新居浜市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

新居浜市(にいはまし、しんきょひんし、丁寧に読むと、おにいはま・し)は、四国愛媛県東予地域に位置する都市である。

新居浜といえば、住友グループ大阪で商売をするための財源を稼ぐため(いわゆる「金づる」)に開発した「別子銅山」と、それらに関連した住友系企業の生まれ故郷として知られており、「住友市」と呼ばれる程の歴史を持つ。また、住友グループ自身と住友の恩恵を受ける人々、そして新撰組33番隊の近藤局長を信愛する人々にとって、聖地となっており、足を向けて眠れないとも言われている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新居浜市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「新居浜市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「新居浜市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

今はは掘っていないが、銅がきっかけとなって開けた機械・化学製品製造が盛んであり、住友グループを親分にして大小の工場や多数の海・陸運業者が集積する企業城下町となっている。他の地方で言えば、銅山町から企業城下町になった「日立市」こと助川のような存在である。また、病院の数も100以上あり、中には住友が自ら設立した病院もある。医療分野においても東予の中心都市として君臨している。さらに、市内には新たなる創生物(兵器・人物等)を開発していると言う噂があり、次は何が出てくるか不明なため、いろいろな意味で、四国の要塞都市である。

地理[編集]

愛媛県の東部、瀬戸内海に面した海と山が両立する街で、実際、町の発展も海側(生産物を搬出するための港や、それに関連した工場群)と、山側(別子銅山)という両極端な発展の仕方をしたため、近年までその中間地域は寂れていた。現実に、現在は山側が産業遺産化(もしくは自然に還りつつある)しており、『東洋のマチュピチュ(遺跡)』[1]と言われる異世界地域も存在している。こちら側には、道の駅と称した温泉もある一大テーマパーク『マイントピア別子』もある。そして、海側に行けば行くほど大都会の様相を見せているが、中間地域に存在する新居浜駅の周辺は、降り立った瞬間では、ここが愛媛第二の都市とは誰も考えないと思われるくらい、とても田舎であるが、これも外部から来た人を油断させるためのだまし絵であり、注意が必要である。今治市が周辺市町を食べ、巨大都市になるまで長年「愛媛第二の都市・四国第五の都市」(つまり、県庁所在地以外では一番人口が多かった)の座に就いていた。今でも今治の次につけているが、周辺に西条市、四国中央市という同等規模の都市が出来たため、目立って大都市という感はしなくなってしまった(ただ、前述の通り、今治や西条・四国中央市は周辺市町と合体して大都市となっているが、こちらは人口約300人のベッシヤマ村(合併前まで、村自身が水力発電所を作り、村の電気を自己生産していたエコな村)と養子縁組しただけなので、そういう考えでは今も愛媛第二の都市かもしれない)。産業都市であるが故、労働組合の結束を恐れ(それが要因かどうか知らないが祭り好きで四国三大祭のひとつも新居浜で開かれる)、県や国の出先機関は隣の西条市に集まってしまい、東予の中心都市らしくない不甲斐ない一面をのぞかせている。今後何度か出てくるような気がするが、新居浜と西条と今治は何かにつけて主導権を争っている芸能界にもその兆しが…

しかしながら、今でも経済都市としては優位に立っており、「新居浜都市圏」と呼ばれるように、国の指標指針の基準となっているが、これも隣の西条市からすると不満なようである(「なんで新居浜だけが注目されるのか分からん」と言い、「うちらのほうがすごいとこいっぱいあるんやで」と言っているとか・・・)。

新居浜と西条あたりは、平地が多く、「道前平野」と呼ばれているが、実は街の境付近に低い山ではあるが、土地の隆起が見られる。実はもともと平野だったが、住友の団結力を恐れ、行政機関を避難させた西条側に攻め込まれるのを防ぐため、国と県が秘密裏に作った擬似山脈であり、「万里の長城」よろしく、両市の対立を休息させるための苦肉の策である。とはいっても、元をたどれば「新居郡」と言う同じ集まりから分離した街であるため、互いに「いつかは一緒にならないと」という思いはあるようである。

歴史[編集]

城郭がないことから、商業・製造業(住友財閥)によって発展した街と言える。市内各地には産業遺産がふんだんに残されており、今でも利用されているものもあるらしい。城下町は城下町でも住友の「企業城下町」として有名である。

市では、クスノキツツジ、そしてツツジの一種である銅山峰に咲く高原植物のツガザクラを崇拝しており、ツガザクラについては、崇拝のための歌も作られた(演歌で、後述の30代の女性が、中学生のときに歌ったもので、大人びた歌唱が伝説となっている。歌名「つがざくら」)。

