新聞勧誘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新聞勧誘」の項目を執筆しています。
新団 5枚打てる方! カード料アップします 日程100ありますから同じバンクに2日以上入る事ありません!」
新聞勧誘 について、募集広告(こちら葛飾区亀有公園前派出所掲載)より

新聞勧誘(しんぶんかんゆう)とは、特に春の間に見られるエクストリームスポーツ、もしくは戦争の一種である。

概要[編集]

新聞勧誘とは、新聞会社が(読売毎日朝日といった大手から、スポーツ紙、地方紙まで)定期購読の契約を結ばせるために、各家庭を回って契約を結ぼうとする行為である。新聞をすでに取っていようがいるまいがお構いなしに、が降ろうとが降ろうと竹槍が降ろうとやってくるので、多くの人々から、ゴキブリのように嫌われている。

歴史[編集]

歴史は古く、鎌倉時代にさかのぼる。その鎌倉時代には、「泣く子と新聞勧誘と地頭には勝てぬ (当時は新聞という呼び方はしていなかったようだ) 」がはやるほどであった。

新聞勧誘のしつこさに腹を立てた農民たちが、一揆を起こしたという説も浮上している。

近代に入り新聞を作る企業が格段に増えたことによって、新聞勧誘の激しさはさらに増すこととなった。現在は不景気のため、新聞社の収益も悪化しているため、よりいっそう勧誘が激しくなることが懸念されている。

競技方法[編集]

基本的なルールは、契約をとることができれば、勧誘側の勝ち、そうでなければ住人側の勝ちであるので、これ以上の説明は割愛。以下では細かいテクニックについて説明する。

勧誘側[編集]

新聞を取っていないところを狙う。
明らかに、新聞を取ってくれる可能性が高いので、このような家を狙うのは基本だといえる。朝に郵便受けに新聞が刺さっているかいないかですぐ判断できる。なお、現在は「世の中なんて興味ないもんね」というNEETや、「インターネットテレビの情報がすべてだ!!」と勘違いしている馬鹿が増加しているので、昔よりは成功率が低いようである。
新聞を取っているところをあえて狙う。
「新聞をとっているということは、勧誘を断りきれなかったということだ。」
訪問販売 について、こち亀に出てくるセールスマン
上のコメントにもあるように、勧誘を断りきれなかった気の弱い人の家に訪れるのも、ひとつの手である。ただ、向こう側も耐性がついている可能性がかなり高いので、よほどの強物でない限り成功するのは難しいだろう。
ドアを開けさせる
この場合、ドアチェーンも同時に開けさせることが絶対条件である。「火事だああああああああ!!」などと大声で叫ぶ行為が有効である。なお、この場合何度もやっていると効果がなくなるどころか、実際に火事がおきてそこの住民が被害が起きた際は、謝罪と賠償を求められる可能性もあるので注意が必要である。
ドアを閉めさせない
上と関連しているテクニックである。方法としては、ドアで押さえるのが有効である(この場合、さりげなく押さえるのが望ましい)が、住人がミルコ・クロコップみたいな人物だった場合、ドアを無理やり閉められたときに大怪我をする恐れがあるので注意が必要である。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

住民側[編集]

NHKを撃退するのと同じような手を使う
「今おさんがいません」
「今家内が留守ですから」
「家が貧乏なので金を払う余裕がありません」
居留守
「俺は宗教に興味はない。二度と来るな。」
上のようなNHKに対する基本テクニックが、新聞勧誘にも同じように使える。ただ、新聞勧誘はNHK以上にしつこいため、上の方法は一時的な効果しかもたらさないだろう。
なお、この方法を何度も使うことによって、洗剤トイレットペーパーを何個も貰うことができるので、家計の食える強い方にはお勧めである。余談だが筆者の家(新聞購読はしているので、契約更改時に貰えるのだが)はこれを使って野球のチケットを何回ももらったことがある。
家に引きずり込みアーン♥♥とかアッー!とかぴーとかお察し下さいをする
勧誘員はその家を気味悪がって、絶対にこないだろう。ただし、近所に悪いが立つ可能性も、大いにあるが…

関連項目[編集]