新日本プロレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新日本プロレス」の項目を執筆しています。

新日本プロレス(しんにほん - )とは、大日本帝国初代大統領・長渕剛が、第一次世界大戦終了を期に欧米の脅威に対抗出来るようにと、日本各地の筋肉バカを集め、彼らに素手で戦車を壊させたりジャンプしてヘリを打ち落とさせたりする為に1918年に結成した秘密結社である。工作員はたまにお笑い芸人と戦う。現在は武士団の下部組織なので足軽である。現在の主たる稼業は決算書の粗探しであり、きかんしゃトーマツあずさ2号と熾烈な抗争を繰り広げている。

歴史[編集]

猪木政権[編集]

平安時代、世は力道山を当主とした日本プロレスが絶対王権を布き、或る意味盤石であったのだが、力道山が宴席で謀殺されると、その奸臣らによる傍若無人な振る舞いが顕著となる。その隙を伺う欧米列強に対するには新たな政権が必要であった。

そこで力道山の家臣であったアントニオ猪木豊登と共に東京プロレスを旗揚げし、新興勢力であった国際プロレスの後援を得て奸臣打倒を掲げたものの、豊登が政務を顧みず酒宴に明け暮れたために内部崩壊の憂き目を見る。しかし、同僚のジャイアント馬場も力道山の縁者・支援者を糾合して独立勢力「全日本プロレス」の旗揚げに成功、奸臣らが慌てる隙を突いて猪木も新日本プロレスを旗揚げして再起を果たす。遂に日本プロレスは潰滅した。武士による時代、鎌倉時代の幕開けである。

新日は当初より大人気であった。が、その実態は猪木の個人事業のための資金源という役回りであった。猪木が看板レスラーであったため最初期こそ文句は出なかったが、徐々にその放蕩振りに内部から不満の声が上がり始める。新日と全日という2つの政権が並び立つ南北朝時代、遂にUWF勢と長州一派(後のジャパンプロレス)が猪木への不満から独立、または全日への鞍替えに及ぶ。残った家臣らはもはやこれまでと猪木を「押込」とし、家督を坂口征二に譲らせ隠居させることとなった。以降を室町時代という。

坂口政権[編集]

社長が坂口に代わると、大量離脱で虫の息であった新日はそこから最盛期を迎える。闘魂三銃士の台頭やドーム大会の開催、全日ファンを釣り上げて戻った長州一派の帰順に、未だドル箱興業として続く「G1クライマックス」の開始、「トップ・オブ・スーパージュニア」開催によるジュニアクラスの盛り上がりに加え、WARUインターとの抗争、nWoブームなどで天下に覇を唱えた。正に戦国時代である。

混迷の時代[編集]

しかしこの隆盛振りに、隠居である猪木の悪い虫がうずき出す。今度は自らの政治活動資金を得るべく新日の収益をあてにし始めたのである。だが坂口政権下ではそれは叶わないとして、自らの傀儡として藤波辰巳を次の社長に据えたのであった。思惑は図に当たったが、猪木への資金譲渡のための経営というコンニャク経営術に選手らが猛反発、長州力・武藤敬司橋本真也佐々木健介小島聡ケンドー・カシン大谷晋二郎高岩竜一といった錚々たる面々が離反することとなった。

流石にマズいと感じた猪木は藤波を更迭、有識者である草間政一を社長に据えたが、なんと草間は荒れた政権の正常化を目論むあまり猪木の統制下より抜け出さんとしたのである。猪木は裏から総合格闘技ブームを仕掛けると、少しの業績低迷を理由に草間をも追放、自身の娘婿・サイモンケリー猪木を後釜に据え、恥も外聞も無くただ政治資金捻出の為だけにユークスに臣下の礼まで取る始末であった。ただ一時の安定政権、安土桃山時代への突入である。

脱・猪木[編集]

猪木はこれで政権は盤石と思ったが、自らが仕掛けた総合格闘技ブームに足元をすくわれる。業績は火の車となり、猪木は責任回避とばかりに娘婿共々姿をくらませるのであった。新日はユークスにも見限られ、新社長となった菅林直樹武士道への回帰を掲げ、苦心惨憺の末に大大名木谷高明への従属を果たした。これにより御家断絶の危機を免れたばかりか、再び業界のトップへ躍り出たのである。

猪木により誕生し、猪木により荒廃した新日は、今ようやく安定政権を得られるまでに復活したのである。

有名選手足軽[編集]

鎌倉時代[編集]

アントニオ猪木
本名 猪木太郎。ブラジル人を南半球に追いやった張本人。サッカーブラジル代表のユニフォームが黄色いのは彼のせいだと言われている。「破壊神」「創世者」「ゴミクズ」等々、プロレス関係者からの評価は様々。必殺技髪の毛を引っ張る唾を吐く服を脱ぐポエムタバスコを売りつける永久電気のネジを一本締め忘れる、など。
坂口征二
本名 世界野 荒鷲。元世界柔道選手権の日本代表。顔からは想像もつかないが、俳優坂口憲二の父。猪木に半ば騙されて新日入り。更に猪木に騙され選手としても冷遇された。だが、猪木が自らの事業のために会社の金を使い込んで社長を退陣させられると、代わりに社長となる。すると商才をいかんなく発揮し、新日の最盛期を築いた。変わり者だらけの新日にあって唯一無二の良識人。
寺西勇
本名 寺西 等。元立浪部屋の力士。アンコ型のままプロレスデビュー、国際プロレス残党として新日に殴り込み、そのまま新日に入団、下っ腹を支えるようにヘソまである白いショートタイツをリング上で輝かせた。長州力ジャパン・プロレスに参加して全日に殴り込み、そのまま全日に入団、そこでもヘソまである白いショートタイツをリング上で輝かせた。が、ケガにより一時引退、復帰はしたがリングからフェードアウトした。その後、白いショートタイツを履くレスラーは度々あったが、寺西の域にまで達した者はいまだ皆無である。
ストロング小林
本名 金剛力士像。国際プロレスが金網マッチ用にドラゴンクエストモンスターズの闘技場からスカウトしてきた。しかし、ただ使役される生活に飽き飽きし、新日の「闘魂列伝」に移籍した。怪力レスラーとして活躍したものの、かつてキングスライムにより受けた「のしかかる」攻撃による古傷の腰痛を悪化させてしまい引退。
星野勘太郎
本名 ビツシビシ幾三。身長は指に足らない一寸ほどであるが、リアルファイトでは負け知らずで、オジキである猪木に鉄砲玉として重宝がられて突貫小僧の異名を取る。引退後は魔界村へ居を構え魔族となり、プロレスがド下手クソなために闇落ちした者共に特殊マスクを被せて洗脳、その者達を集めて魔界倶楽部を結成し新日本隊に殴り込みをかけた――が、なんとなく空回りしたまま人知れず解散した。そして小原と後藤達俊とヒロ斎藤の3人が造る犬小屋『星野ハウス』へトップロープから滑り落ちて、すぐさま入居する。
山本小鉄
本名 ハートマン軍曹。遠隔戦では相方の突貫小僧を爆弾として放ち、近接戦闘では竹刀を振り回して攻撃する。引退後は若手の指導者となるが鬼軍曹として恐れられ、若手を「分かったか、ウジ虫ども!」、「さっさと立て! 隠れてマスかいてみろ クビ切り落としてクソ流し込むぞ!」、「タマ切り取ってグズの家系を絶ってやる!」と罵倒しては、竹刀を叩き込んでスパルタ指導に及ぶ。これには、あの前田日明でさえ恐怖で震えあがったという。
ヤマハブラザーズ
星野勘太郎と山本小鉄が腕をクロスさせて融合・変身した姿。別称を「YB-1ヤマハバロム-1)」。125ccなので二輪中型免許が必須。
マサ斎藤
本名 斎藤昌典アメリカ修行中に警官を殴って服役、その最中に腕回りと腰回りに佐々木小次郎の霊に憑依されて太ましくなり、また服役中に会得した監獄固めを引っ提げて猪木と巌流島で戦った。小次郎の霊が抜け出ると、ワールド・プロレスリングの解説者に転身、しかし小次郎の霊が抜け出た際の穴が塞がっておらず、その穴からしょっちゅうマスクマンの正体を洩らした。言い間違いも多いが、その穴から出てきた言葉なので当の本人には自覚がない。
キラー・カーン
本名 綺羅唖可汗。帰化名 小澤正志モンゴルの東方部族の王様。騎馬民族でありながら馬から振り落とされて部下たちとはぐれてしまい、帰国費用を稼ぐべくまずはモンゴル相撲の経験を活かして春日野部屋に入門、角界の決まりなので日本に帰化した。しかし伸び悩んだためにレスラーに転向すると一転して才能を開花、アンドレ・ザ・ジャイアントの足を圧し折る程の極悪ファイト振りを見せつけた。しかし、戦いに飽きて引退、今は日本で居酒屋を経営し切り盛りしている。
木戸修
本名 同じ。いぶし銀にして寡黙、また肌の張りや色ツヤの良さ、幾ら動いても一切乱れない七三分け、更に相手の攻撃を完璧にいなして正確無比に関節技へ持ち込むことから、実は猪木が北朝鮮と共同で開発したアンドロイドではないかとまことしやかに囁かれるが、真実は藪の中。試合中に相手選手が髪を乱しにくると途端にリミッターが解除、殺意の覇道に目覚め、いじった相手にセメントを仕掛けて血祭りにあげるまで止まらなくなる。
アンドレ・ザ・ジャイアント
本名 アンドレ・レネ・ロシモフ。人里を離れた山奥で木こりをしていたのを、丸大食品ハンバーグ担当者により見出された最初の巨人。本国フランスからアメリカに上陸した後、新日に登場、猪木や坂口、果てはスタン・ハンセンと抗争を繰り広げる。一時将軍KYワカマツに洗脳され覆面を被ってマシーン軍団の一人となり、北海道生まれという記憶まで植え付けられたが、案外あっさりと元に戻る。その後は全日本プロレスにて読売巨人軍出身の巨人と組んで、調査兵団を危機的状況に追い詰めた。が、足腰が巨体を維持しきれず重力崩壊を起こし、今は中性子星として夜空に輝いている。

南北朝時代[編集]

