日産・ブルーバード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
早く議論終わらせろ! 再議論:このページ「日産・ブルーバード」は、意見がまとまらなかったため、このページのノートで削除再議論が行われています。議論に参加する前に、必ずここをお読みください。なお、この議論が今回の最終議論になります
再議論の結果削除が決定した場合、管理者は削除の前に履歴リンク元を確かめてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日産・ブルーバード」の項目を執筆しています。

日産・ブルーバード(にっさん ぶるーばーど)は、かつて日産が生み出し我が国に大量の外資をもたらした青い鳥である。ただし、青がイメージカラーだった事はなかった。

概要[編集]

1959年にデビューし、2001年まで製造された。その間に、日本ではコロナカリーナと、サファリラリーではヨーロッパのマシンと壮絶な殴り合いをしていた事で知られている。スズキ似たような名前のバイクを出してるが、あっちは牛鳥でこっちは青い鳥と覚えておけば間違えない。

歴史[編集]

初代 310型(1959年 - 1963年)[編集]

  • 1959年 - デビュー。テールランプの形状から「柿の種」という愛称が付けられたが、こじつけにも程がある。この当時はイギリスの自動車会社「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」からの貰い物のオースチンエンジンを魔改造排気量アップしたうえで載せていた。アメリカにも輸出され、ビートルに対抗していたが当然アウトバーン育ちには敵わずフルボッコされた。サファリラリーにも出たが、ここでも世界の壁の高さにぶち当たる。それでもウリナラでもセナラ自動車の「セナラ」として作られたが、車名が「セナラ・セナラ」になっちゃってる事にツッコミを入れてはならない。
  • 1961年2月 - 日本初の女性仕様車として「ファンシーデラックス」を追加。明るい内外装色は勿論、シートのスライド量を100mm増やすなど女性に対する配慮が為されているが、女性ドライバーがほとんどいない時代だったため売上はお察しください。それを差し引いても、ウインカーの音がオルゴールになってるのと、車名の割にイメージカラーが青じゃないのは意味不明である。

2代目 410型(1963年 - 1967年)[編集]

  • 1963年9月 - デビュー。エンジンは初代からの使い回し。イタリアのピニンファリーナにデザインを頼むも、垂れたケツに日本人が萎え、客をコロナに奪われる。
  • 1964年3月 - スポーツグレードの1200SSが追加。キャブを1個から2個に増やしたりあれこれ手を入れたが、相変わらず垂れ尻であった。
  • 1965年5月 - SSSがデビュー。垂れ尻を引き上げる前に車のイメージを「スポーティーさ」で引き締め、翌年まで凌ぐ。
  • 1966年4月 - マイナーチェンジ。同時にボルグワーナー(オートマチック)付が追加。垂れ尻の引き締めと、サファリラリー総合5位(クラス優勝)でどうにか日本人に売り込みを図る。
  • 1966年9月 - あれこれ手を入れてるが、「ブルーバード」なのにイメージカラーが青じゃないのは相変わらずである。

3代目 510型(1967年 - 1973年)[編集]

  • 1967年8月 - デビュー。「ブルーバード」の名前に反してサファリブラウン(ライトブラウン=明るい茶色)が人気である。スペック厨の社長のゴリ押しで4輪独立懸架を採用し、3年後にデビューした自称「足のいいヤツ」に差をつける。エンジンもついでにオースチン(大手自動車メーカー)の使いまわしから脱却し、自社開発と言いつつメルセデス・ベンツのパクリのL型に切り替えた。Z共々アメリカで荒稼ぎし、サファリラリーでヨーロッパ勢をフルボッコした。ボディのデザインがシンプルでクリーンなものになったが、それに反して日産は「スーパーソニックライン」という仰々しい名前をつけた。
  • 1969年7月 - 裕ちゃんをエサに510ブルーバードの売上を上げるため、石原プロが全力でアピールした映画『栄光への5000キロ』が上映される。1966年のサファリラリーでクラス優勝した先代の410型がネタ元だった事に触れてはならない。
  • 1971年8月 - 後述するU610型がデビューするも、廉価グレード等は510型を残す。顔もU610型っぽくして上級化したU610型も買えない貧乏人ユーザーに配慮した。
  • 1973年12月 - 510型の生産が完全に終了。後継車はバイオレットだが、後輪がスポーツグレードのSSS以外はリーフリジッドになってしまった事に触れてはならない。

4代目 U610型(1971年 - 1976年)[編集]

  • 1971年8月 - デビュー。名前がブルーバードUに変わる。ボディを大きく重くしたため、ラリーはバイオレットにぶん投げる。もちろん、イメージカラーが青じゃないのは相変わらずであり、この代は白だった。
  • 1973年8月 - マイナーチェンジ。同時に「サメブル」こと2000GT2000GTXを追加。直列6気筒のL20エンジンが搭載され、サメのエラっぽいデザインを盛り込んだモデルである。これは、プリンス店が扱うスカイラインに、日産店の扱うブルーバードで対抗するという内ゲバの為に設定されたモデルである。2リッターの直列4気筒が旧プリンスのG20しかなく、元から日産のブルーバードに載せたくないという派閥意識もあったが。こうして以前から続いてた日産の内ゲバ体質が脈々と受け継がれることとなる。

