新武将

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちは「新武将」について都合が悪いため黙殺しています。

新 武将(あたらし たけまさ)とは、日本の戦国時代に存在していたとされる人物。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シブサワ・コウ」の項目を執筆しています。

この人物に関する記述は非常に多岐に渡り、ある記述では一国の主、またあるときは一人の剣豪として記載されている。しかし、非常に膨大な情報量に大して存在を裏付けるだけの証拠が存在せず一般的に歴史学者の界隈においても新氏に関する歴史は認知されていない。これほど情報にブレがあるにもかかわらず、その生涯に関しての細密な情報が存在するため歴史学においても慎重な対応がなされている。

この人物に関する著名な専門家としてシブサワ・コウ氏及びフクザワ・エイジ氏が挙げられ、彼に関する様々な情報は氏によって提供されている。新氏にまつわるあらゆる情報資料はシブサワ氏によって統括され、まとめられた資料は氏の所属する光栄社に保存されている。蓄積された情報量は相当なものであると推測されるが、未だ一般公開はされておらず隠匿された部分の情報開示が求められている。

人物像[編集]

仮面を装着しているケースもある。

新氏の情報は非常に多彩であり、彼に関する情報は今現在もまとめられていない。記載が非常に困難であるため、箇条書きにて記載する。

  • 性別は男とも女ともされており、どちらの説も根強い。
  • 15歳までの記録がほぼ存在しない。幼名も発見されていない。
  • 没年齢は概ね18から99のいずれか、100以上である可能性も否定できない。
  • 顔写真が非常に多く、検察庁の行ったモンタージュの組合せ中ほぼ100%が彼の顔写真のいずれかと一致した。
  • 職業は商人や武家者、忍者など多くの職についていた。
  • 能力についての記述もあやふやであり、優れた武芸者、鬼謀の軍師、大軍を率いる名将など一致しない場合がほとんどである。
  • 新氏の生涯もあらゆる情報が交錯しており、日本を統一し天皇陛下に謁見したなど、歴史とかみ合わない部分が散見される。
  • 交友関係がとても広く、蝦夷地の蠣崎家から九州の島津家まで当時としては驚愕に値する距離で交友関係を保っていた。
  • 新氏に兄弟が存在するということが確認されているか、その情報についても存在するという情報と存在しないという情報が入り混じったものであり真否は未だに謎のままである。婚姻相手については男性の場合ある程度特定することはできるが、女性である場合は諸国のあらゆる男性との婚姻があったとする説が存在しており、こちらはほぼ特定することができない。新氏の家系に生まれた子についてもこの項目で述べている新氏とほぼ同様である。
  • 一貫して存在しない情報があり、数ある氏に関する情報の中でも両親に関する記述が一切存在しない。捨て子や養子など様々な可能性は存在するものの、断定に至るだけの情報どころか断片すらも発見されていない。

功績[編集]

新氏は功績においても諸説が存在するものの、ほとんどの功績は現代における歴史の常識との齟齬が生じる場合がほとんどである。例として挙げるならば氏の功績の中に織田信長の下で一夜城を築いたのは新氏であるとする説があり、一般的に認められている木下藤吉郎が築城したとする説と真っ向から対立する事となる。このように現代の歴史の常識を覆すような功績が複数あるため、これらが事実である場合は歴史上の人物の一部が特に功績の無い一般人であったということになってしまう。しかし、歴史学者たちは作り上げた歴史の紐を結い直すのが面倒であり、ほぼ全てが全力を挙げて見逃した。

その他[編集]

中国の三国時代に、同姓同名の人物が存在したという話が、まことしやかに囁かれている。しかし三国時代に存在したとされる人物は、新 武将(しん ぶしょう xin wu-jang)という別人であるので、混同してはならない。

しかしながら、三国時代に存在したとされる新武将も、日本の戦国時代の新武将と人物像が驚くほど類似している(というよりも、人物像が確固としておらず曖昧な点が非常に類似している)事から、強い関連性があると想像する者も多い。

関連項目[編集]