新宮市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新宮市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「新宮市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「新宮市」の項目を執筆しています。

新宮市(しんぐうし)は、和歌山県の南東の端っこにある、陸の孤島の小都市である。熊野三山の一つ・熊野速玉神社の鳥居前町で、熊野三山の拠点という面も持っている。

各界からの語録[編集]

「新宮よ、伊勢の生と引き替えだ!州都名古屋の中部州に入れ!!それとも、そのめはり寿司で、名古屋と勝負するかね?」
新宮 について、霞ヶ関
「とんでもない奴だ!房総半島の館山に交流や救援を受けらればいいのに!!」
新宮 について、ドラえもん千葉県南房総市
「地震や台風が起こった時、紀伊半島の仲間たちが行政的にも一緒になって救出してくれると信じる事ができるから、新宮市民は地震や台風と隣り合わせの紀伊半島南端でも暮らせるのです。」
新宮 について、バロム大佐
「お前にも見せてやろう!紀伊半島、そして新宮の本当の悪夢をな。」
新宮 について、ナイトメア
「俺たち、伊勢街道と熊野古道で結ばれとるんやっけ。相思相愛や!」
新宮 について、小倉隆史
「紀勢本線の新宮から名古屋までを、早急に電化してくれませんかね。大阪と名古屋は新宮の仲間、同じ紀伊半島ですからね。」
新宮 について、二階俊博
「お気に召すまま新宮市(SUMMER CITY)!」
新宮 について、TUBE

概要[編集]

紀伊半島の南端でも、比較的大きい街。最近、熊野川町を編入して観光資源を多く獲得できた。桃太郎電鉄で、大半の作品で目的地の一つにされるのは、(1)陸の孤島という要素、(2)熊野詣の外に、(3)桃太郎電鉄が大いに推す重要な要素(詳しくは下記を参照)を持っているからである。

名目上は和歌山県に入れられているが、和歌山田辺といった和歌山県内の市町村よりも、伊勢津市鈴鹿など三重県の方が繋がりが深く、「三重県新宮市」とも呼ばれている。これは、伊勢神宮の次に熊野三山へ参拝する旅行客が多かった為に、東の伊勢との交流が親密だった為である。県庁所在地を見ても、西の和歌山までは200kmもかかるのに、東の津市までは165kmで済む。紀伊半島の付け根を見ても、西の大阪までは270kmもかかるのに、東の名古屋までは233kmで済む。同じく、名古屋側・敦賀側・大阪側の分岐点である鈴鹿までも183kmで済む。奈良京都や敦賀から新宮へ行く場合も、和歌山経由より津市経由の方が近い。要するに、和歌山県とは相反する地域なのである。

天気を見ても、和歌山は瀬戸内海圏(大阪・淡路島徳島と同じ)なのに、新宮は台風銀座の太平洋圏(津市・名古屋・橿原と同じ)である。プロ野球でも、和歌山は淡路島と甲子園が目前なので阪神の地盤なのに、新宮は甲子園よりナゴヤドームの方が近いとあって中日の地盤である。空港でも、和歌山市民は関西国際空港位しか利用しないのに、新宮市民は関西国際空港と中部国際空港を使い分ける者が多い。又、多くの新宮市民は、和歌山のメディアと行政に背を向けて、三重県や愛知県大阪府のメディアを視聴している。

このように、紀伊半島の南の外れで陸の孤島である位置から、名古屋と大阪を牽制する一方で、将来は西牟婁郡を除く牟婁郡が、熊野国として独立するのではと噂されている。

名物[編集]

  • ヨシノスギ:後で詳しく。
  • めはり寿司:海苔の代わりに高菜を巻いたおにぎり。個人的には当たりハズレが激しい。田舎のおばばの作ったものが一番うまいと感じる
  • さんま寿司:熊野灘はさんま漁の多い地域。新宮駅の駅弁の一つ。個人的には当たりハズレが激しい。田舎の以下ry
  • 台風と雨:熊野灘沿岸とあって、日本の中でも屈指の雨量と台風襲来の数である。「台風銀座」とも呼ばれている。

名所[編集]