藤波辰巳
本名 大分県産コンニャク。猪木を別府地獄めぐりに誘い込み、その才を認められて一緒についていった。大分県が誇る『マッチョ・ドラゴン』。長州が彼の人気を妬んでいる。坂口の後を継いで新日の社長となったが、自らが確立した「コンニャク経営術」という正にフニャフニャとしてやる事の定まらない方法で新日を経営する。結果、収益が大いに下がり、更に社長がコロコロ変わるという混乱期をもたらした元凶。藤波を崇拝してやまない西村修に誘われるまま無我ワールド・プロレスリングを旗揚げするが、ここでも「コンニャク経営術」をいかんなく発揮、西村にすら呆れられ、無我の商標共々、立ち去られてしまう始末。今は「ドラディション」だか「ドラえもん」だかいう団体の代表。
木村健悟
本名 木村 聖裔。アメリカ産パクチーとして売られていたのを猪木が買取り、大分県産コンニャクのタッグパートナーへ任命した。越中詩郎平成維震軍を結成するとそれに参加、必殺技はピカチュウを自らのスネに縛りつけて蹴る「稲妻レッグ・ラリアット」で、長州力佐々木健介ら並み居る強豪のみならず、ポケモンGO歩きスマホをするクソどもをトコトン葬り去り、猪木や任天堂Niantic, Inc.を震えあがらせた。ただ、地面タイプのポケモンである大分県産コンニャクにだけは然して効果がなく、ポケモンボールの中へと戻された。
長州力
本名 金正日。引退と復活を繰り返す美少女。「御小」、「メスカブト」。浮浪者のような格好をして試合をする事から、「ホームレスレスラー」「宿無しリキ」「かませ犬」などとも呼ばれている。一時期小川直哉主催のHUSTLEにも登場していたがガチで試合をしてしまう為クビになる。必殺技は、ギターで殴る。名セリフとして「またぐなよ」「キレてないですよ」「ナニコラタココラ」「500万は返せないぞ」など。引退していたが大仁田と友達になるため復帰。
長州小力
本名 久保田 和輝(くぼた かずてる)西口プロレス所属、ただのチビデブ。必殺技は笑い殺しだ。人差し指を立てて左右に振りながら切れてなーいというだけで技に全く切れがない。他に、パラパラの技を持つが、見るに耐えない。
藤原喜明
本名 すっぽん皇帝。エロオヤジテロリストで、女であれば誰でもよいのか、自らの弟子であり「女子プロレス最強の男」と称される神取忍の尻すら躊躇なく撫でまくる。頭部が異常に硬く、あまりの硬度ゆえにダイヤモンドですら砕けない。また、理論上の存在に他ならなかった「脇固め」を世界で初めて発見、その功績を讃えアメリカでは脇固めを「フジワラ・アームバー」と称している。
小林邦昭
本名 虎 半太。「目つきの悪い劇団ひとり」との触れ込みでデビュー。しかし、劇団ひとりがまだ生まれてすらいなかったためにファンには伝わらず、今いち人気が出なかった。そのため、自らの後輩で人気絶頂だった初代タイガーマスクに嫉妬し、「虎もオレの前ではネコになる」と、実は自分がタチであり、二人が昔アーン♥ ♥に及んだ検閲により削除な関係であることを実況古館伊知郎を介して暴露、そこから両者の抗争にハッテンする。小林はあの頃♡ を思い出してか、毎試合毎試合、タイガーのマスクを強引に脱がそうとした♡ その行為に嫌気がさしてか、タイガーはUWFを作り新日から去ってしまう。ならばと、小林は長州のジャパンプロレス旗揚げに参加し、全日本プロレスに誕生した2代目タイガーマスクを次なる獲物として付け狙うようになった。しかし、2代目が自らマスクを脱ぐと裏切られたように感じて、新日へ戻る。そしてそこで3代目を生み出そうと謀った。だが、せっかく誕生した3代目も自らあっさりマスクを脱いでしまい、失意の小林は、同じく2代目タイガーに含みを抱く越中詩郎を同士だと感じて平成維震軍へ合流した。
ハルク・ホーガン
本名 テリー・ボレアNWAからWWF(現・WWE)へ移籍した際、ガンマ線を浴びて超人ハルクになる。但し、線量が少なかったのか緑色にはならず、また未だにマーベルコミックにその使用料を払い続けている。新日がWWFと提携していた関係で来日。決め技は、ショー化が進んでいるアメリカでは客へアピールしやすい「ギロチンドロップ」であるが、ハイスパート・レスリングの新日では「アックス・ボンバー」である。しかし、あまりにハイスパート過ぎて猪木を失神させてしまった。WWF社長のビンス・マクマホンケンカしてWCWに移籍するとnWoを創立、一大ブームを巻き起こしWCWを世界No.1に押し上げたが、所属レスラーの9割近くがnWoに所属してしまい、プロレスが成り立たなくなるという本末転倒を引き起こしてWCWを潰した。結局WWEに復帰したが、またもビンスとケンカして退団、今度はTNAに上がったが、またまたWWEに復帰…したのも束の間、またまたビンスとケンカして退団。仲良くケンカしな
保永昇男
本名 同じ。寡黙でいぶし銀にして老獪。常に怖い顔をしており、目線以外の表情を一切変えることが無い。またジュニアクラスの裏番で、若手の良き相談役でもあったが(でも表情は変えない)試合内容には厳しく、しょっぱい試合をすると控室で容赦なく制裁を加えた(でも表情は変えない)。引退後はレフェリーとなるが、リング上の秩序を乱す者には容赦なく制裁する(でも表情は変えない)。
ヒロ斎藤
本名 斎藤弘幸。マサ斎藤の従兄弟の兄嫁の叔父の従兄弟の妹婿の従兄弟の従兄弟の子供。プロレス巧者で選手からの信頼も篤いにも拘らず、目立つのが苦手で、それでいて常に反体制側に居るという棚橋あたりにゃ絶対に務まらない正にジョバー・オブ・ジョバー、バイプレイヤー・オブ・バイプレイヤー。必殺技はセントーンで、選んだ理由は相手にも自分にも痛みに優しい技だから。
スーパー・ストロング・マシーン
本名 オマィエ平田太"郎?将軍KY若松によりアンドレ・ザ・ジャイアントらと共に魔改造されたレスラー。後にアンドレらが正気に戻される中、何故か唯一改造人間のままとされた。しかし、いつの間にか蝶野正洋に使役され、そのあまりの仕打ちに耐え兼ねて、稲川淳二の降霊術により人の心を取り戻す。このときに発した「しょっぱい試合でスミマセン」は「21世紀に残したい昭和男の名言100」に選出された。以後は、稲川淳二より名前を貰い受けて平田淳二として戦っていたが、いつの間にか霊魂が体より抜け出て、再びただの改造人間と化す。
佐山聡
本名:同じ。また長州と同じ山口県出身。初代タイガーマスク。始めブルース・リーの血を引く親戚『サミー・リー』を名乗っていた。
しばらくしてから電話一本で呼び戻されてすぐにイギリスより戻りタイガーマスクを被る。しかし正体を知る観客やセコンドが「佐山ーっ、頑張れーっ!」と応援する事でイヤになる事150回以上でマスクを脱ぎ、今や昔を見る影もないデブネコになった。
それからシューティングゲーム(現:修斗)に没頭し寝技・絞め技・ダイエット方法を研究するが、前田から金的を喰らい悶絶し断念した。
タイガーマスク
4人が現在までに実在する。初代は猪木・アリ戦で負った借金返済のために佐山聡がイヤイヤやらされ、2代目の権利は他団体に持っていかれる。3代目は下記の金本で、4代目は正体不明…元々佐山の弟子で、デビュー時からマスクを被っているため素顔になられたところで誰だか判るわけがない。スーパータイガーやらその2代目やら金本浩二ならぬ金本知憲とおぼしきタイガースマスクやらボノタイガーやら派生も多く、全ての把握は正直めんどくさい。4代目は、「再びタイガーブームを起こす」と宣言したが、太ましくなった今の佐山より飛べてない。
ブラックタイガー
現在7代目までいる――らしい。確実なのは初代(マーク・ロコ)と2代目(エディ・ゲレロ)までで、3代目以降は勝手に中の人が入れ替わるので詳細の把握が不能。
ビッグバン・ベイダー
本名 レオン・ホワイト。新日に殴り込みをかけたたけし軍団の鉄砲玉(見た目は大砲だが)。体重を自由に増減可能。いきなり猪木と対戦しムーンサルトプレスであっさりと圧殺、またその時の衝撃波で両国国技館のマス席のパイプやイス57脚、壁や扉、座布団などが破壊し尽くされた。更に他の日本内外の団体も荒らし捲り、還暦を過ぎた今も続行中。2016年も、人気沸騰中のウィル・オスプレイに年甲斐も無くケンカを売ってマットに沈めた。
前田日明
本名・同じ。元大阪のストリートファイター。しかし、オレより強い奴に逢いに行くには伝手も海外遠征資金も無いことに気付き、日本代表をリュウとエドモンド本田に譲って新日に入団。当初はプロレスにマジメに励んでいたものの、血の気が騒いだかアンドレ・ザ・ジャイアントにセメントを仕掛けて本気にさせてしまい、殺されそうになったのを返り討ちにした。再びリアルファイトに目覚めた前田はUWFを経てリングスを旗揚げ、引退後は不良を更生させる意味で「THE OUTSIDER」を主催したが、更生する気も無くただ暴れたいだけの連中も集まりがちなため、一部の者は警察の御厄介になったり、一部の者は逆ギレして前田を恐喝するなど何かと気苦労が絶えない。
越中詩郎
本名 同じだって! 最初は全日本プロレスへ入門、三沢光晴と海外修行に出たが、三沢が先に日本へ呼び戻されて不信感を覚えたって! そんなとき、坂口征二から新日のハワイ遠征に呼ばれて、新日に移籍することを決めたって! その後、誠心会館と抗争後に意気投合して反選手会同盟を立ち上げ、それが後に平成維震軍になるんだって! 天山よ、俺は『エッチュー』じゃねえ、江東区出身なんだって!綺麗な嫁さんと結婚して、みんながうらやましがってるんだって!「ブレーンバスター!」と叫んで、俺だって少なからずコーナーポストから落ちるくらいやるんだって!けどやっぱり俺はずっと、一筋にこだわって、ケツだけで試合、やってやるって!
後藤達俊
本名 同じ。日産自動車で衝突実験のダミー人形『GT-R(後藤達俊ロケット)』をやっていたのに飽きて新日に入門、しかし若手時代はケガに悩まされて荒んでいった。そんなとき反体制側の常連であるヒロ斎藤と保永昇男に悪の道に誘い込まれてブロンド・アウトローズを結成、馳浩バックドロップ殺害するなど(馳は心肺停止状態からラテンの血を輸血されて蘇生)悪の限りを尽くした。しかし、ヒロや保永が実はいい人だと気付くと失望して反選手会同盟(後の平成維震軍)に移籍した。その後は愛犬小原道由と、雨の中でブルブル震えていたのを連れ帰った子犬の中邑真輔PRIDEの崩壊で捨て犬となっていたエンセン井上、それらを率いてクレイジー・ドッグスを結成し、魔界倶楽部に噛み付く。だが、魔界倶楽部が自然消滅した上に復帰した長州がガタガタうるさく吠えるのが煩わしく藤波辰巳のドラディションに入団する。ただし、藤波のコンニャク経営術は後藤の進退をもフニャッフニャにグラつかせ、結局は退団を余儀なくされた。
山崎一夫
本名 同じ。入門し立ての頃は中嶋勝彦、もしくは井上亘の幼体だった。このままいくと3代目J Soul Brothers小林直己になるかと思いきや、新日を離脱し第2次UWFに参加している間に外見はほぼほぼ893に変身した。でも中身はほぼほぼお笑い芸人。新日に電撃再移籍したことで、Uインターとの全面対抗戦というドル箱興業を呼び込ぶという座敷童子要素も持つ。引退後はプロレス中継の解説者や整体師をしながら飯塚の過去の痴態を暴露する生活をおくっている。
馳浩
本名 ハセ・ヒロシ。専修大学出身で、卒業してしばらく教師をしていた。しかし谷村新司や堀内孝雄に似ており、レコード盤のように回りたい衝動に駆られてプロレス入りし、ジャイアントスイングで翻弄する。谷村と堀内が歌う「You are king of kings !」、まさに『チャンピオン』。33回転や45回転を調整できるが、多い時で最大60回転と本来レコードプレーヤーに無いパワーも見せる。

