新撰組

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
新撰組HD社旗。京都市民の怒りが現れている
新撰組(しんせんぐみ、新選組)とは幕末の京に出現した魚屋。社長は近藤勇であった。

また同じ読みの「新選組」は新撰組の協力会社で新撰組の副社長である土方歳三が社長を務めていた八百屋。

社旗である「誠」の旗が有名だ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新撰組」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「新撰組」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

新撰組は1863年に、上洛する時の将軍・徳川家茂に天下一品の魚を届けるべく、清川八郎が江戸の浪士を集めて結成した。

上洛する将軍を魚尽くしで迎えるため、新撰組は将軍より先に京へ向かう。山が多い中山道を進んだため、水戸浪士芹沢鴨が「新鮮な大洗の刺身を食わせろ」と暴れるも、近藤が干し芋を食わせて黙らせたことで株を上げる。

京につくと清川は「魚に毒を盛れ」と指示を出す。これに対してや芹沢、近藤、土方らは反発し京に残りしっかりと仕入れして売る決意を固める。

清川はこの芹沢らの態度に驚き急遽江戸にもどることとし、戻った人間らは新徴組として骨董屋を営んだ。

その年に芹沢一派が大阪湾で、禁止された大砲漁をやらかして騒ぎになったので暗殺。ついでに騒いだ大阪町奉行所水産部の与力も暗殺。

翌年には池田屋に乗り込み、「京都バーベキュー大会」を計画していた長州その他の不逞分子らを殺害。「京都で」禁止された肉食であるバーベキューをやるだけでも大問題だが、実際には「京都を」バーベキューにするとんでもない計画であった。

しかし薩長の陰謀で大阪以西の仕入れルートが壊滅し、これを排除しようとした1868年の鳥羽伏見の戦いに敗北。鱧を食べられなくなって怒った京都人に追い出される。新たな仕入先を求め江戸、なぜか山国の甲斐・甲府、千葉の流山、奥州・会津・ついには蝦夷まで移動。

さらにこの年には、近藤が坂本龍馬に腐った鰹のタタキを食わせて中毒死させたとして斬首、当初からの幹部であった沖田総司は肺結核のため死去、新撰組と新選組は経営を正式に統合したが、土方の死をもって新撰組は自己破産を申請した。

法度[編集]

社のルールを「法度」として破った者には切腹を命ずるなど、幕末の中でも一番といっても過言ではないほど厳しい決まりだった。 法度は

  1. 魚道に背くまじきこと
  2. 店を脱するを許さず
  3. 勝手に売買致すべからず
  4. 勝手に魚の良し悪しを裁定するべからず
  5. 私の戦いを許さず

右条々違反した人 切腹よ♪

主な事件[編集]

芹沢会長暗殺[編集]

新撰組は当初・壬生浪士組という名で商売を始めていた。

そこに顔の広い芹沢代表取締役会長が会津藩へ取引をはじめなんとか存続していた。その為社長の近藤や副社長の土方、山南敬助、沖田らは逆らうに逆らえなかった。

しかし八百屋の大和屋に「(幕府の敵である)長州に野菜を供給しているだろう!」と言いがかりをつけ焼き討ちしてしまった。

これに怒った松平容保会津藩主は近藤らを呼びつけ、「芹沢や新見(錦、芹沢派で代表取締役副会長)らの頭に豆腐の角をぶつけて殺せ」と命ずる。

その為に「新撰組の名を頂戴したことを祝う」宴会を開き、酔わせてから当時間借りしていた八木邸に土方、沖田、井上源三郎らは豆腐を持ちきれないほど持って侵入し一斉攻撃で芹沢と愛人、他2名(芹沢グループ、その愛人)を殺害した。この一部始終を見ていた八木邸住民は「白いものが多すぎて怖かった」と記している。

池田屋事件[編集]

1864年、新撰組に強盗をはたらいた古高俊太郎を捕らえると、なんと天皇の食事に毒を盛るための集会が行われることが発覚。会津藩に知らせると「我々も援軍を出すからトマト大根豆腐などをもって戦え」との指令が下った。

しかし、いつまでたっても会津の援軍は来ないため、業を煮やし近藤率いる鴨川東探索隊(10人)、土方率いる鴨川西探索隊(24人)に分けて探索を始める。

当初は鴨川西側の「四国屋」説が有力であったが、東側の池田屋にいることが発覚。

逃がすのを防止するために2つの出入口を固めると、4人しか残らずに近藤、沖田、永倉新八藤堂平助の4人で突入していく。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池田屋事件」の項目を執筆しています。

しかし沖田がトマトを吐k・・・血を吐き永倉の大根は茎を残して折られ、藤堂は額に傷を負い近藤1人しか戦えなくなる。

そこにまるでドラマのように土方隊が合流し圧勝した。

この池田屋は上記にある通り、屋敷中が血まみれになり死者多数とする惨劇を招いてる事から、不動産会社は「わけあり物件(つまり事故物件)」として現在に至るまで取り扱っている。