経済[編集]

今でも住友の力は莫大である。市内では住友自ら電気を作り、工場や一部の家庭に電気を届けている。銅を掘るために機械を作ったのが今の「住友重機械」であり、日立と似たような経路をたどっている。過去には住友が自前で銅を運ぶ貨物鉄道を運行していた。しかし、今治同様、月賦払いを勧めてきた百貨店新居浜大丸では、顧客の月賦倒産によって百貨店自ら倒産の憂き目に遭っている。また、徳島に本社のある一太郎の生みの親「ジャストシステム」の社長は、ここの出身であり、市内に事業所を置いている。

また、この街では、ジェットコースターを大量生産し、全国各地の遊園地に輸出している。

特筆すべきこととして、都市銀行である住友銀行(現・三井住友銀行)の四国内の支店があるのはここだけである(最近松山市にも出来たが、一般には非公開である)[2]

交通[編集]

高松宇和島を結ぶ予讃線は、四国の貨物輸送にとって主要な路線であるが、新居浜駅もまた、たくさんの荷物を全国へ出荷するための要塞のひとつである。また、東予地区の無人駅の支配者ともなっており、隣の伊予西条駅が運転上の要衛に対し、新居浜駅は貨物輸送、施設管理の要衛駅となって、主導権争いをしている両市に対し、JR四国として、痛み分けとしている。また、前述のように市民は祭り好きで、電化するときも、「神輿が架線に引っかかる」と言ってJRと戦争状態になり掛けたため、新居浜・西条近辺のみ遅れた経緯もある。また、瀬戸大橋が出来る前は、海運によって商品を搬出していたため、今でも重要港湾「新居浜港」を擁しており、税関の出先機関がある。大阪・神戸方面へは、その名も「オレンジフェリー」が大体毎日往復している(でも運行会社である「四国開発フェリー」の本社は隣の西条市にある)。最近、江戸の船の科学館で展示されていた青函連絡船を引き取ることが決まり、これを「移動型海上要塞」として開発することにしたようであり、脅威が増す可能性がある。

過去には、バスまで自前で運行していた(戦後の一時期、とてもクリーンな電気バスというものもあった)。ただ、現在は、過去ライバルだった今治の「瀬戸内運輸」が吸収している。

新居浜市上空で、航空機の操縦を代わるときには、「アイハブコントロール・ニイハマコントロール(ユウハブコントロールの代用)」を使わなければ、別子山にあると言われる魔砲によって撃墜される恐れ大なので注意が必要である。

養子縁組先の『別子山村』へは、狭い山道をすり抜けなければいけないが、現在、順次拡幅中であり、時期に行きやすくなることは確実である(前述の異世界に行くには、この道より分岐したさらに狭い道に入らないといけない)。

マスコミ[編集]

東予地方の中心らしく、テレビラジオ新聞関係の支局が軒を連ねる。特に、南海放送愛媛唯一のAMラジオ局・テレビもあり)については、松山の本社とは別のコールサインが与えられ、独自のテレビ電波が発することが出来る(ラジオも同様。テレビは、例のあの政策によりついに独自電波発信はできなくなる。)ため、何かあったときには、放送において新居浜色いっぱいの番組を流すことも出来る(ただし、今まで1回も発動されたことはないが)。ラジオでも、今治にあった中継局を、電波出力増波により淘汰している。ちなみに、日曜日深夜はラジオは24時に終了となるが、日曜23時半からの番組は、キュアブロッサムキュアハッピーの番組で締めている。この時間にはラジオが新居浜市内のあらゆるスピーカーで流され、聴取率100%らしい。そして、月曜の朝は、心地よく日々の生活を始めるのが慣わしであるとか・・・。

名物[編集]

松山の一六と対抗するハタダのタルト別子の名を冠した飴醤油等いろいろあるが、最近の名物は四国ではまれに見る有名人の多さかもしれない。スポーツ選手から財界人、俳優歌手と多種多様である。かつては赤外線天文学を専攻し名古屋大学の学長も務めた宇宙物理学者も輩出したし、最近の注目としては、オバマコピーを作り出してしまったことである。こうして、日本各地に新居浜のDNAを蔓延させ、住友とともに国の主導権を虎視眈々と狙っている(最近になり、市役所内部に「全国にいはま倶楽部」なる秘密結社を組織し、出身者たちに啓発活動を行っている)。ただし、声優という人は今のところ演歌歌手から転身した(現実はプロの演歌歌手に本気でなりかけた三十路女性一人だけである(ただ、一人で歌手・ナレーションもこなすため、十分にその役割を果たしてはいるが)[3]