室町時代[編集]

蝶野正洋
本名同じ。元新日本プロレスの執行役員兼レスラー。何処ぞのハゲアメ公(ハゲる前)に首をアレされてから楽チンヒールに転身。彼の出る試合は客が入らないとして、最近は選手としての活躍はほとんど無い。G1でこそ勝利するもベルトが取れないのが不満でグレて狼軍団を結成、無理矢理入団させたスーパー・ストロング・マシーンに逃げられると、ヒロ斎藤を済し崩し的に入団させ、帰国したばかりで事情をよく知らない天山広吉を勧誘、3人で活動を開始した。その後、WCWnWoブームが起こるとこれに参画、武藤や小島、スコット・ノートンなども加わり大軍団に成長したが、やがてブームも去り、造反した武藤とその同調者らも去ると、代わってTEAM2000を結成するも誰も集まらず、更にケガで休んでる間にメンバーが徐々に減って、結局一人でやって一人で解散した。T.M.Revolutionみたいな感じ(本人談)。必殺技はルーニーの顔マネ大きな声を出す役に立たない豆知識(スペインの国旗の赤い部分は敵の血など)。大晦日に月亭方正をビンタするのが風物詩となっており、これがなければ新年を迎えられないと言われている
橋本真也
本名同じ。蝶野と洗濯機を争うライバル。エルヴィス・プレスリーに憧れていた。またタイガーマスク時代の佐山聡にも憧れて蹴り技を磨いた筈なのに、何故か太った頃のエルヴィスと佐山まで意識してしまい自らも段々と太っていった。更に卑猥な絵を描いて喜ぶなどして荒みきり、後輩で来る小川直也に返り討ちに遭う上、クビになって、大谷晋二郎高岩竜一を率いてプロレスリングZERO-ONEを旗揚げ。嘗ての宿敵であった小川を盟友として共闘したが、レスリングの練習をおざなりにして、佐山やエルヴィスに更に近付くための食べる練習に勤しんだ結果、非業の死を遂げた・・・。
闘魂三銃士
橋本真也・蝶野正洋・武藤敬司によるお笑いユニット。橋本がボケ、蝶野がツッコミ、武藤が賑やかしを担当している。この立ち位置は後にネプチューンに模倣されている(橋本の立ち位置を原田泰造、蝶野を名倉潤、武藤を神奈月)。
スコット・ノートン
本名 同じ。切り分ける前のケバブ男梅の腕が合体して、天然木の床柱が脚として生えてきた肉壁。・・・何を言っているのかわからねーと思うが、でも大体そんな感じの選手。並の攻撃は一切通用しないため、RPGのラスボス同様、チクチクとHPを減らしていかないと並の日本人ではまず勝てない。マイクアピールは苦手で肉体で語ろうと突進してくるので、そのときはまぁ高速道路でちょいとダンプカーにでも撥ねられたと思って諦めるべし。
鈴木みのる
本名 同じ。新日に入団し、デビュー間も無く第2次UWFが発足すると総合格闘技の方が向いてるとばかりそれに参加、でもなんか違うと感じて藤原組に流れ、それも違うと感じ船木誠勝に誘われパンクラスを旗揚げするとようやく腰を据える。だが内心プロレスが恋しかったのか、船木が引退すると新日に殴り込み、天龍源一郎佐々木健介高山善廣と「最強外敵軍」を結成し、藤波社長と猪木の迷走によりグダグダとなった新日本隊の弱体化ぶりを世間に露呈、更に2004年大阪ドーム大会の見たい試合アンケートで、「鈴木みのるvs佐々木健介」が得票数で一位を取ってしまい、これに危機感を募らせた猪木は鈴木・健介戦をメインではなくセミファイナルに下げ、それどころか外敵軍4人を出禁にする(ほぼほぼマジ)。鈴木は当て付けとばかり新日以外の色んな団体に上がり、その内に小島から子分を横取りして信頼感が出来てきたので「鈴木軍」を結成し、猪木が夜逃げした新日へ再び殴り込みをかけた。でも、そのときの気分で主戦場をコロコロと変えてはレスラーと観客をケムに撒いて楽しんでいる。
2017年1月5日、黒船に乗ってオカダ・カズチカの港へ1日でやってくる。自分達は「てめえ達の宝ぁ、俺達に全てよこせぇ!」と豪語するが、オカダと争い、あっさり負けた。
飯塚高史
本名 飯塚孝之 。海外遠征してきた直後は武藤とそっくりだった。マジで。天山を後ろから締め上げて裏切り、今はイメチェンしてプロレスみるのが初めての人が飯塚を見ると「こいつは基地外じゃね」と思ってしまうらしい(現在は反選手会同盟時代の後藤達俊を細くした感じである)。本体はどっかに封印されてるらしい。必殺技はアナウンサーをボコボコにする、アイアンフィンガーでテンコジ2人を突く、さらに矢野も裏切りイスで叩きアイアンフィンガー。昔、猪木主催の「北朝鮮平和の祭典」に佐々木健介や、全日本女子プロレス北斗晶ら複数の女子レスラーと出場したことがあったが、どうやら、そのうちの豊田真奈美アーン♥ ♥らしく、「責任を取った健介、取らなかった飯塚」と、後に山崎一夫により神奈川県のローカルTV番組で暴露されている(マジ)。
AKIRA
本名 野上彰。昔、飯塚とJ.J.ジャックスを結成していた。が、AKIRAが御多聞に漏れずジュニアからヘビーに転向して失速気味だった以上に、当時の飯塚が今からでは想像もつかない程に面白味の無い堅物レスラーすぎたため、人気実力とも闘魂三銃士・馳健タッグに匹敵出来なかったどころか足元にすら及ばなかった。その後、飯塚に見切りを付けて平成維震軍入りしたが、突如グロンギに改造されズ・ザイン・ダとなって仮面ライダークウガとの抗争を開始した。
リック・スタイナー
本名 ロバート・リッヒシュタイナー。弟のスコット・スタイナーと共に、スタジャンを着た陽気なアマレスコスチュームタッグ「スタイナー・ブラザーズ」として新日で活躍した。しかし、スコットが突然に大味筋肉ヒールになり下がった上に、兄弟対決により御陽気キャラが殺されてしまったのみならず、弟だけがWWEに上がる始末で、やむなく一人でTNAに上がった。その後、弟があっさりWWEを解雇されたので再びTNAで組むも、弟の塩さ加減の巻き添えを喰らう形でメジャー団体では見かけなくなってしまった・・・。
スコット・スタイナー
本名 スコット・リッヒシュタイナー。リック・スタイナーの実弟。フランケンシュタイナーの開発者。兄と共に陽気にタッグ戦線を沸かせていたが、突然パンプアップに目覚めてカッチカチの筋肉男へ変貌。サングラスをかけて力こぶにキスして、「スタイナー楽したいなぁ」と改名したキャメルクラッチを決め技とする選手となった。そのしょっぱさから以降「大先生」との称号を得る。WWEにも行ったが終始そんな感じであり、当然早々に解雇された。一時TNAにも上がっていたが、今はどこで何しているやら…。
ドン・フライ
本名 ドナルド・フライマクドナルドポテトでなく、元UFCファイター。新日に参戦し、ヒールとして悪の限りを尽くした。その一方、まだプロレスが真剣勝負だと信じられていた時代に、ベビーフェイスだった佐々木健介がアメリカで総合格闘技に参戦する際のトレーナーをつとめるなど、作られたヒールであるのを何気に露呈してしまうお茶目さんでもある。後にPRIDEに参戦するとザ・たっちの殴り合いのネタを高山善廣と共に披露。更に地球防衛軍に所属してゴジラを攻撃したり、インスタント焼きそばを振る舞う学園の道場主になったりもした。
獣神サンダー・ライガー
本名 ケミカルブラザーズ。出生名『山田太郎』を名乗る3歳の頃に両親が生活苦の為にサーカス小屋に売り飛ばされ、それから中学校を卒業するまでは学業と火の輪くぐり、トランポリンを繰り返す日々であった。高校でレスリング部に入部、その時の部長であった西川きよしに憧れ、警察官になる事を夢見る。必殺技はカラオケで上司が歌っている時にトイレに行く変な着メロ(トランスフォーマーコンボイの謎など)桃鉄を自分一人VS赤鬼で99年ちゃんとやる
エル・サムライ
本名松田納。両親が「松重ストア」というスーパーを経営していたが、イタズラ好きの三代目タイガーマスクに店の商品を軽トラ二台分万引きされた為、閉店した。天敵は金本と御小。余談だが、ワイルド・ペガサススーパー・パワーボムをされ、失神してしまい、救急車が来るまでの間、控え室で安静にさせていたのだが、救急車が来た時には、エル・サムライはタバコを吸っていた。念のため病院に運んだが当然、大事には至らなかった。この態度を『オレ・ラ・ヒマデストラル』と言う。
ワイルド・ペガサス
本名 クリス・ベノワ。外国人にして新日の練習生になったその魁。覆面レスラーペガサス・キッドとしてジュニアの一角として活躍、しかしマサ斎藤がプロレス中継の解説中にしょっちゅう正体をバラすので、覆面を脱いでワイルド・ペガサスと改名する。本名でWCWでも活躍していたが、どいつもこいつもnWoに入りたがる現状に辟易しWWEへ移籍する。体重をむりくりヘビー級にしてレッスルマニアでヘビー級王座を獲得するまでに出世したが、自らの症状と不治の病の息子の将来を悲観し無理心中を図って死亡。でもアメリカには無理心中という文化は無いため、いまだにアメリカでは単なる殺人者扱い。
エディ・ゲレロ
本名 同じ。日本では主にブラックタイガーの中の人(2代目)。今のところ最初で最後のベビーフェイス側の黒虎でもある。ワイルド・ペガサスらと共にジュニア戦線を沸かせたが、WWEに移籍したので新日とは疎遠となった。しかしアル中で解雇されTEAM 2000の一人として素顔で新日に参戦、でもすぐWWEに復帰し大人気となり、ベノワと同様に体重をむりくりヘビー級のウェイトにしてヘビー級王座を獲得する。ただ、当時はブラック企業だったWWEがロクに休みをくれなかったため、疲労に因る動脈硬化で死亡。ビンスは追悼式で「サンキュー、エディ」とは述べたが謝罪は一切していない(贖罪と反省はしてるっぽいが)。
金本浩二
本名同じ。とにかく顔を踏む、踏む、踏む。スーパーマリオブラザーズのモデルになったといわれている。声がしゃがれているのは昔から。得意技は、ツイッター上からの元嫁への糾弾
金本の名に違わない、ケンカファイトを展開する番長。しかしスクールゾーンへツバを吐いて他校へ殴り込もうとすると、スクールボーイ達が自転車で襲ってきてひき逃げ、一瞬で負けて到達できなかった。
ジュニアヘビー級で居ながら、軽々しい態度で規定を無視して体重を増量せずヘビー級王座に挑む。その風穴を彼が初めて開けるが、軽さが仇になり、王者・棚橋が投げっぱなしジャーマンをすると軽く1回転して額を打ちつけたり、ドラゴンスリーパー態勢から軽々と持ち上げジャイアントスイング感覚でブン回して、投げると思いきや叩きつけて、吹けば飛ぶような軽さで負けた。

