新聞委員会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

新聞委員会(しんぶんいいんかい)とは、小学校や中学校等の教育機関において、教育を受けている側の人々が教育者側の人間複数人と共に組織し、広報等の目的によって自分たちの所属する教育機関における出来事や情報を一枚の紙に纏めて展示する委員会のこと。多くの教育機関では、教育機関上での他委員会員に立候補出来なかった人々が配属される委員会とされ、発行される新聞も特に評価を受けないために空気と化している。

役割[編集]

いまは、情報化社会である。

上で述べられている通り、多くの教育機関では、教育機関上での他委員会員に立候補出来なかった人々が配属される委員会とされ、この委員会に自分から希望して所属している人はごく僅かである。委員立候補者の少なさでは音楽委員会に次ぐとされる[要出典]。第一目標は自分の所属する教育機関や学級に関する情報を纏めた新聞を執筆して発行することである。しかし上に述べられている通り、多くの教育機関では教育機関上での他委員会員に立候補出来なかった人々が配属される委員会とされており、かつこの委員会に自分から希望して所属している人はごく僅かであるため、この新聞の発行に実力を注ぐ人間は極めて少ない。更に執筆のネタが枯渇していることから大体アンケート等で教育機関全体に亘りネタの募集が行われることとなる。このアンケートは教育機関に所属する人間の大切な時間を削り、場合によっては帰宅の時間を遅れさせたり、休憩時間を削ることがあるため、委員会外部の人間からは多くの苦情が寄せられている。

そんなこんなで発行され複製された新聞は、学級内の展示物掲示板や廊下の壁にひっそりと貼り付けられる。しかし掲示された新聞はその質素な外見や稚拙な内容から誰にも読まれることはなく、やがて古紙回収員によってトイレットペーパーに交換され教育機関内のトイレに配備される。教育機関に所属する人間たちの一部からはこれを評価する声も上がっており、「古紙を発行してくれたことで教育機関がトイレットペーパーを購入しなくて済む」などと偉そうなことを述べているクソガキもいる。

新聞を発行するという本業の側面では誰にも評価されない新聞委員会であったため、委員会に所属する委員は成績表における評価を受けるために他の委員会がやりそうもないことを副業でやるようになったとも言われている。その内容は様々で、教育機関上でのエンターテイメントの開発や教育方針への意見提案などがあり、評価の高いものには他の教育機関所属者のストレス発散を介助するものや性欲処理を担当しているものもある。仕事が増えるためより一層めんどくさい委員会になったとも言われているが、誰も気にしない

また、新聞委員会はユーモアを求めず必死にまじめな記事を書くので、アンサイクロペディアンの君には向かない委員会であろう。

所属員に関する統計[編集]

性別の分布では、が40%、が60%である。性格別の分布における統計では真面目な人が17%、ふざけている人間が83%である。また、これにおける「真面目な人」の80%がウィキペディアンであることもアンケートで判明しており、対する「ふざけている人間」の37%がアンサイクロペディアンであることも判明、更にその内の0.95%がねらーらしい。年齢別の分布における統計ではゆとりが100%を占めている。

他、性癖ではゲイホモが所属員の8.01%を占めていることに対してレズが3%にも満たないことが判明している。更に、ニコ厨は新聞委員会所属員の25.25%を占めていることが平均的で、この数値が高い教育委員会にて発行される新聞にはニコニコ動画コンテンツに関する記述がよく見られることも判明している。また、この統計に関する調査を行った機関は不明で、統計内容に関する明確な出典は判明していない。

評価[編集]

  • いやー、トイレットペーパー買わずに済むので助かります!(31歳・教師)
  • 正直要らなくないすか?(15歳・学生)
  • すり減った鉛筆と消しゴムはなぁ!努力の証なんだ!!(熱血教師)

関連項目[編集]


この項目「新聞委員会」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)