経団連

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
日本経団連から転送)
移動: 案内検索

経団連(けいだんれん・Kだんれん)は、日本のパペティアであり、多数のソックパペットを操る組織である。通称「日本の便所」。一流企業や特権階級以外の一般国民の家畜化計画を企む日本版悪の枢軸の一つ。つまり、この団体の究極の目的は国民の階層化による下層階級からの搾取である。残りの二つは創価学会電通であり、合わせて創通連(そうつれん)と呼ばれる。当然、反日組織連合にも加盟している。長年自民党に寄生し権力を牛耳って来た。一時的に与党になった民主党に乗り移ろうと画策していた過去もあるが、自民党が与党に戻り現在も寄生を続けている。 正式名称は日本経済弾圧連合会であるが、下層の一般国民が目的に気付かれないように経済団体という名前に偽装している。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本経済団体連合会」の項目を執筆しています。

団長[編集]

タヌキ。これは経団連の伝統であり、また誇りでもある。

ドラえもんのような高度な知能を持ったロボットではなく、純粋な生物である。しかしその力は絶大であり、国家・世界を乗っ取るほどの能力を秘めている。従って、前タヌキが所属する会社がネズミーランドより格下であることは問題ではないのである。

経団連加盟の特典[編集]

日本の一流企業だけが会員になれる団体。その他の二流以下の一般国民のことは奴隷としか考えてない。ただしこの団体の会員になると、読みもしない機関紙を買わされたり、行っても居眠りすることしかできない講演会に出席できたり、いろいろ特典がある(実話)。 自民党民主党への入党を勧誘されることもある。勧誘という言い方をしているが断ると奴隷に格下げされるため断ることは許されない。

経団連による提言(通称「便所の落書き」)[編集]

あらゆる業界や政治問題に首を突っ込んで提言を行うことがよくある。経団連は自民党民主党のオフィシャルスポンサーであるため、提言の威力は絶大であり様々な法案成立にも深く関わっている。その中でもホワイトカラー(残業代ゼロ)法案成立未遂事件は経団連の本性を剥き出しにした出来事として二流以下の社会人奴隷)の記憶に深く残った。しかし、ニート(自由人)が集まる2ちゃんねらーアンサイクロペディアンにとってはどうでもよく、クズみたいな幼稚な提言ばかりなので「便所の落書き」と呼ばれている。

会員企業[編集]

一流企業だけが入会を許される。それ以外の企業はクズかゴミ以下なので問題外である。

関連項目[編集]