戦国時代[編集]

天山広吉
本名 ブルース・リー。北朝鮮からホームステイで現在網走刑務所で生活している。顔は、体が獅子、腕がアナコンダの羽を持つ想像上の動物。必殺技は無い。想像上だから。シーッ。
『G・B・H動物園』、初代園長で。そんな彼は桃太郎のように手下を管理しきれず、真壁ゴリラや矢野タヌキや石井ブルドッグから偉大なる反逆に遭い、さらに味方に居る飯塚ドーベルマンにまで裏切られ孤立した。そこを全日本プロレスへ出稼ぎする小島が帰ってきて世界一カッコいいタッグを復活させた。
小島聡
本名 小鳥恥。「1+1は2じゃないぞ。俺たちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍!」と、29歳の時に算数の概念を変えた天才
「故事故事カッター」を得意技にしているが、周囲の選手曰く「全然痛くない」。尚、アン〇ーソン選手の「ガンスタン」は小島のそれと同型だが威力が全く違うところは気にしたら負けである。
天山と組んで『テンコジ』を名乗る。中西や永田と戦う事もあるが、実の所をすごく仲良し。
なので試合前後を問わず、みんなを巻き込んで「イッちゃうぞバカヤロー!!」と叫ぶ。
西村修
本名 同じ。古き良き時代のクラシカルなプロレスをこそ至高と考え、「無我」という言葉を標榜していた――が、言ってる当の本人は自我の塊で、海外修行中に御世話になったトレーナーの大剛鉄之助より大猷 修(だいゆう おさむ)のリングネームを貰うもシカトをかまし、現場責任者で大先輩である長州力を、「嫌いだ」、「独裁者だ」などと公然の場で平然と言ってのけたのみならず、「ファンはバカです」と雑誌の取材で観客すらディスりだし、技もミサイルキック・ジャーマンスープレックス・コブラツイスト・卍固め・逆さ押さえ込みくらいで大技は一切使わず、藤波辰巳を崇拝して、ヒロ斎藤・後藤達俊らを誘い無我ワールド・プロレスリングを旗揚げさせたが、自身の我の強さにより藤波のコンニャク経営術を許容できず、とっととケツを捲って自分一人だけ武藤敬司の全日本プロレスに移籍する始末である。なお無我の商標登録を藤波との連名とか団体名義とかではなく自分の名義で行っており、退団と共に無我の商標も持ち去っている。また、これほど頑固に我を貫いておきながら、現在はプロレスをおざなりにして政治家として活動してたりする・・・(以上、全部ホント)。
安田忠夫
本名 同じ。高身長にして角界にいたことから「未完の大器」と呼ばれていたが、ギャンブル好きなため1億近い借金をこさえ、しかも怠けグセの酷さから一転「なまくら」と呼ばれ始める。そこで猪木が改造を施し総合格闘技デビューさせると、ジェロム・レ・バンナに勝利した。が、たった一回の金星に奢ったか、素行不良により新日を解雇され、以降はケンドー・カシンの実家の農場で働くも続かず、ブラジルに渡って農業をするといいながら土壇場で心変わりし、カンボジアの会社に就職するもすぐさま辞職するなど、書いてるこっちが泣けてくるような人生を送る。
永田裕志
本名 。イケメン。1992年にイケメンデビューすると、クソリプと自撮りとネタバレを連発するTwitter芸人になる。その人気振りは凄まじく、2001年にはG-1ぐらんぷりで優勝した。尚、2001年現在Twitterは存在しないがそれは気にしたら負けである。しかし一発屋であることから人気が急下落。その数年後には大晦日にクロアチア人とロシア人に蹴られ埼玉県警と兵庫県警に被害届けを出した。怒りが頂点に達すると白目を剥き世界一のイケメンとなる。
ブルージャスティス、いわゆるアオレンジャイ5人を率いる『青義軍』。そのメンバーは、平田マシン、井上亘、ファレ、平澤だが、特に平澤へビンタしまくり、井上はさっさと引退するせいで、まとまらず人知れず無くなってしまう。
必殺技は、イケメンドロップホールドナガタ★ロックシューターシリーズ。
中西学
本名 坂口松太郎。関取だの野人だの、海賊だのいっているが結局は人間のフリしたゴリラ。一時期イナバウアーをヒントにマナバウアーという技を使っていたが、イナバウアー本人に訴えられ、敗訴。現在賠償金800兆ドルを支払う為活躍中。必殺技は京都議定書ワシントン条約(本当)。副業で人生相談をやっている。高山善廣の「エベレスト・ジャーマン」に対抗して「高山がエベレストなら俺は富士山だ!」と富士山ジャーマンを開発し、戦わずして負けを認めるという謙虚さをを持つ。ゴリラのため好物はバナナと思いきや、実はゴーゴーカレーメジャーカレー。余談であるが過去、寿司職人になろうとして保健所に拉致されたことがある。
彼と天山は京都市出身のため「古都・京都のイメージダウンになっている」と昔から京都に住んでいる(京都)市民の苦情が常々絶えない。京都市での彼ら2人?(よくよく考えたら想像上の動物とゴリラだし)に対する苦情は古都税導入時以上に凄い。
大谷晋二郎
本名 ハッスルあちち。勝てなくても負けないという矛盾を信条とする。ジュニア時代は心の炎を燃やし、煙たいのかよく涙を流していた。橋本真也のプロレスリングZERO-ONE旗揚げに参加後、橋本の死去に伴い社長となり団体名もZERO1-MAXと改称しヘビー級に転向する。以降は若手の壁たるべく体つきを天龍源一郎に、頭部はドリー・ファンクJr.に近付ける。
高岩竜一
和名 同じ。空中技に憧れジュニアクラスとなったが、飛ぼうとするたびに長州が出て来て足を引っ張ろうとしてくるため、やむなくジュニアなのにパワーファイターとなった。その長州に嫌気がさして橋本真也のZERO-ONE旗揚げに参加する。正月云々関係なしに餅を突く。自らを杵の柄、相手を杵の頭として餅を突くときもあるが、調子に乗り過ぎて星川尚浩Nice boat.という大事故を引き起こしてしまい、自分探しのために他団体を渡り歩くようになったが、恋しくなったのか8年ほどして戻って来た。
ケンドー・カシン
本名 石澤常光。デビューして間もない頃は総合格闘系の戦いをして、とてもマトモだった。しかし、海外遠征から帰りマスクマンになるや豹変した。一体、何をしたいのかわからない。何を考えてるかわからない。どの団体を主戦場にしたいのかわからない。おうちを聞いてもわからない名前を聞いてもわからない。結局、何が何だかわからない。
田中稔
本名 同じ。プロレス会場でB'zの曲を流したくてレスラーになったB'zオタ。藤原組格闘探偵団バトラーツを経て新日に入団し、ジュニア戦線で活躍する。しかし文句愚痴が過ぎて居場所を失い退団、フリーとなり全日本プロレスに入団、武藤敬司に着いて行きwrestle-1旗揚げに参加するも退団しフリーになる。嫁は元女子レスラーの府川唯未タイチみたいなこともなく未だ夫婦仲は順調そうである。
ヒート? 知らんな。
成瀬昌由
本名 同じ。リングスでマットデビュー。しかし新日に自分と同じB'zオタがいると聞き及ぶや、張り合うべく新日に入団、そのB'zオタである田中稔と参戦初日、しかもIWGPジュニア戦で対決する。そのときの必殺技クレイジーサイクロンは、見た目は裏拳掌底版であるが、総合格闘技畑から来たので加減がわからず田中稔の横っ面にヒット、田中を病院送りにする。これはマジでクレイジーであると問題になり、以降は相手の胸板にヒットさせることでようやくセーフティーマークの認可が下りる。新日退団後は、新日の総合格闘技参戦の際の相談役のようなセコンドのようななんとなくフワ~ッとした感じになる。
ジョーニー・ローラー
本名:ジョアン・マリア・ローラー。女子レスラーだが、顔と胸と生殖器以外は男といっても過言では無い。WWEで中国人としてデビュー、トリプルHショーン・マイケルズらと組んだ「D-X」でセコンドをやっていたが、いつの間にか昼間は男性レスラーに混じってリング上で試合を行うようになり、夜はトリプルHとベッドの上で試合に臨むようになった♡。しかしトリプルHもなんか違うと思い始めたか、ビンス・マクマホンの娘ステファニー・マクマホンと付き合い始めたため破局する。またWWEとも契約問題が発生したため新日に参戦、蝶野のオッサンがケツを叩いて喜び、そんな彼とタッグを組んで新日初のレギュラー外国人女性レスラーとなった。その後、引退し女優となったが、ヤク中アル中の併発で死去。
ジョシュ・バーネット
本名 霞目ケンシロウ199X年、世界が核の炎に包まれ――ることもなく、UFCで最年少チャンプとなった北斗神拳の使い手のような風情を醸し出すオタクもしくは中二病。新日に参戦すると、「お前はもう死んでいる!」、「お前の命はあと5秒!」などと対戦相手に死の宣告を行ったにもかかわらず10分以上の試合をこなすという、観客の為に延命措置をしながら相手をマットに沈める気配り上手。退団後は総合系の試合しかしてないが自分はプロレスラーだと言ってはばからず、隙あらばプロレス技を相手に決める気マンマンで試合に臨んでいる。
ブロック・レスナー
本名 ブロック・エドワード・レスナー。アマレスを経てWWEのレスラーとなったが、セイブルとの略奪婚に挑戦して成し遂げたのを機に色々と挑戦したいと思い立ち新日に参戦。その際、以前よりも脚がほっそりしており、挑戦したいことの一つが美脚であるのを露呈、白い肉団子に美脚が付いていることに笑いを禁じ得なかった藤田和之蝶野正洋が爆笑している隙を突いて、IWGPヘビー級のチャンプとなった。しかし、すぐさま新日に難癖を付けて離脱、挑戦したかったもう一つであるUFCに参戦を果たしたが、肉体調整までの時間がヒマなので非常勤でWWEに参戦中。
桜庭和志
本名 スーパー桜庭マシン。なんか申し訳なさそうな顔。昔はとても強かったらしい。でも今はただの仮装おじさんである。柴田と一緒に喧嘩を販売し、業務提携していたが
いつの間にかビジネスで敵対していたため、市場は柴田と桜庭の寡占状態となってしまった。得意技は変顔である。実はあの小鳥恥よりも強いらしいが、日本政府の妨害で真相は不明である。副業で「さく機械」を経営しており、売り上げ額は先日10000円を達成した。「えっと、ここで試合がしたいのでよろしくお願いします。」
藤田和之
本名 同じ。身体能力は高い。が、体が異常に固い。でも骨は脆い。どれくらいかというと、バイクのスタンドを立てようとして足首が柔軟に動かず骨折してしまうくらい。故にケガや骨折が多く、柔軟性を必要とし試合数も多くリスクの高いプロレスには向かず、試合数が少なく受け身の必要の少ない総合格闘技へシフトした。ついでに見た目もホリの深いイケメンからケビン・ランデルマン風味に変身した。総合格闘技では結果を出して英雄扱い、でもプロレスでは巡業に同行しない・大きな試合にしか出ないなど新日背広組からはスワロフスキーガラス工芸品扱い、選手たちからは換気をせずにサンマを焼いた部屋扱い(つまり煙たい)。
吉江豊
本名 同じ。若手の頃はステルス機能を搭載した谷亮子で、辛うじて、寸分突き出し気味のアゴだけが認識可能であった。ところがある時期より体が肥大化、遂には控室からはみ出すまでになり否が応にも目につくようになった。新日がエンターテイメント色を強くし痩せ型を好み始めたため退団、吉江は食べ物を求めて今日も他団体を渡り歩いている・・・否、転がり続けている。
邪道
本名 秋吉昭二ビートたけしのスポーツ大将出身(うろ覚え)。冬木弘道をリーダーとした冬木軍へ、外道ライオン道織田無道下水道常磐自動車道PCエンジン最後の忍道らと参加、ヒールとしてインディー団体を荒らしまわっていたが、蝶野正洋にTEAM2000に勧誘されると「大晦日ビンタ」を嫌忌するあまり渋々加入、そのまま新日所属となった。
しかし、メジャー団体に所属した優越感から、カッコつけてインディー時代に気に食わなかった連中をこき下ろし始め、更にももいろクローバーZにドはまりした挙句、新日の顔効きを利用してそのコンサートに出演したり、ももクロメンバーの有安杏果をリングに上げるなど勝手放題。「まさに邪道!!!」。
外道
本名 高山圭司ビートたけしのス ~(邪道と同内容なので省略)~ 属となった。
しかし、メジャー団体に所属した高揚感から、カッコつけてインディー時代には気にしてなかった体重を削ぎ落とし始め、更にオカダ・カズチカのマネージャーに就任した挙句、新日の予算を利用してカネの雨を降らせたり、オカダにはほとんど喋らせず自らマイクを持って言いたい放題。「まさに外道!!!「レヴェルが違うんだよこの野郎!!!」
真壁刀義
本名 お猿のトーギ。ストレートヘアーが自慢の長州力から、その天然パーマが気に入らねぇんだよと謂れのないイジメを受け続けたが、14年生のときに、クネクネしているヤツをトーギくんニードロップで撃墜し、表面がチョコのベルトをとったようだ。ここより新日本の大逆襲を始めるつもりが、結局5ヶ月程度で小鳥恥に敗れとられたようだ。コワモテに似合わない超・甘党で糖分がぎっしり詰まった食い物をよく食べながら「これが現実なんだよ」とさけぶ。昔組んでいた公園の砂山さんとは、敵対中。
棚橋のび太に対するジャイアン、棚橋が『ジャイアン』とあだ名をつけ、おかげでドラえもんからオファーを受けて、棚橋と原始人タッグを組むハメになった。それだけだ、サンキューな!
本間朋晃
本名 こけし。真壁が連れている。しゃがれ声と変顔がウケる。真壁いわく、名前通りな当にが悪い所で現れるそうだ。
神奈川県都筑区を本拠とする地方豪族大日本プロレスに仕官、蛍光灯を槍代わりに振るい小型ハート様狂暴な猿レイプ魔宗教団体の狂祖らと死闘を演じた(大日大戦)。そのときに、陣借りしてきた真壁刀義と知り合い、大日より出奔すると真壁の臣下となった。得意技は江頭2:50を撃墜する『こけしロケット』。
真壁ゴリラがリーダーをしてる『G・B・H動物園』から、矢野タヌキを筆頭に大量に檻から脱走している中で、唯一・真壁から離れない猿。動物園の名前を残している物の、2人いや2匹は日光猿軍団として生涯を共にする。
田中将斗
本名 田中正人。昔のマー君。関西弁を話すヤクザなオッサン。大仁田厚の団体FMWでデビューするも、大仁田よりもプロレスがうまくなってしまい、アメリカ第3の団体(当時)ECWにスカウトされる。過去に橋本の店へ押し入りメチャクチャにするが、返り討ちになって降伏する形で彼に下る。やがて中二病を発揮し、ライバルだった大谷晋二郎週刊少年ジャンプ的なノリで炎武連夢を結成した。「で…でも、あくまでフリーなんだからね」とツンデレまで発揮し、その後は新日にも参戦してきた。真壁と一緒に写真を撮りたくなくてケンカしたり、CHAOSの頃に内藤を袋叩きにしたり、座っている相手へヒジテツ『スライディングD』をかましたり、とにかく出しゃばる大阪のおばちゃん気質まで発揮している。
ジャイアント・バーナード
本名 リトル・スチュアートスキンヘッドで顔面にピアスを空けておりかなりの強面だが、実は自らを「A列車」と呼んで遊ぶ電車ごっこと落書きとが大好きな精神年齢3歳の漢の子。自分の体にも落書きをしているが、WWE所属時代に客から「背中の毛を剃れ」とチャントを受け、本当に剃ったことで模様が消えて物足りなくなったのが原因かも知れない。また、ピアスを引っ張れば多分死ぬ。でも誰もそこを狙わないのは皆大人だから。ちなみに彼の父親は所ジョージ。必殺技はエラシコ無回転シュート
新日退団後にWWEへ戻ると何故か日本人だと紹介され、更に災害神様扱いまでされたが、いつの間にか陽気にダンスを踊るキャラを与えられる。その支離滅裂ぶりに本人も違和感を覚えたのかレスラーを引退した。現在は、あのプロレス大国WWE様の主要スタッフとして活躍していらっしゃるほどの出世振りでいらっしゃる。ゆえに愚民どもは失礼の無いように。
トラヴィス・トムコ
本名 大体同じ。バーナードと組む相方、と言うより分身。WWEでいきなりリングに乱入し、ベビーフェイスの顔をビッグブーツで蹴り飛ばしたが勢い余って滑り、でも勢い余ってスックと立ち上がる鮮烈デビューを果たす。タイソン・トムコのリングネームで戦っていたが、解雇になったので新日に参戦した。後述の石井が彼の頭を叩き、追いかけっこをする一幕をやってのけた。その後IGFに移籍したが、本国アメリカで恵まれた体格を生かして薬剤師を脅し、を盗んで逮捕された。