熊野速玉大社
熊野三山の一つとして有名だが、那智大社や本宮大社と比べると目立たない。
新宮城
熊野川河口に築かれた城。鉄道が通るのを邪魔して、地下を貫かれた。建物もなにもないので花見の場所以外の存在意義はない。
徐福公園
不老長寿の薬を求めて新宮に来たという徐福に因んだ公園。
瀞峡
熊野川町を編入して得られた観光資源。ここの岩は自然がつくった芸術と賞賛される。その自然の芸術を見に行くと人間が数千円をぼったくる。納得がいかない。
熊野古道
いわずと知れた世界遺産。熊野川町を編入したことにより中辺路という観光資源を得られる。
新宮駅
新宮国国歌であり新宮国民誰もが口ずさみながら歩く鳩ぽっぽにちなんで鳩が多い。お菓子を貰い過ぎて肥満気味。凶暴。鳩ぽっぽ自動演奏マシーンも完備。

論争・対立[編集]

ヨシノスギ(新宮) vs 吉野杉(奈良県吉野郡)
桃太郎電鉄は、新宮にある杉林をヨシノスギと称し、熊野古道とセットの名物・観光資源にしようとした。だが、吉野郡の市町村は、「吉野杉は古道には似合わない。林業としての吉野杉こそ本物の吉野杉だ!」と主張している。
そこで、桃太郎電鉄はヨシノスギとして表記するものの、どうも熊野古道の一環(風景)としての林であるらしく、林業としての伝統ある杉林(吉野郡の林業関係者)vs観光資源として伝統ある熊野古道杉林(桃太郎電鉄)の論争は、今でも絶えない。ただし、林業としてのヨシノスギ林もある。
新宮(東牟婁郡) vs 田辺(西牟婁郡)
平成の大合併で田辺市の面積は巨大になったものの、その併合された範囲に熊野本宮大社(本宮町)が含まれていた。そのため、新宮市は「西牟婁郡の田辺市が熊野本宮大社を持つとはけしからん!!」「熊野本宮を東牟婁郡に返せ!!」ということで、敵対の溝は深まっている。
紀伊半島の付け根(名古屋と大阪)からの距離を見ても、西牟婁郡は潮岬以西なので、大阪の方が近いのに対して;熊野三山が立地する東牟婁郡は潮岬以東で、名古屋の方が近くて台風銀座である。熊野本宮大社から沿岸の駅に出る場合も、新宮駅の方が圧倒的に近い(新宮駅…33km。紀伊田辺駅…63km)。
新宮(紀伊半島の先端) vs 名古屋(紀伊半島の東の付け根)
新宮は台風銀座であると同時に、幾度も大地震に襲われて来た。台風や地震が起こった時には、和歌山や大阪からは勿論、津市や名古屋や奈良からも多くの救援物資が送られた。ところが、新宮は伊勢志摩のいる三重県から強引に切り離された。そして、国道整備局や放送局のエリア(電気通信管理局)といったインフラ面でも、同じ紀伊半島同士で新宮や奈良との繋がりが非常に深い伊勢志摩は、名古屋にある霞ヶ関の出先機関によって、「近畿地方○○局」のエリアから強引に切り離された。災害速報を流す民放のエリアも、新宮は大阪の放送局に対して、津市は名古屋の放送局に分断された。
お陰で、新宮では、200kmも離れた瀬戸内海岸の県庁所在地のニュースを流されても、高が165kmしか離れてない台風銀座の県庁所在地のニュースを視聴できない。そして、新宮から奈良や京都へ行くにも、津市経由の方が近いのに、名古屋のワガママのせいで、津市はJR西日本のエリアから強引に切り離され、新宮から奈良や京都へ行く特急も、津市経由じゃなくて和歌山経由の遠回りを強いられている。そして、三重県には、大阪発や京都発の新快速すら乗り入れしていない。
これらの名古屋による紀伊半島の分断に対して、「三重県を中部地方へ入れるな!」「名古屋人は紀伊半島を分断するな!」「名古屋なんて紀伊半島の付け根なんだから、大阪や新宮の仲間だろ!」「三重県が大地震や台風に襲われたら助けてやるが、名古屋が大地震や台風に襲われても助けてやんないぞ!」というように、名古屋に対する新宮市民の怒りは凄まじい。鉄ヲタは「静岡県を冷遇するな」と喚いているが、名古屋の横暴に最も苦しめられている者は紀伊半島民、特に新宮を初めとする東牟婁郡である
新宮(紀伊半島の先端) vs 大阪(紀伊半島の西の付け根)
新宮は熊野古道を通じて、紀伊半島の西の付け根である大阪との交流も深い。大阪には北浜という金融街があるが、北浜は熊野古道の西の始点である。ところが、大阪は明治維新以後には霞ヶ関の出先機関の所在地となり、紀伊半島の東の付け根である名古屋といがみ合うようになった。この結果、「伊勢や新宮は太平洋岸で名古屋寄りだから畿内じゃない」っていう妄想を、大阪市民は弄ぶようになった。そして、瀬戸内海岸で四国徳島には好い顔をするくせに、同じ紀伊半島の伊勢や新宮や名古屋には冷たい顔をするようになった。この大阪市民の態度に対して、新宮市民は「同じ紀伊半島の仲間だろ!!」「奈良県の釜の飯を食って来た兄弟だろ!!」って怒りまくっている。
新宮(紀伊半島) vs 浜松(遠州灘沿岸)
紀伊半島を一周する国道42号は、当初は津市を始点にして和歌山までを結んでいた。ところが、霞ヶ関の無知な官僚によって、国道42号の始点が強引に浜松に変更されて終った。勿論、浜松県と伊勢志摩の間は海路である。
新宮に限らず紀伊半島民にとっては、半島の付け根である名古屋と大阪とは地理的・歴史的にも同じグループであるが、遠州灘沿岸の浜松なんか全く無縁である。新宮市民は、「国道42号の始点が名古屋なら理解できるが、浜松が始点なんて理解できない!」「浜松を始点にする位なら、津市を始点に復せ!」って怒り心頭である。
三重県(津市) vs 和歌山県(和歌山)
共に同じ紀伊半島同士、同じ熊野古道沿線であるが、その中の東牟婁郡(熊野三山)は三重県に入る予定だったが、東牟婁郡は三重県から強引に切り離され、和歌山県に入れられた。新宮から200kmも離れてて、大阪へ行く際の通過点に過ぎない和歌山に親近感を抱けるはずもなく、新宮市民は三重県への復帰運動も起こした。その後も、三重県は熊野古道を領地にしようと、和歌山県は熊野古道を守ろうとして、熊野川を境に領土争いのための冷戦を起こすことも度々であった。
なお、永世中立村として北山村が存在するが、新宮市はそこを編入しようと虎視眈々とチャンスを狙っているという風聞も。
しかし、新宮市の悪辣な企みに対して、北山村は決して屈しない。最終兵器じゃばらによって、新宮市は逆に北山村に合併されるであろう。