新居浜出身者は、自分の街を誇りに思っており、芸能人にしても、「私は新居浜人」と包み隠さず言うのが常であり、とある劇作家は、ある番組において「もうすぐ日本三大喧嘩祭りの新居浜太鼓祭りがあるぞ」とおおっぴらに言ったりしている。さらに、上記の女性も、新居浜市を殊更に強調し、加え某球団の「守護天使」をしているくらいに、お祭りが好きなようである。他の市民や出身者も同様であろう…。

このように、ものつくり精神旺盛な街であるのは確かで、今も別子銅山の坑道跡の地下で、日々新たなる創作物を生産し続けている

太鼓祭[編集]

市内一部では「有名な祭り」として、観光に資するイメージ売り出しを図る者が昔からいるし名前もそのように思えるものだが、これは断じて祭りではない。死をも恐れぬ殉教者達による、神聖なる格闘技である。 太鼓台同士をぶつけ合う鉢合わせこそがメインイベントであり、その戦いの中で生じた死者たちは、その年の歳神様への生贄として捧げられる。ちなみに太鼓台の舁き手だけではなく、一見観客に見える周囲の見物人たちもまた、このルール無用デスマッチの参加者であることは言うまでもない。故に、この行事の神聖さを知らぬまま来てしまったよそ者がたまに死んでしまっては、市に文句を垂れてくる。

警察はこうした死者が出ることを嫌い、法律を盾にこの殉教行事をやめさせようとしているが、愚かしいことである。この鉢合わせこそが新居浜市民の最高の死に場所と信じられており、「新居浜市民は鉢合わせで死ねば戦乙女によって、年中太鼓祭りが開かれているヴァルハラ宮殿へ行くことができる」と、子供の頃から鉢合わせに殉ずる戦士としての心構えを、気違い化以前の北欧よろしく教育されているのである。この教育熱心さゆえ、県内で新居浜のイメージ調査をすれば、この行事が一位になるであろう。老若男女問わず、この行事のために一年を生きてきたという猛者熱狂者勇者も存在する。本項編集子の一人は、『盆も正月も仕事しろと言われればしても良い。ただし祭りの間は休ませろ』と言われた事がある。なんという熱狂ぶり。祭の内容に関してはお察し下さいなものであり、軟弱ぽこちん野郎は参加しないのが身のためである。

少年少女はこの血みどろの合戦を無邪気な心で楽しむようだが、大人になるにつれ、騒音と散らかされるゴミ、花代と称した謎の献金集めのウザさに閉口させられるようになる。ただし、市内でこのような文句を言えば瀬戸内海に沈められる恐れあり。毎年続出する怪我人や、女性のかき手参加は禁止であったことによる一部フェミニスト団体の抗議などもあるが、参加している当人たちは99%がDQNなので誰も気にしない。むしろ、この太鼓祭りの鉢合わせで死ぬことが、新居浜市民の最高栄誉と考えられているフシがある。しかしまあ、一見の価値はありなので一度ぐらい見に来てもいい、かもしれない(命の保証はしない)。最低限のマナーを守ってこの殉教祭りを楽しんでいただければ幸いだが、はっきり言って地元民の方が態度が悪いのは禁則事項です。また、最近では大人気ドラマ半沢直樹の浅野支店長も輩出しており、目が離せない。

脚注[編集]

  1. ^ 一般では観光以外では立ち入り禁止だが、例外として、近藤局長がシングルのPV撮影に使用したことがある。これについては、市側としても大歓迎だったようである。
  2. ^ 実は、三井住友銀行の四国内の支店は、高松市にもあるが、こちらは旧・さくら銀行(三井銀行)のほうである。
  3. ^ 先日、声優としては初のオリコン週間チャート1位獲得に際し、新居浜市の広報官は、「音楽業界において、国内で最も権威のあるオリコンアルバムの1ページに新居浜のDNAが刻まれたことに感動している。これからも大いなる活躍を期待します」とコメント。住友についても、「今後、メイドイン新居浜の製品には、特典として、彼女のCDを付けることにする」と発表していると言う。

関連項目[編集]


この項目「新居浜市」は、執筆者が銅職人だった可能性もありますが、明らかに迷作です。美しい銅版に仕上げて下さる熟練職人を求めています。 (Portal:スタブ)