安土桃山時代[編集]

棚橋弘至
本名 フランシス笹沼コナミ出身。100年に一人の逸材(自称)。マイクパフォーマンスの決め台詞は「愛してます」。新日で一番チャラい男なのでプライベートで女性に刺されて失神KOした
一時期、某仮面ライダーの主役のオファーが来ていたが御小に阻止される(実際は棚橋をライダーのレスラー版にする計画を断ったというオチ)。ただ新日は剛力彩芽西内まりや並みに棚橋のゴリ押しには必死で、三沢光晴2005年NOAHドーム大会への出場を中邑真輔でオファーした際も、新日は注目度の高い大会だからと中邑ではなく棚橋を貸しだした程。また、2014年・東京ドームメインイベントは本来オカダ vs内藤の所を、ファン投票を使って割り込みインターコンチネンタル・中邑vs棚橋にしてしまう。また、ヘビー級にもかかわらず一時期「丸め込み」を決め技にしても(藤波社長にゴマを擦って、尊敬していると連呼していたため)上層部に咎められなかったのか使用し続ける。そのように甘やかされて育った結果、試合を馳浩に酷評される始末であり、また新日と友好関係にあったDDTに対し、「全団体を横一列で見てもらったら困るんだよ!」と上から目線で述べ、たった一人でその関係にヒビを入れる傍若無人っぷり(実のところ、DDT所属のヨシヒコとの勝負にビビったからだとの噂もチラホラ…。更に2016年のケニー・オメガとのラダーマッチも、負傷アングルを使ってシッポ捲いて逃げた)。また全国のゲーセンにQMAの芸能担当教師として影武者を多数送り込んでいる。
マイケル・エルガン
通称:ビッグ・マイク。ハゲヒゲデブの三拍子が揃う、棚橋のび太に対するドラえもん…いや棚橋のパートナー。ヘビー級をコテンパンに負けて陥落して間もない内藤がコケにしてきて、インターコンチネンタルを賭けるが、奪われる上に、目を蹴られて欠場もした。ここより一矢を報いる気で『バーニング・ハンマー』と言う、禁則事項です社長を検閲により削除灘へ沈めるような技を開発して挑むが、やっぱり負けた。
ヤングライオンの北村克哉を前座で遊び相手にして、もちつきのように連続でパワーボムを仕掛けて解説者を驚かせる。
鈴木健想(KENSO)
本名 鈴木健三明治大学ラグビー部出身。本当はこっちが100年に一人の逸材と呼ばれていた可能性も…。新日に鳴り物入りで入団するも自分の明るい未来が見えず、猪木にも受け流されて落ち込んでいたところを長州力永島勝司に誘われWJプロレスに移籍。しかしそこでも明るい未来が見えず、WWEに入団する。しかし、WWE側が健想に明るい未来を見出せず解雇される。
その後はハッスルを経て、メキシコ、全日本プロレス、DDTと渡り歩くうちに明るい未来が見えかけたものかビチッとし始める。
中邑真輔
本名 中村しんすけ。元召喚魔術師。マイケル・ジャクソンを真似た…かも知れないコスチュームで小便を我慢できない子供のようにブルブル震えるのが大の得意。召喚魔術ボマイエを使った瞬間、彼の勝利は決まり、安田忠夫農場へ逃亡する。でも、華がないので人気はない。世界一のスポーツ雑誌週刊プロレスや社会情勢雑誌ananに掲載されるが人気はない。プロレスの神、アントニオ猪木と死闘も繰り広げたが人気はない。後藤洋央紀と戦って人体実験で透明人間にしてしまうが人気はない。飯伏とボマイェを巡って死闘を繰り広げ『ベスト・バウト・オブ・ザ・イヤァオ(最高にイヤァオな奴で賞)!』に輝くが人気はない。『イヤァオ!!』・『たぎる』・『ブルブル』で癒えるだが人気はない。現在はRAWスマックダウンより圧倒的人気番組となったWWEのNXTに所属。入場時にうたわれるものとなって、こちらでは奇しくも大人気。オーオーオーオーオー!!
2017年、スマックダウンに昇格する。スマックダウンのファンは大喜びでこれを迎えたが、現地のコテコテなNXTファンは中邑がビンスのプロレスごっこに付き合わされてしまうと嘆き悲しんだ(マジで)。
柴田勝頼
本名・同じ。柴田勝家武田勝頼をかけて産まれるサラブレッド
内臓がずれるほど激しく突くことで有名。買ってきたセブンイレブンおでんすらも突く。でも食べはしない、湿り気が大事だから。チャプチャプ洗うクリクリウォッシュの後での「擦り付け式 顔面ウォッシュ♡」を好む。
一時期を魔界村へ移住して、レッドアリーマー4号を名乗っていた。そしてエルボーでカチ合って、福田雅一と本当に死合う激闘を見せている。
2005年に「新日には戦いがないじゃないか!」と怒りを爆発させ退社すると、よそのリングへ戦いを求め、更に総合格闘技へシフト、でも2012年、結局は前よりエンターテイメント性が増して、戦い要素が薄まったと思われる新日に出戻り。このままではカッコつかないので建前としてグッズ「喧嘩」を発売し、2016年現在も好評販売中。「みんな喧嘩買ってね!」
自分勝手に一人世代闘争を称して『柴田ケツ頼』になり、永田・中西・天山・小島、いわゆるケツの青いオッサンを攻め立て、4人全員をイッー!ちゃってしまった。しかし矢野のケツを襲う際に『股間のタマ・トンガ』を奪われて、1分5秒で負ける失態を性的な意味で犯した。
2017年、かつての後藤がライバルになりGTRに撥ねられてベルトを失う。そしてオカダに挑み、負けて七光りも失った。
井上亘
本名 同じ。大谷晋二郎高岩竜一の抜けた穴を埋めるべくジュニア戦士として登場、田口隆祐4代目タイガーマスク、果ては金本浩二までも一蹴、八面六臂の活躍を見せた。しかし、ヘビー級に転向するや御多聞に漏れず失速、出戻りの柴田勝頼の「喧嘩」を買い、嘗て福田雅一殺害し、佐々木健介を眼窩底骨折させておきながら、未だ躊躇しない柴田の攻めに擦り潰されて各部位を負傷、引退を余儀なくされた。
ミラノコレクションA.T.
本名 澤藤 章人ウルティモ・ドラゴン主宰の闘龍門を経てDRAGON GATEで活躍。イタリアンな配色のサングラスとジャケット、そして正直者にしか見えないを散歩させるがてらにリングに上がる。DRAGON GATE離脱後はROH、DDTを経て新日に入団。しかし度重なるダメージが右目に蓄積していったのを見計らい、外道がとどめを刺したため引退を余儀なくされた。引退後は整体師をやりつつ、新日のテレビ解説を務める。近頃は内藤哲也達にパラダイスロック(通称:はずかしめ)をパクられストーカーされるのが悩みの種。
平澤光秀
本名不明。海外から帰ってきてイメチェンした人。始め永田の青義軍へ入る。それから『ヒデオ・サイトー』に変身し永田を裏切って、飯塚とイメチェンタッグというか、北海道出身タッグというか、基地外タッグを結成したが、また平澤がイメチェンしてそれに飯塚がついていけなくなりアイアンフィンガーを盗んで反逆し、追放されてタッグを解消した。
これに懲りず、今度をご当地ヒーロー『スーパー・ササダンゴ・マシン』へマスコットキャラクター『キャプテン・ニュージャパン』へ変身してヨシタツと組むが、そのヨシタツがファン投票を1000票も水増しするために仲間割れし、ヒーローごっこを辞めて骸骨『BONE SOLDIER』になった。名前どおりだ。人知れず行方不明となるが彼との因果関係はジョ・バーですらわからない。
タイチ
本名牧 太一郎。北海道出身で上記2人のプロレスラーと出身地が同じで嫌気がさしている。試合終了の合図はタイツを破りパンツになる嫁は引退した覆面レスラーお船chanだが、勇気を出して浅妻船にも乗ってしまい色々と問題になる
オカダ・カズチカ
本名 岡田和睦。しかし『和睦』をすれば勝負にならないのでカタカナにした。棚橋・内藤のライバル。両手を広げて唱える儀式『レインメーカー』が降ってくる。けど本人を肖像画にしている偽札なので観客は悔しがる。跳躍力に優れ、高い打点のドロップキックが売り。でもフィニッシュムーブが相手の手を掴んで引き寄せてのラリアットなので、跳躍力全くもって関係ナシ。
小さい頃に音楽性の違いで山村留学を経験し、中卒から生え抜きの意地をして、おネエキャラ『オケイト』へ覚醒し、現在チャンピオンに至る。
金の雨を増刷して自分だけの都市を開発する「2億円プロジェクト」リーダー。長身191cmがさらに巨大化して上から目線街を視察しながら、後藤洋央紀をスクラップから拾いターボ車に改造し、アメリカ軍基地からオスプレイを買い取り戦力にする豪快さを見せるが、内藤が唾を吹いて、乱入するSANADAが踏み潰すなどして、全てオジャンになった。
3つ、言わせて下さい!
1つ、お疲れ様でした!2つ、お疲れ様でした!3つ、お疲れ様でした!
あっ、あと1つだけ、お疲れ様でした!