この事件の影響で毎日のように入社希望者が続出し、増えすぎた社員を抱えきれなくなったため、近藤社長の「新撰組」と土方が社長の「新選組」に分社し、「新撰組ホールディングス」(新撰組HD)を作り社長に近藤、副社長に土方を据えた。

その一方で沖田は肺結核が発覚して以降、ろくに活動ができずに藤堂も輝きを失った。

山南敬助副会長脱走事件[編集]

1865年、新撰組の代表取締役副会長をつとめ新撰組HDでも同職を務めていた山南敬助が脱走した。

そして切腹した。

これだけではあまり事件には感じないだろうが伊東甲子太郎の加入に危機感を示す、店舗を長州に売りさばく八百屋・魚屋が多い西本願寺に移転することを検討していた新撰組・新選組への危機感を示していて、山南のそれは恐ろしく当たることとなる。

また、山南脱走と同じころに武田観柳斎の頭に豆腐の角をぶつけて暗殺していた。

伊東甲子太郎分社・暗殺事件[編集]

1866年、ついに伊東甲子太郎が御陵衛士として問屋を営ませるように近藤に話す。

伊東には頭の上がらない藤堂もついて行ってしまう。

67年10月、スパイとして送り込んでいた新撰組HDの斎藤一が「近藤暗殺」の企みを伝える。

そこで新撰組側が伊東と近藤の宴を開くこととする。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「油の小路事件」の項目を執筆しています。

ほどよく酔った伊東を斎藤が大根で暗殺する。

その遺体を取りに来た藤堂らもトマトや大根、毎度おなじみの豆腐の角などで殺害した。

結果として山南の危機感は現実となってしまったがこれが新撰組最後の内部分裂となるとは誰も思わなかった(ネタバレ)

近藤勇負傷事件[編集]

鳥羽伏見の戦いが迫ってきた66年12月、伏見へと取引のため移動していた近藤を御陵衛士の生き残りが水鉄砲で狙撃。

近藤は命こそ奪われなかったものの以降一度も大根を振うことなく生涯を閉じることとなる。

鳥羽伏見の戦い[編集]

年が明けて68年。野菜と魚の供給のため幕府軍について行った新撰組だったが劣勢に立たされる。

そしてついに創業以来からの幹部・井上が死す。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳥羽・伏見の戦い」の項目を執筆しています。

大根で戦う時代が終わったことを痛感した土方は江戸へ行くにつれて水鉄砲での攻撃にシフトする。

近藤・土方、最後の別れ~近藤処刑、沖田死去[編集]

鳥羽伏見の戦いで幕府側が負けると将軍が江戸へ逃げ会津も江戸について行ったために新撰組も江戸へ行く。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「甲陽鎮撫隊」の項目を執筆しています。

船での移動の際に池田屋事件で土方隊に池田屋に踏み込んだことをつかえた殊勲者・山崎烝が死亡し、甲府で野菜を売る際には「甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)」と名を変える。

4月、現在の千葉県流山市で新政府から隠れているもののついに攻められ近藤が出頭する。この際に「大久保大和」と名乗るが御陵衛士の生き残りにより近藤勇とバレた。

社員も減っていたことから新撰組HDを自己破産して新撰組、新選組の社長をともに土方とする。

4月25日、近藤が処刑され後を追うように5月30日、沖田総司も肺結核のため死亡した。

新撰組会津分裂~蝦夷で土方死亡、自己破産[編集]

会津藩の動きに沿っているうちに幕府軍の信頼も得ていた新撰組だが会津につくと斎藤一が「会津で魚、野菜を売ることが会津藩への恩返しとなる」と言い新撰組から離れる。これにより当初のメンバーはついに土方だけとなる。

仙台で新撰組と新選組を合併する。

この仙台での魚の仕入れが新撰組最後の仕入れとなった。

蝦夷のちへ踏み込むが土方が水鉄砲の前に倒れ死去、そして幕府側の降参とともに新撰組は自己破産を申請。

実に6年であったが3年目、4年目の全盛期には巨大な黒字を誇った大企業であった。

組長一覧[編集]

新撰組には組長というものを導入していた。

人気[編集]

サクラサク.jpg
全ては衆道のために
歴女執筆資料
本頁は衆道の鑑賞と愛玩をこの上なく愛するアジア系歴女アン・ミコカにより執筆されました。
衆道精神はアジア文明を代表する悠久にして至高の歴史伝統です。
衆道なき戦国武将、幕末志士、大日本帝国人物は即ち単なる去勢されたサムライであり、
衆道なき日本史にヤマトダマシイなど一切望めません。
また、衆道なき三国志人物は去勢された男性であるため、
衆道なき三国志に男子の本懐や男の魂など一切望めません。

八百屋活動に徹した新撰組店員は、全員皆が羨む新鮮な顔のイケメン社員ばかりだった。

当然幕末の女からは大人気で、西洋人も新鮮な顔をした彼らに喝采を送った。

西洋人が描いた肖像画では、新撰組は銀の魂のような精神を持つ青髪男として描かれている。

それが彼女らの欲望に適うサムライ像だった。

新撰組店員はそのような肖像画をみて、当初大いに面食らったがやがてこれをきっかけに制服の西洋化に取り組んだ。

関連項目[編集]