日本の話芸

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

日本の話芸(にほんのわげい)とは、NHKにおけるお笑い番組である。

概要[編集]

1991年に開始されたこの番組は、判りやすくいうなら一人爆笑オンエアバトルである。30分間、画面上でたった一人だけオンエアされるという、芸人にとっての晴れ舞台かつ芸能人にとっての地獄が大きな特徴である。このような番組スタイルのため漫才やコントスタイルの芸人からは徹頭徹尾嫌われており、誰も出演したことはない。しかし、現時点で落語講談浪曲がオンエアされている番組がここしかない以上、愛好者たちはしぶしぶとこの番組を取り貯めしているのが現状である。

内容[編集]

オープニングに林家木久扇の絵が流れる。彼は清水崑(酒造メーカー黄桜の河童の絵で知られる)門下で漫画家を目指し、漫画サンデーに漫画を掲載したこともあったため、少なくとも、絵についてはバカではない。なお、彼はゲイにパンツを買ってやったこともあるが、これはゲイNo!人ではなく、ゲイ人であれば何の問題もない。

会場は主に東京・大阪の演ゲイホール、もしくは浅草木馬亭で行われる。主なプレイスタイルとして、全ての演目において言葉攻めで観客を陶然とさせていく。演者によってはオーバー500もありうる。しかし、時には300キロバトルを切るような外れもあり、こればかりは見てみないと判らない。なお、講談では道具としてハリセンを使用し、浪曲では伴奏もつく。これは、往年のスタイルをそのまま受け継いだものである。以前はロウソクも使用していたが、明治・大正以降は使用されなくなった。ムチは愛のムチが楽屋で使われる程度である。主に古典スタイルを愛する客層に絶大な人気を誇っている。

放送時間[編集]

ちょっと生活に疲れた奥様方をメインターゲットに、毎週火曜の午後2時から放送している。しかし、本来のターゲットである芸(ゲイ)人好きを対象に深夜放送と3:00~5:00といった超朝方放送も行っており、その方面からも大きな支持を得ている。

過去の主な出演者[編集]

落語

・・・何か足りないと思ってはいけない。

浪曲

講談

関連項目[編集]