旅行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
「旅にはパンツは忘れてもUNOは忘れるな」
旅行 について、銀魂サブタイトル
「旅に病んで 夢は枯れ野を 駆け巡る」
旅行 について、松尾芭蕉

旅行(りょこう)とは、現実の社会生活に適応できない人間の社会からの逃亡であり、精神疾患NEETの症状のひとつ。また、の内側に落ちることもいう。同義語として、社会的落伍者高飛びひきこもりがある。

旅行先は、主に国内海外、およびインターネット上である。また希にの内側に旅行することもある。

概要[編集]

旅行という行為は、古くから世界中で確認されている。そのため、昔から社会的落伍者の統計として旅行者数の統計は利用されている。

逃亡先[編集]

旅行という行為の目的が現実社会からの逃避にあり、多くの旅行者は土地鑑のない場所にいく。

国内[編集]

国内では、ひなびた温泉宿への旅行が人気である。温泉とは、熱したDHMOに身体を放り込むという拷問SMプレイが体験できるスポットをいう。温泉が人気となる理由には、温泉宿の閉鎖的な環境があるのではないかと指摘されている。これは、温泉宿が山間に多く、逃亡しようとした現実社会との隔絶を図れるからとされる。このことから、ひきこもりと旅行とは、同じ行為であるといわれている。

主な場所としては群馬県草津町などが挙げられ、夏場は江の島などが挙がる。

海外[編集]

海外への旅行は、旅行先で現実社会での知り合いなどに会う可能性は限りなく低く、人気が高い。また言葉が通じないことが多く、周囲からは放置されたり避けられたりするために強制的に孤立状態になり、これが逃亡気分を高めてくれる。また、帰国時の空港での手荷物チェック等により、空港に置き去りにされる事もある。まさに孤立である。 添乗員付きのツアーに参加したとしても必ずしも帰国まで面倒を見てくれるとは限らず、添乗員が他の客と共に逃亡し、空港に取り残される可能性がある。添乗員から「飛び立つのでもう乗れない。頑張って帰ってきてください」とメッセージをもらう可能性があるが、その後の行動は自由であり、必ずしも帰国する必要はない。また、その場合のその後の行動は全て自費で行う必要がある。そのまま帰国して旅行会社に裁判を起こす事も自由であるが、2009年の旅行取扱高業界第3位の阪急交通社ですら「会社に過失はなく、金銭の補償はしない」という対応を取っているため、これが正しい海外旅行のスタイルであると言える。

主な場所としてはハワイなどが挙げられる。

インターネット[編集]

インターネット上では、主にネットゲームが旅行先として人気である。ネットゲームは、現実の世界とは異なる全く新しい世界への旅行である。自宅で社会からの逃亡が可能であるため、コストも余りかからないことが人気の理由であると指摘される。

なお、旅行先にインターネットが人気になったのは、日本では最近のことである。

精神世界[編集]

精神世界への旅行は、一般的にエクストリーム・旅行として知られており、一部の旅行ファンにとって、最高の旅行先である。しかし、テンションに左右され、あまりにテンションが低いと、最低の旅行先に成り下がるおそれがある。

特殊な形の旅行[編集]

新婚旅行[編集]

新婚ほやほやアツアツのバカップルは社会にとって害悪でしかない。このため一定期間、二人を社会から隔離する措置がとられ、この隔離に旅行が利用される。更には、日本国内の公序良俗を乱す恐れが高いことから、『バカは外国でやってくれ』と言うことで、海外に仮追放する措置が、最近の大勢となっている。またこの習慣は、互いの人格を再確認させ、冷静にさせることでより好ましい分離状態へと導いたり、逆に少子化対策にしたりと様々な付随効果もある。

帰省[編集]

都会から人間を一掃するために政策的に行われる旅行。一般人には、こうして無人となった都会で何が行われているかを知る必要はない。ただし近年、帰省先がない若者も増え、この政策が成立しにくくなっている。

また帰省は渋滞に参加するよい言い訳でもある。このため、ただ渋滞に混ざりに行くだけの旅行を帰省だと言い張って上司や近所のおばさんの眼を誤魔化すためにも利用される。

Hey の inside[編集]

「パパどこ行っちゃったの?」

「あのね、遠くに旅行しているのよ」

旅行と次元[編集]

ここからは若干、人文地理学の分野である。

  • 一次元旅行

その目的地、すなわち点だけしか把握していない、いわば地図の読めない女が得意とする旅行である。
「明日ディズニーランド逝くんだ」
「へえ、どうやって」
「バスで」
「どこにあるの?」
「知らないけど、寝てたら着くよ」
(こんなんだから、ディズニーランドが東京にあると思われるんだ。チクショー)

  • 二次元旅行

目的地の点だけでなく、その経路となる線も重要視される旅行。鉄道教などには人気が高い。
「明日飯田線乗るんだぜ?」
「どこへ逝くの?」
「いや、乗るだけ」
「あの、それってさ、楽しい?」
(けっ、女には車窓のロマンが分からんのだ)

  • 三次元旅行

目的地を決めず、気の赴くままに一帯を旅行すること。青春18きっぷなどを持参する。ネットカフェで泊まることが多い。

  • 四次元旅行

ただ訪れるだけでなく、予め知識を蓄えておいて歴史探訪などちょっと高尚な趣味に耽る旅行で立体空間に時間概念が含まれる。軽い遊ぶだけ、見るだけの所より寺社や城、遺跡といったものが好きな歴史地理オタやインテリに好まれる。

  • 別次元旅行

旅よりむしろ乗り物目当ての旅行。同じ種類でも会社が違えば別物。乗ってしまえば中身は同じだろ?という価値観は彼らには通用しない。

  • 異次元旅行

違った世界を探検する旅行。どこかから頭を強く打った時にすることが多い。時折行ったきりになることもある。

  • 俺次元旅行

自分自身でトリップすること。アメリカ村原産の大麻を吸いながらヒップホップ聴いたり、タミフルを個人輸入したりして体験できる、一種のエクストリームスポーツでもある。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「旅行」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)