日章旗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
日の丸から転送)
移動: 案内検索

日章旗(にっしょうき)とは、俗に日の丸と呼ばれ、矩形の白い布の中央部に赤い円が描かれた旗である。

この記事は左右に寄っているのでバランスが保たれています。

使用法[編集]

日本では、はた坊の頭・お子様ランチに突き刺す。

現役の内閣総理大臣靖国神社を参拝した日は、特に旗焼きが多い。この因果関係は不明であるが、旗焼きによって輸出数は急激に上昇するため、貿易振興の一環として、内閣総理大臣の靖国神社の参拝日を増やすことが検討されている。攻撃を目的とした旗焼きもあるが、日の丸自体が火属性なのでこれではあまり意味がない。水に沈めることで絶大なダメージを食らわすことができる。

従来は右翼の拠って立つシンボルでもあったが、21世紀に入ってからは、在日特権を許さない市民の会を始めとしたネットウヨが、“我等こそ真の日本人、我々の主張に異を唱える者は全て在日”と世間に印象付けるために用いている。

また、ある特定の地域では、食用として親しまれている。 

注意事項[編集]

  • 直視すると、目の病気脳の病気などを発症する恐れがある。なお、この症状は最近の研究により、放射形状拒絶症候群(英:Radiately Refusal Syndrome,RRS)に分類されるようになった。
  • ネットウヨが気に入らない場合は、必ず外国で焼くこと。間違っても日本国内でやってはならない。星条旗がイスラム諸国で焼かれるのと同じ理屈。

類似品[編集]

日本内外を問わず、日章旗を「大日本帝国の残滓」として嫌う人たちは、日章旗のデザインをモチーフに、中央の赤丸を大便ハーケンクロイツに変更したものを作成して掲げる事がある。しかし愛国心とナショナリズムを欠いた人々には興味を持って貰えず、傍から見ると大便やハーケンクロイツを崇拝する集団にしか見えない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「日章旗」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。