YOSHI-HASHI
本名:吉橋伸雄。だが書道を習っていながら自分の名前も読み書きできず、またヨシタツやヨシヒコが先に居るために、英語の名前になった。
内藤は同い年で、オカダは同じCHAOSで、SANADAは同期入門で、けど本人はパッとしないせいで、低いポジションに居る。
AJスタイルズ
本名 アレン・ジョーンズ。アイドルなみに小顔な選手。顔の大きさは天山のたった1/2、アンドレ・ザ・ジャイアントの1/5である。4人の子持ちなのに倒産寸前のTNAに安く使われ、このままでは子供を養えないからと新日に入団した子煩悩出稼ぎパパ。背負ってる重さの違いと身軽さ、顔の小ささにより相手の遠近感を狂わせる戦法で棚橋やオカダを倒し、IWGPヘビー戴冠を果たした。ただしケニーの手柄を独り占めしようとして、チーム全員からコテンパン&追放される。現在はWWEに移籍、いきなりチャンプになり、PPVでメインを張る大出世振り。でもWWE日本公演で久々に来日しても一切デカい顔はしなかった。
田口隆祐
本名 朴利芸(パクリゲイ。中邑が間違って召喚して出てきた。デビュー当初の彼は単に変態でなく、ヤングライオンで優勝したり、ベルトや看板を勝って奪ったり、シックスナイン…いや第69代チャンピオンになるまでをまともだった。
それを『オヤァイ』『ギタる』・『ヌルヌル』など文字通りに中邑をパクる、今やオリジナリティーがゼロな芸人。彼いわく「中邑は本店で、俺は支店。俺は本店から許可を得てパクっている。」そうだ。中邑は彼を「マジでオヤ愛!!」らしい。中邑が本店を海外へ展開する間に、支店が会社を乗っ取る画策をしていたが、先に本店が海外に移転してしまった。その哀しみを歌にすべく、ムード歌謡歌手 道標 明(みちしるべ あきら)としてデビュー、ファンを苦笑いさせることに成功する。
2017年、タグチジャパンを結成し、ヒロム…いや高橋広夢を相手にセイシをかけて戦うハイなキャラになった。ヒロム…いや高橋広夢ももちろん賛成で、互いにケツをぶつけ合う。
プリンス・デヴィット
本名 ファーガル・デヴィット田中稔田口隆祐とも組んで戦っていたが、負けても悲観しない田口の無駄なポジティブさに嫌気がさしてヒールターン、銃弾組を旗揚げすると初代組長に就任する。その後、組をアメリカにまで及ぶ一大勢力へ発展させると、ようやく田口の能天気さを許せる余裕ができたのでフィン・ベイラーと名乗りWWEに移籍、光を崇める者となる。NXT王者を経て、RAWに新設されたユニバーサル王座の初代王者になるも、スティングの体さえ壊したヒザを負傷しがちなパワーボム下手男に肩を壊され返上を余儀なくされた。
Cody (コーディ)
本名 コーディ・ラネルズ。父はアメリカンドリームダスティ・ローデス、腹違いの兄はゴールダスト師匠はマイク・ハガー。父に似ないイケメン。WWEへコーディ・ローデスの名で参戦、七光り軍団「レガシー」を結成し解散後はWWEイケメンランキングで1位になったために美容キャラを強いられ、後に兄同様のピカピカレザースーツキャラにされタッグ要員にされた。それに嫌気がさしたのもあるが、柴田勝頼のいう「クリクリウォッシュ」がなんであるのかが気になるあまりWWEを退団し2017年、新日に初上陸を果たした。
カール・アンダーソン
本名:チャド・アレグラ。邪道みたいなハゲ。バーナードと組んだりCHAOS学園へ交換留学したりするが、矢野園長と仲たがいしてクビになった。
スタンガンを持っており、相手を掴んで一緒にビリビリする。
やられ技を持っており、自ら金的を食らって悲鳴を上げるマゾヒスト
のちにデヴィットや裕二郎とBullet Clubへ合流し柴田&後藤とタイトルを賭けて張り合うが、古巣CHAOS学園へ唯一女子で留学する人妻マリア・ケネリスと密会し、全裸ポロリに暴発&乱射、やられ技で自爆し続け一気に弱くなって連敗する。フヌケになってる勢いでイヤァオや真壁ゴリラに負け、結局ギャローズと出戻りしてしまう。
ドク・ギャローズ
本名:ドリュー・ハンキンソン。現在みたいなスイカ頭でなく、昔の彼はやさぐれデブだった。ケイン・コスギを大好きで、似ても似つかない偽物に変身したり、アンダーソンと凸凹タッグを組みマジックリンとカビキラーを混ぜる危険な塩素『マジックキラー』をブチまく。
こちらはアンバー・オニールと言う美人妻がおり、既婚者。アンダーソンと違い誘惑に負けないが、彼が試合をせず話にならない。
内藤哲也
本名 内藤てつや。ここ数年、活躍してきたレスラー。ここの団体が大好き。新日本プロレスが好き。そんなレスラー。会員証をもっているらしい。足立区出身、バリバリな江戸っ子で大阪人には不人気極まりない。東京都を出身ならば良くある巨人ファン…と言うワケでもなく、珍しい赤ヘルファン。赤ヘルが優勝する2016年、俺もヘビー級・インターコンチネンタルを獲ってネ申ってた!ポーズを決めるとき左瞼を指で押し広げて「いつでも目薬さしてやんよ」と、別にどうぞと言わざるをえない挑発をしてくる。武藤敬司が好きだったらしい。でもいまは大嫌いらしい。「でも、昔の武藤敬司に、似ているね。」ということを少なくとも少数の人がいっているらしい。何が似ているのか、それはファイトスタイルと髪がにているらしい。これいじょうにちゃうと、そのうちスキンヘッドになるんじゃないか?とかいわれているらしい。10年後が楽しみだ。いろいろと。だが本人はトランキーロ(あせるなよ)!
スペイン語学塾『ロス・インゴベルナブレス』デ・ハポン支部塾長。まだ現在を生徒は少ないが、トランキーロ(あせるなよ)!また通訳をできるパレハも募集している。勉強についていけないカブロンな野上アナウンサーの服を飯塚みたいに破る。そしてベルトを放り投げる。そんな事ばかりするせいで、オカダや棚橋から返り討ちに遭ってベルトを失うデスティーノで終えた。
さらに本人もオクパードながら、メキシコ・ロス塾本部長からルーシュを連れてくる。ルーシュがアスタマニアーナ大好きで、喜んで引き受けた。
SANADA (真田聖也)
本名 真田信繁。某スペイン語学塾の生徒にして、骸骨。元は武藤塾一期生準筆頭。西村修の後継者と目されるほどジミな技が得意。ヒザをケガして以降、スタンド式のドラゴンスリーパーという相手選手がリアクションしづらい上に、その苦悶の表情が一切見えないという客席に全然伝わらない決め技を用いて観客から不評を博す。
武藤についてWRESTLE-1に移籍したが、武藤のようにハゲたくない一心でアメリカ修行中に閃いて新日に参戦すると、オカダに乱入して、彼の資金2億円をパーにして目をつけられる。
BUSHI
本名 清水哲也。名前とチームと出身地が内藤と同じで、こちらは覆面になった。
ピンチになると青汁を吹いて相手の目を塞ぎ形勢逆転する。ピンチじゃなくても吹く…。少し前から語学塾に入会し、日々教室で寝転がる日々を送る。
彼の本職は板前。青汁の葉を巻く『ブシロール』や軍艦巻き『ウニベルサル』ついでに自らブランド『エンセリオ・アルマージ』を、スイーツ真壁の隣で販売している。
矢野バッハへケンカを売りTシャツ見せっこ対決をするが(もちろん請け売り)、美ボディを披露する時に『股間のタマ・トンガ』ごとタイツを脱がされ全裸モロ出し、柴田や飯伏より速い45秒で負けた。
EVIL
本名なし。内藤が召喚する最高なパレハ。寝不足で目にクマができており、後藤と石井は『渡辺!』と呼んでいる。必殺技に自分の名前をつける、お茶目なザ・キング・オブ・ダークネス。
高橋裕二郎
本名 石原裕二郎。デビューしてしばらくパッとしないために、スタンドプレーで内藤にマジでブチギレて仲間割れしCHAOS学園から追放した。ついでに味方オカダを同士討ちして、自分も退学した。R指定のお姉ちゃんをリングに上げる、棚橋よりもひどいチャラ男。これマジ!
かつて棚橋をナイフで刺しているお姉ちゃんをリングに上げて「あの頃のように、殺っちゃおうか?」や「ベッドの上で、殺ッちゃうぞバカヤロー!」と息巻いて棚橋へ挑むが、棚橋がブチギレて負けた。これマジ!
後藤洋央紀
本名 ゴートゥー・ヒルーキ。柴田と同級生。内藤がコケにするので、キレてボコボコにする。天山をヒザで病院送りにした。対戦相手に怒ると白くなる。
内藤側のキャプテン・クワナを拒み、勧誘するオカダ代表へ折伏し洗脳を受ける。そして『GT-R(後藤式ターボロケット)』エンジンを搭載する『Go to Hell(ゴトーヘル)』変形するニュータイプに生まれ変わった。
