新潟総合朝日放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

新潟総合朝日放送(にいがたそうごうあさひほうそう)とは、新潟県を放送区域とする民放局である。略称NSA

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テレビ新潟放送網」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新潟総合テレビ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新潟テレビ21」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新潟放送」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「新潟のメディア」の項目を執筆しています。

概要[編集]

2013年にフジ東京日本テレビ朝日が合併によって誕生し、新潟でも合併の機運が高まってきた。2015年3月1日、まずテレビ新潟妄想網新潟総合テレビが合併、テレビ総合新潟妄想網が誕生した。その後同年12月1日、テレビ総合新潟妄想網新潟放送新潟テレビ21両社が合併、テレビ新潟総合朝日放送となった。新潟テレビ21は、「UX」か「21」を入れてほしいと要望したが、それではKYなので結局社名には入らなかった。
フジ東京日本テレビ朝日と同じように、大阪の朝日放送から社名について商標権侵害の民事訴訟を提起されたが、あちこちに「○○朝日放送」があることもあり、のちに和解した。和解を報告する記者会見で発表された合言葉は、「目が、目がぁ~!!」である。ただし、これはのちにキャッチフレーズになった。
また、ラジオについては、全国で1局に集約されたことにより「非常時にどうするんだ」という批判が出たことを受けて、独立局でラジオ局として吸収されなかった新潟県民エフエム放送(FM PORT)を完全子会社化。非常時に対応している。県民も「名前からしてちょうど良かったんじゃない?」と大半は納得している。またこれによって局名も今の新潟総合朝日放送に変わった。また局名は他局と違って読みやすく、人気である。

また、元の新潟総合テレビは、新潟県に2局目の民放テレビ局のチャンネルプランが発表された際、フジテレビなどフジサンケイグループ、日本テレビなど読売新聞グループ、NETテレビ(現テレビ朝日)など朝日新聞グループをはじめ、複数の免許申請が出されたが調整により一本化され、3社が相乗りする形で会社を設立。トリプルクロスネットであったことから、社名には“総合”の名称がつけられた。その後新潟の民放局が増え、合併前はフジテレビ系列のフルネット局となったため、“総合”の意味合いはほとんどなくなっていたが、合併により、“総合”の文字が再び意味を取り戻したと言える。

放送番組(テレビ)[編集]

  • ニュース「こんばんは日本」 - 主に新潟の出来事をクローズアップしている
  • 料理番組「どっちもどっちな料理ショー」 - どっちもどっちな料理を作ってどっちがマシかを競う。
  • スポーツニュース「コースポ速報」 - なぜかウイニングポストというゲームの特集しか行なっていない。
  • ニュース「こんばんは日本ごぶサタデー」 - 内容はこんばんは日本と同じだが、ダジャレを交えながらニュースをする。
  • ニュースバラエティ「ズー食インスーパーマーケット」 - ニュースをしながらお買い物をする。買ったものは即食べる。
  • 教育番組「天才テレビ21」 - 1から21まで数え、ひたすら21回何かをする番組。だがあまりに不評で、1回で最終回となった。
  • ドラマ「9名病棟24ファーストシーズン」 - たった9名しかいないぼろ病院に爆弾が仕掛けられた。が、あまりにもだめだめ病院だとのことで警察すらも来ない。さて、医師たちは爆弾をはずせるのか・・・メスだけで。ちなみに爆弾は病院を囲っている。
  • アニメ「アンパンマン人がごみのようだ事件」 - ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタがアンパンマンを殺すという地方作品では最大の作品であり、問題となった。
  • ゲームセンターUX - ネット上に数多くあるフリーソフトゲームに挑戦する

放送番組(ラジオ)[編集]

  • 料理番組「聞いたつもり食べたつもり」 - 名曲を流しながら司会者はレストランの料理をただ食べる番組。
  • バラエティ「ベタ帳」 - ごく普通の真剣なサスペンスドラマに対応。ドラマとかみ合いながらベタを言う。

番組作成プロセス[編集]

新人の発掘を盛んに行なっており、無断で問答無用で一般人や通行人を連れてきて出演させる。中には格闘技の達人もいたりするがこっちも呂布がいるので大丈夫である。まったくの素人で構成されており、司会者はアンサイクロペディアの大スターのグルー氏である。

また、タレント事務所との契約も盛んで、やはり新人発掘が目的なのでしょっちゅう契約先の事務所がつぶれて赤字が後を絶たない。 しかしそれにもめげずに運営ができてしまう理由はお察しください

キャッチフレーズ[編集]

  • 「目が、目がぁ~!!」
  • 「赤いテレビ。(赤字のテレビのこと)」
  • 「寒いか!?笑えるか!?ごぶサタデー!!(こんばんは日本ごぶサタデー1周年記念ダジャレ大会時)」
  • 「跪け!!命乞いを・・・できないテレビ。」

関連項目[編集]