日本選手権シリーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
日本シリーズから転送)
移動: 案内検索

日本選手権シリーズ(にっぽんせんしゅけん-)は、毎年に開催される野球の日本一決定戦である。通称日本シリーズ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本選手権シリーズ」の項目を執筆しています。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
2010年の日本シリーズ中継

概要[編集]

毎年10月に、野球チーム日本一の座を賭けて行われる大会である。サッカーにおける天皇杯に近い存在である。大会はトーナメント方式により行われ、優勝チームはワールドシリーズへの出場機会が与えられる。

歴史[編集]

もともと日本シリーズはプロ野球12球団にしか参加資格がなかった。二手に分かれて春から秋にかけて飽きもせず延々と140以上の試合をこなし、両リーグの勝率が最高のチーム同士が10月に決戦を行っていた。百貨店のバーゲン商戦と連動して盛り上がるのだが、実際に盛り上がっているのは対戦チームの地元だけという指摘もあった。そこで以前から、より大規模な大会の開催が検討されていた。

しかしプロ野球とアマチュア野球の実力差は課題となっていた。20世紀後半には佐伯天皇が、「ばかもん!高校生が怪我でもしたらどうする!しかも金の猛者たちと戦うなんて教育上良いわけがない!」と日本シリーズの肥大化を拒否していたために話は進まなかった。しかしダメ虎のあまりの体たらくさにアマチュア球団も「もしかして…」と希望を持ち始めた。

転機となったのは2つの試合である。1991年の阪神とたけし軍団野球チームの試合では、たけし軍団がそつのない野球で阪神に快勝した。さらに2000年の阪神と智辯和歌山による試合はより印象的であった。智辯和歌山はこの年の夏の甲子園で100安打を放った強打のチームで、阪神投手陣を粉砕し、19-3で阪神にコールド勝ちした。この試合を通じて、日本野球機構は「プロとアマに実力差はない(というよりもアマのほうが強い)」とコメントを出し、2002年から新しい日本シリーズの開催が決まった。

開催地・期間[編集]

毎年10月中旬に開催される。これはプロ野球の全日程消化後に余裕を持って開催するためである。ファンからは、どうせプロ野球チームはすぐに負けるんだからそんなことは気にするな、との声もある。しかしプロ野球が終わらないと球場が確保できないという問題があるため、日本シリーズの日程変更の予定はない。また、高校生が引退後日にちが経っているために不利だとの指摘もあるが、2006年大会までにすでに高校生チームが2度優勝しており、問題とはされていない。

開催地は毎年持ち回りである。ただしプロ野球チームが不利にならないように、原則としてプロ野球チームのホームが使用される。ただし甲子園球場神宮球場は使われない(高校生や大学生も慣れているため)。

ルール[編集]

大会は変則トーナメント方式で行われる。原則として日本の全ての野球チームに参加の権利がある。各世代や大会の実力を考慮して、参加チームは以下のように選ばれる。

  • 1回戦から参加するチーム
軟式少年野球県大会優勝チーム、リトルリーグの全国ベスト4、中学生選手権全国ベスト8、全国高等学校野球選手権大会参加チーム
  • 2回戦から参加するチーム
プロ野球傘下の中学生チーム、全国高等学校野球選手権大会ベスト8、全日本大学野球選手権参加チーム、都市対抗野球決勝ベスト16、社会人野球日本選手権大会ベスト8、マスターズリーグ参加チーム
  • 3回戦から参加するチーム
全国高等学校野球選手権大会ベスト4、全日本大学野球選手権ベスト8、都市対抗野球決勝ベスト4、社会人野球日本選手権ベスト4、四国・九州アイランドリーグ参加チーム、ベースボール・チャレンジ・リーグ参加チーム
  • 4回戦から参加するチーム
プロ野球2軍(ウェスタンリーグ・イースタンリーグ参加チーム)、全国高等学校野球選手権大会優勝、全日本大学野球選手権決勝進出、都市対抗野球優勝、社会人野球日本選手権優勝
  • 5回戦から参加するチーム
プロ野球1軍(セントラルリーグ・パシフィックリーグ参加チーム)
  • 6回戦から参加するチーム
NOMOクラブたけし軍団
  • 準々決勝から参加するチーム
茨城ゴールデンゴールズ

なお、茨城ゴールデンゴールズが優遇されているのは、試合数が多いと欽ちゃんの芸能活動に支障が生じるからとの配慮による。

試合は9回までで延長は12回まで。決着がつかなければサスペンデッドゲームとなり、サスペンデッドゲームは7回以降一死満塁、表裏問わず点が入った段階で終了の超サドンデスを行なう。(ちなみに決勝だけは延長は18回まで。決着がつかなければ再試合。再試合は延長無制限。)アマチュア野球チームが登場する場合に限り、1回以降終了時に10点差、もしくは7回以降終了時に7点差でコールドゲームとなる。 また、中学生以下のチームが出場する場合は7イニングス制、10回以降あるいは2時間を越えて次の回に入ったら超サドンデス、1回以降終了時に10点差、5、6回は終了時に7点差ついているか、10点差がついた時点で表裏関係なくコールドとなる。

関連項目[編集]