日本経済朝日読売新聞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

日本経済朝日読売新聞(にほんけいざいあさひよみうりしんぶん)とは、3大新聞社が合同で発行していた新聞である。

経緯[編集]

2008年1月にテラメントに株式を大量買収された、日本経済新聞朝日新聞読売新聞、の3紙は、共同して対抗策(毒薬条項 -ポイズン・ピル-)として、株式を追加発行することとした。また同時に、合併してスケールメリットを生かした新たな新聞を発行することにした。

しかし、実際に合併すると独占禁止法に抵触する恐れが生じることが判明した。このため、合併せずに3会社で共同して新たな事業に取り組むこととし、その一環として同年1月31日から新たな新聞を発行することにした。

当初の「買収対抗」という目的からは外れているが、このような経緯で発行されることになった新聞である。

2012年2月29日の発行を最後に休刊した。

特色[編集]

取材・編集するコストを削減するために、各新聞から記事をそのまま引用するという全く新しい方法を用いている。つまり、全く同じ記事について、三つの方向から記事を参照することができる。

このため、読者としては左右に軸がぶれる事が無く読める新聞となっている。

また、読者のその日の気分に合わせて、ニッケイったり、アサヒったり、ヨミウリったりすることができる。だから毎日、読者をドキドキさせている。

今後の課題[編集]

新聞業界は、古紙価格・原油価格の高騰の影響を受けていると同時に、インターネットの普及に伴い発行部数が減少する傾向にある。このため、今後さらに業界の再編が進むものと予想されている。

具体的には、毎日新聞産経新聞東京新聞などの取り込みを模索しており、これが実現すれば「日本朝毎中日読売産経東京経済新聞」として日本最大の全国紙が誕生する見込みであったが、休刊により計画は無くなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本経済朝日読売新聞

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本経済朝日読売新聞」の項目を執筆しています。