日本ヘンタイ教育放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
性文明開化を求めて立ち上がる農民たち(右上)
舞台裏のNHK(韓国発表のレポートに基く)。
舞台裏のNHK(上の続き)。

日本ヘンタイ教育放送(にほんへんたいきょういくほうそう、Nippon Hentai Kyoiku Hoso、通称:NHK放送、英称:Japan Hentai Education Broadcasting)」は、日本の代表的な放送局の一。国民に正しい(時には偏った)性観念を持たせ、あらゆる性癖を育んで、日本ヘンタイ産業をより発展させる人材を育成することを目標としている。単に「ヘンタイ教育」・「ヘンタイ放送」とも。日本の伝統産業であるヘンタイ産業を、古くから支え続けてきた。

なお創価学会などを凌ぐ国内最大規模の新興宗教団体であり、専門放送局の「日本放送協会」を傘下に有する「日本放送教会(Nippon Hoso Kyokai 英称:Japanese Broadcasting Church)」の略称もNHKのため、しばしば呼称の混乱がみられる。ちなみに「日本ひきこもり協会(Nippon Hikikomori Kyokai)」も略称が同じであるので、これまた注意が必要だ。

歴史[編集]

テレビジョンは、一般的に知られている史実とは異なり、日本が西洋に先立って、照礼美女んとして16世紀に発明され、17世紀にはカラー放送が開始されていた。それは日本人の並外れた性欲の賜物に他ならない。しかし当時テレビは将軍家と一部の大名しか持つことを許されず、平民はその存在すら知らずに版画絵やエロ小説でオナニーしていた。この事実を知った農民たちは、テレビジョンの規制解除を求めてたびたび一揆を起こしたが、要求が呑まれることはなく、秘密を知った民は縛り首にされたり投獄され、この真実が広まることはなかった。

この当時の放送局はNHK放送のみ(当時の名称は「へんたい動画奉行所」)で、専らエロアニメやエロビデオを放送していた。このため、エロアニメやアダルトビデオなどを「へんたい動画奉行所」の名にちなんで、「Hentai」と呼ぶようになった。

関連項目[編集]