友好都市[編集]

伊勢
伊勢神宮と熊野速玉大社(熊野三山の一つ)という、南畿内を代表する神社を持つ都市。古くから熊野古道を通じて交流が深く、台風銀座という共通する気候を持っている。秋の収穫祭でも、新宮で収穫された稲は、熊野三山のみならず、伊勢神宮の稲倉にも納められている。
鈴鹿亀山
新宮・名古屋・敦賀・大阪を結ぶ交通拠点。関西本線紀勢本線の分岐駅を見ても、天王寺駅(大阪)までは262kmもかかるのに、亀山駅までは180km、沿岸の鈴鹿駅までは183kmと、200kmもかからない。勿論、熊野古道とその延長線上にある伊勢街道の沿線であり、伊勢街道と東海道の接点になっている。「関西本線と紀勢本線の分岐点が、沿岸じゃない亀山に建設された事は悔しいが、交通の要衝には変わるまい。」って、新宮市民は思っている。
もし、鈴鹿と新宮が交通的・行政的に畿内地方から切り離されると、大阪や奈良や京都で災害や大渋滞が起こった時に、迂回路を絶たれる事態に陥る。この為、交通的にも切り離せない同盟関係が結ばれている。
四日市
江戸時代に東海道と伊勢街道(伊勢・新宮方面)のジャンクションだった日永追分の所在地で、伊勢鉄道線の発着点にもなっている為、新宮市民が喉から手が出るほど欲しがっている都市の一つ。霞ヶ関の理屈によって「名古屋のポチ」にさせられているが、四日市⇔京都の距離は宇都宮⇔東京の距離とほぼ同じなので、「名古屋人は上洛大好きの愛知都民なんだから、四日市人も上洛大好きの三重都民になろうよ!!」って口説いている。
四日市の地場産会館では那智黒石が販売されている為、四日市の地場産会館を訪れる新宮市民や那智勝浦町民は、「心の友よ!!」って泪を流している。勿論、少年層のアマサッカーチームでは、四中工(四日市中央工業高校)を応援する者が多い。
奈良
かつての首都平城京で、紀伊半島の弦の中央に位置する。新宮とは、伊勢志摩など三重県各地との繋がりが深いという共通点を持っている。奈良と新宮の両市は、霞ヶ関の理屈によって、行政的に三重県から無理やり切り離されている事に苦しめられており、「名古屋の横暴を懲らしめろ!!」「大阪の妄想を戒めろ!!」って怒りは半端じゃない。
長浜
名古屋や大阪と同じ釜の飯を食って来た歴史から、名古屋の横暴と大阪の妄想を懲らしめて、自らの支配下に入れようという思惑を持っている。名古屋と大阪を懲らしめる台詞は、長浜が「同じ豊臣秀吉所縁の地だろうが!!」、新宮が「紀伊半島の付け根の分際で!!」。