必殺技の「牛殺し」の名をWWEが世界に広めてくれているのにもかかわらず、怒ってクレームを入れて止めさせた。よほど海外にトラウマがあるらしい…。
石井智宏
本名 織田無道。柴田のライバル。柴田が締め上げると大量の唾を吹いて気絶する。「ぽぽーい!ぽぽーい!」と言いながら攻撃するのでニックネームはぽいぽいである。
柴田に負けてベルトを失い、次にいきなりヘビー級に挑むために、内藤からも控え室で負けた。情けない。
元々を高田延彦にそっくりなイケメンとして売り込むが、みんなが見てそれこそ織田無道や、せいぜい藤原喜明が限界である。
ヨシタツ
本名 山本尚史。棚橋と同じ岐阜県出身。同期のイヤァオにかなり先んじてWWEに行く一発屋。実のお爺ちゃん斎藤義龍が降臨し『ヨシタツ』と改名してWWEでひと旗あげようとするが、ズタボロになって帰ってきた。帰ってくるなり健想より冷遇され、棚橋を勧誘しても組んでくれないし、ケニーにボロ負けするし、平澤キャプテンに闇討ちされるし、ケガをしてタグチジャパンをクビになる。
矢野通
本名・同じ。のんだくれながら花道を歩いて、自分が出るDVDをリング上で宣伝する営業マン
反逆に真壁を襲撃し、所属する『G・B・H動物園』から大量に離反者を出した。現在、学校法人『CHAOS(ケイオス)学園』園長
棚橋のび太に対するジャイアン、元々を無免許で散髪屋を経営する荒川区だが、棚橋に「髪型どうしますか、お姉ちゃんに刺されてる新弟子の頃に戻しますか、それとも相棒のエルガンみたいにしますか?あっ、どっちもハゲか?ハイッ、ヤノ・トー・ルー(Y・T・R)!」とフッかけ、逆ギレする棚橋に店を破壊され廃業した。
この後を転職し、池袋西口公園(略称:IWGP)をブン取り『矢野西口公園(自称:YWGP)』と言うハッテン場を開くが、棚橋が現れ、ステーキハウス『テキサスクローバーホールド』に負けて大赤字、またも廃業する。
これら損失を補填するべく、飯塚とベルト泥棒を堂々と敢行する。指名手配で巡回してるテンコジ警察の股間をブチ抜いて撃チンさせるが、ピストルをイジっているうちに跳弾がヒットし、やはり負けた。
そんな彼は、久々に真壁へ乱入し、タマ・トンガのタマ・トンガを4つ強奪して観客を爆笑の渦に巻き込んだ。そのタマ・トンガは「タマ・トンガ、ドコデスカ?」と言って自分探しの旅に出るが、爆スベリ!結局これも、テンコジが本間の店にあるこけしロケットを爆買い&爆撃し負けた。
飯伏幸太
本名 同じ。隼人族の末裔。とにかく回る。校長先生に怒られても回る。しかし回り過ぎて顔が青くなってしまい、真壁から大打撃を喰らって負けた。野外でプロレスの試合があるのを見付けると、走って来て選手を手持ち花火で襲撃、すぐさま立ち去っては忘れた頃にまた襲撃するという変な性癖を持つ。ベルトがなかなか獲れなくて怒って退団。WWEにスカウトされるが、極度の寂しがり屋のため一人でアメリカに移住したくないので断った。棚橋をと見なし、新たな技を研究しボマイェ+レインメーカー=カミゴェへたどり着き完成する。早速や棚橋へブチ当てて、ネ申になれた。現在は結婚したいのに無職。おわり。おわり。
タイガーマスクW
本名・正体、一切不明。テレビ朝日で放送中のタイガーマスクWタイアップとして突如、新日のリングに現れたレスラー。レッドデスマスクやタイガー・ザ・ダークを相手に、「その場飛びムーンサルト」や「バミューダ・トライアングル」を仕掛けた。正体は一体、何幸太なんだ!?必殺技はカミゴ…あっ、これを言ってはいけなかった!
ケニー・オメガ
本名なし。『ファイナルファンタジー』の世界を経てやってきた。DDT所属時代の飯伏の相方。音声切替ボタンを押すと、英語も日本語も話してくれる親切設計。頭の中身が8ビットなので、ゴミ箱・スプレー・ハシゴ・なかまをよぶ・波動拳・昇龍拳時よ止まれ!エアーマンが倒せないファイナルアトミックバスターを使い新日本を苦しめる。卑怯者だが「G1のGはゲイじゃねえ、俺はそっちじゃねえ!」と公言し、2016年にフェアプレーでG1クライマックスを優勝している。
タマ・トンガ
本名:アリピート・フィフィタ。こんな小さい虫みたいな名前なので、父キング・ハクがリングネームを考えてくれた。危うくタマ・キングになりかける。名前を変える所で、矢野が性的な意味でイジり始め、観客に笑われた。公開処刑だ。
2世レスラーだが、バカボンじゃない。タンガ・ロアと言う弟がおり、こちらの方がかっこいい。
バッドラック・ファレ
本名:剛田武。棚橋のび太に対するジャイアン。タマの弟に良く間違えられる。正しく言えばタマより年上で、同じトンガ出身から義兄弟の契りを交わしている。
棚橋が頑張っても投げられない巨漢で、ヒップアタックやスピアタックルで押し潰す。
バッドラックフォールを使わず特に早く試合を終えたければ、フルーツ爆弾『グラネード』を投げて瞬殺する。
リコシェ
本名:トレバー・ディーン・バード・マン。空飛ぶ軽自動車。低燃費で空を飛べ、滞空時間が長い。
高橋広夢が憧れる1人で、リクエストへ答えてヒップアタックをした。
KUSHIDA
本名 櫛田 雄二郎。幼少より「虎の穴(自家用)」にてプロレス修行に励み、弱冠10歳にしてヘルレイザーズ(個人)としてデビュー、共に修行していた16歳の実兄バットマン(偽)を相手に「フランケンシュタイナー」を決め、「一人ダブルインパクト」でフォール勝ちするという快挙を成し遂げた。その後、虎の穴を抜けた為にミスターX(架空)より刺客を送られ、高田道場ZSTハッスルチカラSMASHと渡り歩くことを余儀なくされる。TAJIRIと共にミスターX(架空)を無事退治した後に新日へと辿り着く。
高橋広夢
本名 同じ。当初をKUSHIDAに憧れて地元・八王子から中央本線を追い抜いて飛び回るアクロバットを披露するが、新宿2丁目で途中下車してしまい矢野や男色ディーノに『股間のタマ・トンガ』を奪われるなどしてやさぐれた。
そしてKUSHIDAの地元・蒲田へ行かず、メキシコへ逃亡しホモを極めて帰国し、憧れのKUSHIDAを舐めて襲うカマイタチになって帰り、常磐線へ乗り継ぎ足立区に時限爆弾を投げて内藤塾長に弟子入りする。いまだ男色ディーノに奪われたディープキスの味が忘れられないのか、しょっちゅう舌を出してはおねだりを欠かさない。
メキシコ関係なく、精神年齢は5歳以下(IWGP・ジュニアベビーウェイトチャンピオンシップ!)。ベルトへ話しかけたり、人形をぶつけ合って遊んでいる。
ウィル・オスプレイ
本名 ウィリアム・オスプレイ。オカダがレインメーカーで購入する専用機。CHAOSが所有するなりいきなり機能して、バージョン遅れで田口メスプレイを瞬く間に撃墜する高性能。ベストオブスーパージュニアを得ているが、バック・トゥ・ザ・フューチャー、KUSHIDAの性能に勝てず失速、さらなる高機能へ改造中。
ザック・セイバーjr.
本名 花輪くん。オスプレイと違いヒョロヒョロしてる体格。それも起因し、初め柴田からベルトを奪う際に鈴木みのるに乱入してもらい、鈴木軍へ加入する条件で降った。同じジュニアのデイビーボーイ・スミスjr.やドンキーコングjr.やヘンリー・ジョーンズjr.や千原ジュニアの類で、精神年齢もジュニアで居る。
YOH
本名 小松洋平。名前がラッパー。SHOと一心同体でフュージョンできる事から『風神』を名乗り一緒にアメリカへ遠征する。タッグの名前は『TEMPURA BOYS』で、彼はかき揚げ。
SHO
本名 田中翔。良く中田翔野球選手と間違えられるために、この名前に変えた。アメリカへ遠征し『雷神』を名乗るエビ天。
チーズバーガー
本名 ロナルド・マクドナルドマクドナルドが送り込む刺客。173㎝・62㎏と超小柄、そしてセコい。自分一人でフォールをおろか相手を投げる事もできなくて、フォールしてる相手へさらに乗っかる。しかしエルガンが最後の一人になり、リング内で投げっぱなしを食らいまくり負けた。
味方のスコットが彼を廃棄処理したくてモスバーガーBullet Clubへ投げつけるが、断られてトンカツを添えられて戻ってきた。
北村克哉
本名:同じ。ドン・キホーテからドン・キーコングになって筋肉一つで出世した。その筋肉が禁止薬物と判ると、一気に弱くなって連戦連敗が続く。
全日本プロレスへ出稼ぎに行き、秋山準社長にまで負けた。
海野翔太
本名:レッドソックス海野。後述するレッドシューズの息子。海野を『うみの』と読まず、「うんの」と読むらしい。
それはさておき、彼は良く走る。3往復しながら相手にヒジテツをブチ当てる。そして失速し、良く負ける…。