5代目 810型(1976年 - 1979年)[編集]

  • 1976年7月 - デビュー。名前から「U」が取れ「ブルーバード」に戻る。相変わらずイメージカラーは青ではなく、赤であった。キャッチコピーは「ヘビーデューティー」だったが、これはボディの肥大化と排ガス規制への対処で車重がヘビーになったことを意味する。廉価グレードのリアサスペンションがリーフリジッドとなり、一般人からは総スカン食らうも廉価グレードマニアが大歓喜した。

6代目 910型(1979年 - 1983年)[編集]

  • 1979年11月 - デビュー。直列6気筒搭載車は日本から出ていき、北米に移住した。イメージカラーは青ではなく、赤と黒のツートンであった。リアサスペンションのバリエージョンが無駄に増え、セミトレーリングアーム、4リンクコイルリジッド、リーフリジッドの3種類となる。CMで青じゃなく白スーツを着たジョニーが「ザ・スーパースター」「ブルーバード、お前の時代だ」とブチまけた結果、トヨタが差し向けた3代目ボンドによって噴水に突き落とされた。
  • 1980年3月 - ターボ搭載車追加。ツインカムのトヨタに対抗するも、トヨタにツインカムターボを出されてしまう。チバラギ仕様の元ネタとなったシルエットフォーミュラでアフターファイヤを吹きまくり、車ヲタの心を鷲掴みにした。ボディカラーはあいも変わらず青じゃなくて白だが。実はスカイラインRSのFJ20E型エンジンを載せる計画があったが、「ツインカム vs ターボ」で日産の社内で内ゲバが起こっておりターボ派が勝った為に幻に終わってる。その割にはスカイラインRSターボを出したりしてるが、そんなにFJ20を旧プリンス系じゃない車に載せたくなかったのだろうか。

7代目 U11型(1983年 - 1990年)[編集]

  • 1983年10月 - デビュー。「世界的ですもんね。乗るしかない、このビッグウェーブに」とFF化。CMには3代目ボンドに噴水に突き落とされて這い上がった沢田研二を再び起用。相変わらずイメージカラーは青ではなく、今度は赤であった。余談だが、7代目で「ダットサン」ブランドから「日産」ブランドに変わっている。これまた、アメリカでダットサンを広めたミスターKを追放してミスターKの痕跡を抹殺する内ゲバの一環である。

8代目 U12型(1987年 - 1991年)[編集]

  • 1987年9月 - デビュー。雪道でヒャッハーする為にフルタイム4WDのATTESA搭載車が用意される。更に、国内のラリーでヒャッハーする為にSSS-Rが用意された。当時は後付けしようものならお国の許可を取るのが難しかった為にジャングルジムやらクロスミッションやらが最初から組み込まれているが、それでも違法改造車と勘違いした警察官に止められたのは言うまでもない。ラリーでヒャッハーする為に開発されたがその走りは「アコースティックな走り」を目指していたとされ、チグハグである。

9代目 U13型(1991年 - 1995年)[編集]

  • 1991年9月 - デビュー。ハードトップのARXとセダンの2種類のボディが設定されるが、ARXが若干プレセアとキャラが被ってる事に触れてはならない。引き続き雪道ヒャッハー用にターボ4WDも用意されるも、ラリーでヒャッハーする為に作られたパルサーGTI-Rとはエンジンが別物なため注意が必要である。そもそもラリーでヒャッハーするのは先代で卒業してるが。

10代目 U14型(1996年 - 2001年)[編集]

  • 1996年1月 - デビュー。日産が金欠で顔色がブルーになったため、ターボ車が消えた。それにも関わらず、相変わらずイメージカラーはブルーではない色で、この代ではシルバーだった。FF車のリアサスペンションがトーションビームになるも、棒を1本追加して「マルチリンクビーム」という苦し紛れの名前をつけた。だからといって、トーションビームの時点でスペック上は4輪ストラットなコロナカリーナに見劣りしてた事実に変わりはないが。
  • 1997年9月 - パルサーのSR16VEを2リッター化したSR20VEを載せた2.0 SSS-Zが追加されるも、6速マニュアルモード付きCVTだった為に当時の走り屋からそっぽ向かれる。SR20VE+MTの組み合わせは、3代目プリメーラまでお預けとなる。
  • 2001年8月 - ゴーン大帝の下で改名ブームとなったため、42年の歴史に幕を閉じる。後継車のブルーバードシルフィが出たが、いつも通りイメージカラーがブルーではなく、ワインレッドであった。

関連項目[編集]

4370 large.jpg この「日産・ブルーバード」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)