交通[編集]

陸の孤島といわれるほど不便な地であるが、一応紹介。

鉄道
紀勢本線 - 列車は一時間に一本くらい。紀伊半島の付け根(名古屋と大阪)までの距離も長い上に無人駅も多い。カーブが多いため、特急は「ふりこ列車」を導入しているため非常に揺れが激しく、イチロー以外は酔う。
バス
八木新宮バス - 奈良県の大和八木駅からわずか6時間半で到達できる特急バス。ありがとう、奈良交通。
道路
国道42号 - 大雨や台風で通行止めになりやすい。これが新宮の命綱であるが。
熊野山地内の国道 - 日本のチベットと呼ばれるほど酷道が多く、素人にはお勧めできない上に、雨や台風で通行止めになりやすい。
近畿自動車道紀勢線(予定) - 開通はいつになるかわからん。開通を期待するだけ期待はずれになる可能性高い。ムダな高速道路とされる可能性も高い。・・・というか神聖な熊野古道を有する新宮周辺に高速道路を立てるとは何事か!?・・・と市民から反発されることが必至である。
空港
中部国際空港関西国際空港のどれかで辛抱しなさい。これ以上ムダな空港は不要・・・な意見が多く、新宮周辺での空港開設を期待するだけムダ。・・・というか神聖な熊野古道を有する新宮周辺に空港を造(以下同文)
海路
昔は川崎から那智勝浦経由宮崎行きのフェリーで行くことできたがつい最近廃止され、船でのアクセス路はお隣の那智勝浦等でマグロ漁船の船長に頼む以外なくなった。
水路
北山村あたりで筏を組んで熊野川を下る。帰り?知らんよ。
徒歩
実はこれが一番望ましい新宮への来訪の仕方。熊野古道経由で熊野三山を参りつつ、徒歩で行けばきっと御利益があるであろう。

商業[編集]

新宮は、愛知県に本拠地を置くサークルKの天下としても有名である。愛知県は「サークルKの天下」と言われているが、県庁所在地の名古屋駅周辺ですらサークルK以外のコンビニが進出しているのに、新宮駅周辺にはサークルK以外のコンビニが存在しない。新宮は、愛知県以上にサークルKの威力が強いのである。

この外には、200km離れた両岸(四日市和歌山)からも、大型ショッピングモールが進出し、「新宮の陣」を繰り広げている。四日市のイオングループと、和歌山のオークワも、新宮に進出している。しかし、サークルKの威力には敵わない。

だがしかし、新宮はオークワ発祥の地だったりする。(本当は熊野市発祥なんだけどゴメンしてよ)オークワが必死になるのもさもありならん。
また三重県より熊野大橋を渡って入域する場合はパスポートの提示は求められないもののオーカードの提示を求められるので必ず携帯するように。

