により削除、それ以降市の人口といい、活気といい、それどころか日立製作所や日本鉱業禁則事項ですも何故か丁度この頃から禁則事項ですに成っていたりする。地元住人も密かに「これは……ひょっとすると検閲により削除」等と噂しており、検閲により削除
シビックセンター
日立駅から降りると見えるフジテレビモドキ(こちらの方が建設は早い)の建物。ちなみに日立駅は二十万都市の中心駅だが、駅の片側は日立様の工場の敷地なので降りる方向に迷う心配は一切無用である。シビックセンター周辺だけは無駄に豪華だがそれを取り巻く道路とか、外側の開発が禁則事項です。近くの商店街も何故かシャッターが検閲により削除
河原子海岸
読みは「かわらご」。気を付けろ!「げんしかいがん」は南の東海村の事だ。
ちなみに東海村は村なのに周辺の隣接している市よりずっと禁則事項です、その次も禁則事項ですを持っている旧那珂町だ。勝田市と那珂湊市が合併の時に村や町に袖にされたのは両旧市民に言ってはならない。これは禁則事項ではないが可哀想だ。
上述の通りここに限らず、日立市の海岸は多賀郡では海水浴に適した場所が多い。またミネラル分も豊富であり、比較的荒れる外海なのに海草も一部で養殖されている。実はそのミネラルは工場からの有難い聖水が川を経由検閲により削除
伊師浜海岸
読みは「いしはま」。元は十王町だったが日立市の人口維持の為に禁則事項です。季節によっては霧の良く出る崖の海岸で、濃霧の時には松林が水墨画の世界となる隠れた絶景の地。ただ、断崖絶壁だらけなのに柵とかは余りしっかりしていない上、地元の人は「あそこで落ちると浮いて来ねえっぺ」と言う位、眼下の潮の流れが激しい。実際、数年に一度検閲により削除
ちなみに長良川とかのはここで調達しているので、崖にある捕獲小屋が崩れると必死に建て直す。捕まえる方も命がけである。
ラブホテル群
ラブホテルと言えば通常は高速道路のインターチェンジ近くにあるものだが、インターチェンジが断崖絶壁にあったりするので、ラブホテルは市内各所に、山のようにあり、週末ともなればどこもかしこも、そりゃもうくんずほぐれつ。満室のオンパレードである。
多くは駐車場と部屋が至近にあり他の部屋の乗用車が見えない場合が多いが、駐車場と建物が分かれているようなホテルの場合、同僚や上司の車をよく目にする。時に、夫婦の車が同じホテルの別の部屋に駐車ってたりするから、こりゃまたどういうことだ?

御土産[編集]

モーター最中・銘菓せんぷうき(最中)
名産品を最中にするのは何処でもある事だろう。市民で疑問を持つ者、観光客で笑う者は禁則事項です。日立駅から大通りを少し歩いて曲がると菓子屋が何件かあり、そこでそれぞれ買える。歴史も古く味はかなり美味い。まあ贈答品としては味より見た目でウケが取れるのだが。
大甕饅頭
市民で読めない者は検閲により削除。大甕駅前にある店で買える。大甕は地名なので瓶や酢や酒は入っていない。菓子の格好は平凡で日立らしくないが、味には定評がある。

トリビア[編集]

