日本文理高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

日本文理高等学校(にほんぶんりこうとうがっこう)とは、米どころ新潟県に存在する食品会社である。主な生産品は「モチ」。その異常な粘りと歯ごたえ、打たれ強さとあきらめの悪さは県内外で有名である。

概要[編集]

日本文理高等学校は1984年に誕生した新潟県でも新しい食品会社である。誕生当初、新潟文理という名前だったが会社設立直後に経営問題が噴出、親会社がマルサに摘発されるなどの問題が噴出している。しかし、1987年に日本文理と名前を変え、それまで多岐にわたった経営方針を食品関連一本に特化する。幸い、新潟県は一部の品目(主に秋~冬季の品目)以外、食品ブランド後進県として有名であり、また、県内外から才能のあるコシヒカリを集めるという風潮を地元が嫌がっていたこともあり、わずかな期間で春~夏の間を代表する食品ブランドとして、新潟県内で有名になった。

設置課程[編集]

  • 炭水化物課程
    • 米科

特徴[編集]

文理高校の主な産品であるモチは、新潟県の名産品であるコシヒカリを使用して生産している。このコシヒカリは、新潟の才能のあるコシヒカリの若者たちを一本釣りで獲得、新潟市にある本社で3年に及ぶ育成を経ることで出荷されている。また、県外産のコシヒカリも積極的に留学コシヒカリとして導入しており、常に新潟県のトップブランドとして、毎年春夏に行われる食品全国大会の常連となっている。新潟県には、同じような経営を行っている食品会社は少なく、全国の才能あるコシヒカリにとっても、兵庫県明石市で毎年春夏に行われている食品大会へ出場しやすいという利点があった。ただし、新潟という県が、雪雪雪雪、また雪の雪というお国柄であるため、本格的なブランドを目指すコシヒカリたちは、関西や関東の強豪ブランドを目指すのが基本であった。

食品大会の戦績[編集]

日本文理は1997年に初めて食品大会に出場し、その後、6回県大会を勝ちあがって出場している。しかし、雪国の悲しさ、基本的には出てるだけという状況が続くことになる。もっとも、その状況は新潟県どころか白川の関以北の県にとっては当たり前の光景だった。しかし、そんな状況が一変する事件が発生する。

2004年~05年よいとまけの奇跡[編集]

2005年夏の食品大会で、白川の関以北どころではなく、青函トンネルを越えて、北海道苫小牧市の食品会社、駒大苫小牧高校の「よいとまけ」が見事優勝の栄誉を勝ち取る。しかも、翌年も優勝、さらにその翌年も全国2位という大躍進を遂げたことが、それまで雪のために食品会社が育たないというイメージで動く事の無かった北国の食品関連会社を大いに刺激する。しかし、新潟県自体、食品大会での勝率が全国最低というイメージ戦略の脱却はなかなか難しく、同じく最下位である山形県と追いつき追い越せという状況が続くことになる。

2009年夏の奇跡[編集]

しかし、2009年夏の食品全国大会で、日本文理は大きな前進を見せることになる。2回戦で香川代表の藤井学園寒川高等学校、略して「うどん」を破ると、3回戦で石川代表の日本航空高等学校 石川、略して「ゆべし」を一蹴、満を持して望んだ準々決勝では、島根代表の立正大学淞南高等学校、略して「ヤマトシジミ」と対決する。この戦いはしかし、相手方に新型インフルエンザが蔓延するという失態があり、日本文理の「モチ」は2~3回戦において連続試食の食品大会記録を作っている。準決勝の岐阜県立岐阜商業高等学校、略して「みょうがぼち」との戦いは、それまでとは一転、一進一退の攻防を続け、9回最後の相手の反撃を押さえ辛くも逃げ切るという、それまで見られなかった粘りで勝利を勝ち取っている。

決勝[編集]

新潟県勢として初の決勝に進んだ日本文理の「モチ」の前に、食品大会の古豪にして最多優勝回数を誇る中京大学附属中京高等学校、略して「ういろう」が襲い掛かる。「手羽先」が襲い掛かる。「小倉トースト」も襲い掛かる。「きしめん」が襲い掛かる。何よりも恐るべき喫茶マウンテンも襲い掛かる。

本当に恐ろしい

また、悲しいことに新潟市一の特産品「イタリアン」は名古屋の「イタリアンスパゲッティ」ともろかぶりしていた。そのため、決勝の序盤、日本文理は相手の猛攻を耐え忍んだものの、中盤から終盤にかけて一気に押し切られ、9回裏2アウトランナー無し、絶望的な6点差にまで追い詰められてしまう。しかし、全国の食品会社全てが優勝が決まったと思ったそのときに、いきなりモチが粘り始める。強烈に粘り始める。最初は笑っていた「味噌カツ」から笑顔が消えていく。毎年正月に幾人もの命を奪う「モチ」の殺気に、「ひつまぶし」の目が泳ぎ始める。3点差になって、急遽「名古屋コーチン」を登場させるも、新潟の秘密兵器「サトウのごはん」の持つ「玄関開けたら二分でごはん」、すなわち、炭水化物の勢いを止めることはできず、名古屋を代表する食品群が、ついに2点差にまで追い上げられる。そして、新潟市最後の隠し玉、平成の大合併によって名産品になった代打「柿の種」は、あの絶望的な大差を1点差にまで追い上げることに成功する。

しかし、衆寡敵せず。最後、「ぽっぽ焼き」の放った一撃は「天むす」の前に及ばず、食品会社日本一の座は、名古屋市の中京大中京の元へとわたることになる。しかし、絶望的な状況の中で最後の最後まで粘った「モチ」の雄姿は新潟県民の記憶に深く刻み込まれることは間違いない。

なお、試合終了後、勝者の涙と敗者の笑顔、そして名古屋市の名産品の多さと新潟市炭水化物に特化された名産品の素晴らしさを称える声が続出している。

敗因[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「なごやめし」の項目を執筆しています。

名古屋市の名産品はまだまだたくさんある。しょーもないほどたくさんある。ウィキペディアにおいて別ページを設けるまでたくさんある。

地酒が炭水化物に含まれてさえいれば!

著名な出身者[編集]

新潟県内の主なライバル食品会社[編集]

外部リンク[編集]