スポーツ界では、「新宮は中日の地盤」と言われているが、商業面も同じで、紀伊半島西岸の和歌山県や大阪府よりも、同じ紀伊半島東岸の三重県や愛知県の資本が強いのである。

金融機関[編集]

百五銀行
本店所在地は津市。三重県内で第一のシェアを占める地方銀行だが、東牟婁郡内の支店は新宮しかない(泣)。新宮以外の東牟婁郡にも支店を作ってくれ!
第三銀行
本店所在地は松阪。新宮や那智勝浦どころか、津市・名古屋・奈良・大阪・和歌山にも支店があり、支店が紀伊半島に満遍なく広がっている。新宮市民には最も使い勝手の良い銀行である。
紀陽銀行
本店所在地は和歌山。東牟婁郡内には支店があるのに、尾鷲や伊勢志摩には支店がない(泣)。
近畿労働金庫
新宮は近畿労働金庫なのに、尾鷲伊勢は東海労働金庫(泣)。名古屋人よ、ふざけんな!名古屋と新宮は近畿労働金庫で問題無いぞ!!ダメなら愛知県・三重県・奈良県・大阪府・和歌山県で「海労働金庫」でも作ろうや!!
新宮信用金庫
東牟婁郡限定の金融機関。
環証券
東鳩 2のお姉ファンのための証券会社。なぜか、東鳩とは縁もゆかりも無いこの地を拠点とする。但し、「オンライントレード? 何やそれ、旨いんか?」というほどのアナログ世代向けの証券会社。

※ 現在、市役所幹部と商工会議所が、中京銀行(本店:名古屋)にも出店を要請中

メディア[編集]

熊野新聞、南紀州新聞
新宮の地元紙。発行元は同じ南紀州新聞社。熊野地方の記事が最も豊富な新聞である。
中日新聞
名古屋の地元紙。新宮は尾鷲と一緒で「紀州版」のエリア。「熊野版」って呼んでくれよ。新宮には気象台が無いので、尾鷲か潮岬の予報が当てになるが、その尾鷲の天気予報が載っている。又、新宮と伊勢のローカルニュースが一緒に「三重県広域版」で掲載されているので、三重県各地のローカルニュースも読める。
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞
新宮は大阪本社なのに、尾鷲や伊勢は名古屋本社(泣)。ふざけんな!織田豊臣組の名古屋と大阪は京都本社で充分だぞ!!新宮の天気予報はどこじゃ?新宮は津市や名古屋と同じ太平洋岸だから枠外ってか(怒)?

スポーツ[編集]

アマスポーツ
三重県新宮市」と呼ばれる通り、高校界までは三重県内のチームを応援する者が多い。新宮から和歌山までは200kmも要するが、新宮から200kmだと四日市まで行ける。従って、インターハイでは和歌山の高校を応援する者はおらず、逆に「和歌山工業を応援する位なら、四中工(四日市中央工業高校)を応援する!」市民が多い。
一方で、大学数は三重県や奈良県よりも大阪府の方が多い為、大阪府の大学へ進学する者や、インカレでは大阪府の大学を応援する者が多い。
プロスポーツ
新宮からだと、関空までの距離があれば名古屋へ行ける為、大阪府よりも、三重県や愛知県のチームを応援する者が圧倒的に多い。
プロ野球では中日ドラゴンズの地盤である。なのに、新宮ではナゴヤドームの中日戦を見られない(泣)。
又、新宮は、サッカー日本代表のエンブレムである八咫烏のお膝元の一つとあって、Jリーグでは名古屋グランパスガンバ大阪の地盤である。但し、ファンの比率的にはグランパスの方が多い。なのに、新宮ではグランパスTVを見られない(泣)。ほんでガンバ関連の番組も無い(泣)。
日本サッカー協会のエリア区分でも、新宮・大阪・奈良は関西(畿内)リーグなのに、伊勢・名古屋は東海リーグ(泣)。ふざけんな!南畿内の名古屋味噌と大阪章魚焼は、新宮八咫烏の餌食になれ!!
新宮が誇るプロスポーツ選手といえば新宮高校卒業の元阪神で元メジャーリーガーの藪恵壹投手ですが、本当は三重県御浜町の人です。

関連項目[編集]

新宮・紀伊半島関連
東近畿三県同盟