日向冬樹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日向冬樹」の項目を執筆しています。

日向 冬樹(ひなた ふゆき)は、侵略宇宙人に対して僅か12歳にしてその交渉術を獲得したという、地球人と他星系知的生物の接触史に刻まれる記録を残した人物である。

野比のび太などと同様、傍目には学力も体力も平準より劣る凡人にしか見えないが、その真の能力値は著しく高く、地球を今日まで諸種係争に対する中立地とすることに、大きく貢献している。は防衛軍兵士の日向夏美は地球の名防衛局長として知られる日向秋である。

概歴[編集]

日向冬樹の外交力を称えた資料館も存在する

なお、以下に記すのは90年代末ごろからネット上などで流された噂であり、真偽は検証されていない。その情報の取り扱いには注意を要する。

彼は小学時代より、オカルト業界では若くして有能な研究者としてネット上などで評判になっていた。祖母の秋菜から好奇心と芯の太さを譲り受けており、また当時から宇宙人による地球侵略の可能性を考察していたといわれ、それが肝心となる初接触の時に大いに生かされたという。

1999年(別説では2004年)のこと、彼は明朝に自分の部屋に侵入してきていた、地球占領に向けての工作活動を行う先行部隊隊長を務める一名の下士官(コードネーム:K66、階級:軍曹)を発見、騒乱のすえ捕虜とすることに成功した。

このとき、普通であれば動揺して殺害、ないし監禁としてもおかしくなかった所であるが、彼はこの下士官を軟禁処分とし、監視を兼ねて家業に従事させることにした。これはこの部隊の科学力が地球のそれの数段上を行っており、ここで殺害すればそれを本格軍事活動開始の口実とされかねず、それに対抗しうる力を有していないため、彼から情報を得ながらも当面は地球の中立を維持するために取った策略とみなされている。この判断が冷静に下せたところに、特にその才能がよく現れているという。

目下、軟禁にした件の隊長を務めるK66下士官との交流を通じ、先進的な科学技術、天文・考古学的知識の収集をしている。一方、母親と姉が女性として超絶的にハイスペックなためか異性には余り関心を抱いていないが、逆にその性格や能力等に基いて複数名の異性(西澤桃華月神散世など)が彼を慕っている事が知られている。

最近では、彼と若干似たような状況にあるひとりの地球人の少年が彼の元へ足繁く訪れるようになり、宇宙人との接触法について何かと相談に乗ってあげたりもしているとか。詳細はこちらへ。

多分、ケロロ小隊が地球から去ると彼が主人公フラグを奪取。タイトルもきっと禁則事項ですになるだろう。

能力[編集]

部隊の戦意を削ぎ落とすだけの力はある

上述したように、一般学生としての能力は傍目には劣っているように見受けられる面もあるが、実際の知識や体力は相当上を行っている。

彼自身の戦闘力は大きなものでないと見られているが、彼ないしその知人が捕虜とした5名の下士官および兵士に対して、当初目的達成のための反逆活動を威圧するだけの能力を有していることは確認できる(右図参照)。 それは切れた時にしか見る事が不可能な顔、自称「伝説の顔」である。どんな顔をしているかは不明。

その後、幾度か地球の破壊ないし制圧の危機に瀕したこともあったが、彼の行動でそれが制止された事例が数点ある。

また、日向の血の覚醒と呼ばれる状態になると貧相な顔の少年執事を軽々超える身体能力を得ることができる。

関連項目[編集]


ケロロ ケロロ軍曹であります!皆の者よく聞くであります。実は夏美殿に「日向冬樹」を秀逸な記事にするように頼まれたのにガンプラを作っていたせいでまだ書きかけなんでありますよー。このままじゃ掃除当番一年分が回ってきちゃうであります。そこで皆の者お願いだから編集を手伝ってほしいのであります。え?ダメでありますか?それなら編集してくれないとペコポンを侵略するであります! (Portal:スタブ)