レフェリー[編集]

ミスター高橋
山本小鉄のレフェリー退陣後、2000年頃まで新日レフェリーのリーダー格。引退後、プロレスの殆どがケツ決め(結末だけ決まっている)であることを暴露本にてバラした。ケツ決めは力道山木村政彦の時代からそのメモが見つかってる上に、WWEは株式上場の際にケツ決めどころか試合そのものに脚本があるのを公表してるにも拘らず、21世紀になっても真剣勝負だと信じて疑わない無垢なプロレスファンを失望させた。しかし、業界はこれを利用し、総合格闘技に圧されても打開策を打ち出せない己の無策を、暴露本がプロレス人気を凋落させたのだとして高橋に全責任を擦り付け、高橋を業界より半ば追放した。
タイガー服部
獣神サンダー・ライガーの実父。上記の通りライガーをサーカス小屋に6000円で売り飛ばし、その資金で自宅の庭にモチモチの木を植える。主食はモチモチの実。
レッドシューズ海野
駒大苫小牧高校を卒業後、高卒ルーキーとして東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。240kmの剛速球を武器に現在100連勝中。愛称はマー君。

背広組[編集]

いわゆる裏方。全員が新日のために尽力してきた人物であるが、良くも悪くもアントニオ猪木の影に翻弄されてきたと言える。

新間寿
猪木の傅役。猪木のワガママ、無理難題、億単位に上る借金の返済、それらの成就はほぼ100%、この男が尽力した結果である。しかし、あまりに猪木が無茶を言い過ぎるので度々ケンカ別れしており、ただすぐに仲直りしている。猪木にとって言わばオカン同然の存在である。一時期、その手腕を買われてWWEの副会長を務めたことすらある。この男が幕末に生まれていたならば開国も、不平等条約も回避されていたことだろう。
永島勝司
猪木の懐刀が新間なら、長州の片腕が永島である。マスゴミ上がりで、空き巣なみに金の匂いに敏いゴマシオ。長州の裏で金になると思われることのありとあらゆる策謀を仕掛けてきた。そのストレスの捌け口として佐々木健介パワハライジメぬき、その結果、過度のストレスを溜めこんた健介が暴走、練習生の検閲により削除いう悲劇を生んだ。つまり永島が間接的に殺したも同然なのであるが、永島はそんなものを気に病むような面の皮では全然無い。長州が新日を離脱すると共にWJプロレスを旗揚げ、新日から選手の引き抜き工作を行ったが、永田さんにはしっかりと永島の仕業だとバレていた。その後、WJプロレスが活動停止になると、長州からはもう金の匂いがしないのを悟って見限る。とはいえ、新日からは恨まれているので戻るに戻れず、新日に次いで金の匂いのしたDDTに接近してその顧問に就任した。
まぁ、やり方は兎も角として、Uインターとの全面対抗戦などで新日を盛り上げたのは間違いなく永島の手腕によるものであり、この男が応仁の乱頃に生まれていたならば、日野富子も米相場を操ったり高利貸しなどで金策に走る必要は無かったことだろう。
田中ケロ
本名 田中 秀和。リングアナウンス芸を確立した唯一無二の男。ベイダーが両国国技館で破壊の限りを尽くした際、全選手が手を拱く中にあって、涙を流しながら自ら土下座して許しを請うたほど新日への愛が深い新日の…ならぬ。選手と行動を供にしていたら、いつの間にやら自分もマッスルボディと化していたほど愛が深い。しかし、猪木と娘婿の傍若無人ぶりに、新日への愛の深さ故にそれを憎み退団、藤波辰巳ドラディションに移籍した。ところが、藤波が田中一人に営業の仕事を丸投げするというコンニャク経営術の極みを味わわされて、失意に打ちひしがれながら退団していった。
草間政一
社長に就任した藤波辰巳によりメチャクチャにされた新日を立て直すべくやってきた雇われ社長。猪木や古株背広組のワガママがそのままシステム化されていた新日を、まともな企業へと作り直そうとした功労者なのであるが、それを嫌忌した猪木によりマスゴミや旧態依然の背広組、我儘放題の選手らを扇動されて一揆を起こされ、遂には追放されてしまった。結果、新日は再び猪木の魔手に脅かされることとなる。
上井文彦
坂口社長体制に入る前から新日を影で支えてきた執行役。猪木システムの行き詰まりを判らない背広組および選手ら旧態依然派と、新日を優良企業にしようとする草間社長ら変革派との板挟みの中でマッチメイクに奔走したが(上井自身はどっちかというと旧態依然派だが)、足掻けば足掻くほど裏目裏目に出てしまい、遂には堪えきれなくなって上井駅へと旅立ってしまった。
サイモン・ケリー猪木
猪木の娘婿。草間社長により優良企業として正常化しつつあったシステムを、元の猪木独裁システムに戻すべく新日の社長とされた猪木の傀儡電通に勤めていた頃に培った策謀を駆使して諸々仕掛けを打ったが、観客らの反猪木感情が高まるにつれ居た堪れなくなって遂には猪木と共に脱北、猪木のネームバリューだけで保っている団体IGFを旗揚げした。
菅林直樹
元は新日の営業部長で、猪木とサイモン・ケリー猪木が夜逃げした後に社長となる。旧態依然とした背広組、および所詮は一般企業に勤めた経験もバイトの経験も、インディー団体で金銭的に苦慮した経験も無いために、経営の事とか考えようともせず我儘放題でお花畑脳な選手らがようやく己の過ちに気付いた時には新日は火の車で、その中で何とか会社を立て直した功労者。
ただし、IWGPヘビー級のベルトをほぼほぼオカダ - 棚橋間で持ち回りにするという、その悪しき慣例を作った張本人でもある。結果として、中邑や大きい有力者がWWEへ引き抜かれる報いに遭う。

ルール[編集]

新日本プロレスのルールは大日本国憲法により定められており、改正する際には国民の過半数の同意、火、水、土、風のクリスタル、てんくうのつるぎが必要となる。

なお勝敗は以下の方法で決する。

ピンフォール
相手の両肩をマットに押さえつけ、3年待つ。
ノックアウト
なんか疲れちゃって、立てなくなったらだめ。
ギブアップ
痛い痛い!やめて!
リングアウト
門限、なんかキビシくなぁぃ?
反則
てめえ、それ、どこから持って来たんだ?