  • 市内を走るJR東日本常磐線の車両は全て日立製作所製である。これは国鉄時代、日立市が「日立市に入る列車の車両は日立製作所の製作でなければならない」とする条例を作ったためである。
  • 同じく常磐線の特急列車の名称はスーパーひたちフレッシュひたちであるが、これも日立市の影響が強い。でも、スーパーひたちの車内に川崎重工と書いてあるのは全力で見逃さねばならない事実である(日立市内でこのことを指摘した者は処罰されるので注意すること)。
    • これを恨みに思ったのかJR東海と組んでリニアモーター開発に勤しんでいる。
      • 基本的に日立製の場合、モーターが主役なら廻ってなかろうがハードディスクみたいな精密品だろうが心配は無い。まず丈夫で高性能に違いない。但し、主要部品にモーターが入っていないと禁則事項ですとの説がある。実際、過去に画期的な設計概念で発売したテレビ「革命児」は、さっぱり禁則事項です、社内では「問題検閲により削除
        • ちなみに、アメリカで日立が有名なのはやはりモーターが主役である日立マジックワンドという肩こりを治すための健全なるハンディマッサージ器である。代理店が禁則事項ですさんだろうが、アマゾンのレビューの内容が検閲により削除だろうが関係の無いことである。
        • 過去の悲惨な教訓から現在発売中の「Wooo」にはテレビなのに何故かハードディスクが存在する。「モーター駆動部を主役に据えれば売れる!」との目論見であるが、真実は少し違って「モーター駆動部を主役に据えないと売れ検閲により削除
        • ちなみにみんなが好きなテレビにつなぐ機械のの一つの黒い奴は、初期型では日立のハードディスクを採用していた。でも現行機は東芝製になっている。
        • 高信頼性なのだから対応した所で損害も少いのに、現在常識になりつつあるハードディスクの故障補償サービス(RMA)において、他国でサポートしつつちゃっかり実質として日本国内だけ対象から外すような外道でケチ臭い事をしている為(英HGSTのRMAページ。見ての通りJapanだけ選択不能でサポートが無い)、無用の反感を禁則事項です、故障の憂き目に遭った購入者は二度と禁則事項ですIBMの頃よりシェアがどんどん減っ…… 誰だ!? うわ、待て! 何をする! お、落ち着け! は、話せば判る! ぐぁぁぁ……ぐふっ……
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。
  • とにかく、「ひたち」「日立」等がつく物は、日立製作所の影響が何かしらあると思って誤いない。
    • 茨城県の大部分の旧国名常陸国(ひたちのくに)であるが、これも日立市がこう読ませるように山川出版社に直訴したことによる。
      • しかし、現在の日立市は、律令制が布かれる前には『多珂国(たがのくに)』の一員だった。
    • 1994年に勝田市と那珂湊市の合併により成立した市名が『阿字ヶ浦』じゃなくて『ひたちなか』になったのは、ゆとり教育でもなく、旧勝田市を支配していた日立が関与していると専ら言われている。ひらがなの『ひたち』にすれば、『日立』とも『常陸』ともどちらにも取れるからな。
    • 1922年に開業した常磐線の駅の一つで、相馬市南部の『日立木』(にったき)という地名は、『日下石 (にっけし)』『立谷』『赤木』の三つが合わさって『日立木』となったという説が浸透しているが、日立の工場が中村(相馬市中心部)に進出しようとして肘鉄を食らったことの裏返しである。結局、日立の工場は、『日立木』よりも南の原町(日立原町電子工業)と浪江(浪江日立化成)に建設された。
    • 近年発展が著しい旧新治県(茨城県南部)に勢力を広げようと牛久市から駅を一つ買収し、『ひたち野うしく』という屈辱的な駅名をつけたことにより、地元住民から反感をかっている。
  • 女子高生が多い。あまりに多いため、男性を男性と思っておらず、男性が目の前にいても「暑いから」とスカートをあげてパタパタさせる。羨ましい。
    • 但し中はブルマーの場合もある事を鑑み、糠喜びは禁物である。
      • いや、待て。それでも充分かも知れない!
  • 夜ノ森から久慈川までの地下は、常磐炭鉱の坑道でスカスカになっている。東日本大震災以降多発している微小地震はこの検閲により削除

関連項目[編集]

日立市以外の企業城下町

脚注[編集]

  1. ^ 日立製作所助川工場総務部長であった山本秋広のごり押しによって、「助川市」が却下され、「日立市」に変更された。この山本秋広は、茨城県総務部長から、1937年に日立製作所助川工場に招聘された人物である。

外部リンク[編集]