日本共産党

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
この記事は左右に寄っているのでバランスが保たれています。

日本共産党(にほんきょうさんとう、英語:Japanese Communist Party,JCP)は、政府の腐敗症状の改善に効果が認めらる医薬品である。劇薬であるため取り扱いには慎重な判断を要する。

使用上の注意[編集]

警告[編集]

本剤の投与は、経済学及び政治学的診断、治療に精通し、依存を含む本剤のリスク等についても十分に管理できる医師・医療機関・管理薬剤師のいる議会のもとでのみ行うこと。本剤を投与する政府及び自治体においては、投票前に医師・医療機関を確認した上で投票を行うこと。

用法用量[編集]

政府の腐敗や与野党のなれ合いに対して
最低10議席以上を投与すること。
財界の横暴に対して
衆議院40議席・参議院20議席を目安とすること。
不要な道路工事ばかりして必要なライフラインを整備しない地方公共団体に対して
少量を患部につめるだけでも、十分に効果がある。
特殊な人権アヘンに悩まされている患者や組織に対して
抜本的な改善が期待できる。議員であっても効果は認められる。
他の薬との併用について
薬剤師の管理の上で併用すること。公明と併用すると、アナフィラキシーショックを起こすことがある。(併用注意参照)
青年期において
マルクスエンゲルスの著作とあわせて服用するとよい。

発売[編集]

  • 1922(大正11)年7月15日 発売開始
  • 1945(昭和20)年8月 薬価収載

医薬品区分[編集]

  • 劇薬
  • 処方箋医薬品(注意-医師等の処方箋により使用すること)
  • 習慣性医薬品
  • 向精神薬

組成[編集]

成分・含量(1党中)

党員 31万8000人(2012年時点)

  • 内訳
有効成分:約70%
遊離成分:約30%(元有効成分だが、不活性化した分子)

併用注意[編集]

(併用に注意すること)

薬剤名等[編集]

公明あなたの、あしたを、あたらしく

臨床症状・措置方法[編集]

本剤と併用すると、アナフィラキシーショックを起こすことがある。

機序・危険因子[編集]

機序は不明である。

副作用[編集]

禁忌[編集]

以下の患者には使用しないこと。

  1. 長らく革新政権が主導権を握っていた状態の患者。(注意-中毒の恐れあり)
  2. 経済全般が苦境にあり、経済の建て直しを優先する必要のある患者。
  3. 外国による侵略の危険に直面している患者。(注意-免疫力を弱める危険有り)

重要な基本的注意[編集]

  • 本剤を投与する医師又は医療従事者は、投与前に国民又は市民等に対して、本剤の政治的の位置づけ、依存性等を含む本剤のリスクについて、十分な情報を提供するとともに、適切な使用法について指導すること。
  • 家族等に興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化があらわれるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること。
  • 本剤を長期間投与する場合には、定期的に公安調査庁による検査を行うことが望ましい。異常が認められた場合には投与を中止すること。
  • 経済に対する影響を観察するため、本剤の投与期間中は、定期的に国民経済計算を測定すること。異常が認められた場合には投与を中止すること。

重大な副作用[編集]

革命を起こす場合があるので、投与量に注意すること。

その他副作用[編集]

本剤の大量投与が長期間におよんだ場合、経済力の低下が起こることがあるので、政権の運営に従事させないよう注意すること。

慎重投与[編集]

本剤の投与が大量かつ長期間に及んだ場合、公務員の職務倫理が破壊され、給与やヤミ手当ての額だけが上昇して国家の存立が危うくなるので、投与にあたっては慎重な注意を要する。

高齢者への投与[編集]

青年期に学生運動に関係していた患者への投与は危険であるという報告がある。

小児への投与[編集]

小児左翼症候群(child left-wing syndrome-CLS)を併発する恐れがあり、安全性が確立していない。

問い合わせ先[編集]

代々木製薬製品情報課(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目26番7号)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本共産党」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「日本共産党」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]