新妻エイジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。この新妻っちゅうのは。
姿見てご覧なさい。シュピーン!とか言ってるしね。これ漫画家の顔ですわ。」
新妻エイジ について、塩爺
「そ れ は 冗 談 で 言 っ て い る の か ?」
新妻エイジ について、亜城木夢叶
「新妻エイジ・・・恐ろしい子(白目)!!」
新妻エイジ について、早乙女浪漫
「赤マル巻頭だなんて申し訳ないです!オレに新妻君の代わりはつとまりませんよ…」
新妻エイジ について、麻生周一
Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「新妻エイジ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

新妻 エイジ(にいづま えいじ、18歳)は、青森県出身の現役高校生漫画家にして、数多くのモノマネ芸人によってネタにされるマネされ芸人でもある。しかし「現役高校生」を売りにしながらも通学しているところを目撃された事が無いので、不登校もしくは留年の可能性も示唆されている。

余談だが、「新妻」という苗字なのに野郎である。

目次

[編集] 経歴

  • 第76回手塚賞にて、当時15歳(高校1年生)にして『Large bander』で準入選を受賞。
  • 『Large bander』が週刊少年ジャンプに掲載され、デビュー。
  • その後も第77回手塚賞に月1本ペースで投稿し、うち『ハイテンピーブー』で入選、『ドガミデロン』で準入選を受賞。
  • 本誌連載を目指し上京。
  • 赤マルジャンプSPRINGに『CROW』を巻頭カラー50Pで掲載。
  • 週刊少年少年ジャンプ33号より『CROW』を連載中。

[編集] 人物概要

  • ド田舎地方出身の為持ち込み等の経験は一切なく、いきなり投稿してきた手塚賞にて若干15歳(当時)で準入選を受賞した天才肌である。
上のアフロが、その担当編集。
  • 故に、彼の投稿原稿をたまたま最初に手に取った編集者がそのまま担当に付き、他の編集者から妬まれている。
  • ドいn(ryの為東京の暮らしには馴染めず、基本引きこもりである。
  • 何でも(例えば亜城木夢叶の作画担当のほうの目つきを)漫画で例える癖がある。
  • 黒の長Tシャツとゴムパンを各156着づつ所持しており着回している。決して着替えていない訳ではない・・・いや・・・着替えてないかもしれない・・・なんか自信無くなってきた・・・。
  • 因みに正装はその全身黒のスウェットに羽ぼうきを何枚も背中に差した格好。ある意味宝塚歌劇団トップスターである。
  • またダンスの腕も超一級品で、常に踊っていないと作業に支障を来す程である。
  • 好きな漫画家は亜城木夢叶。
  • ライバルは早乙女浪漫
  • 苦手な人は担当の雄二郎さん
  • 実は、今後のジャンプを左右する権限を持っている(詳細は次の項で)。

[編集] 連載作品打切権限とその発動について

実はジャンプと専属契約を交わした際、当時15歳だったにも関わらず「自分の嫌いな連載漫画を1本打ち切る権限」を得ている。今のところその権限はまだ発動していないが、「対象作品」について様々な憶測が流れている。

  • ベタに「本来エグ味が持ち味なのにギャグ漫画を強要されている器用貧乏作家」M.A(仮名)のギャグ連載。
  • 看板漫画までのし上がった故に編集部の引き延ばしに遭う事になる自らの連載。
  • いぬまるだしっ

等々。

[編集] (元)アシスタント

  • 中井巧郎 - hideout door連載(作画)
  • 福田真太 - KIYOSHI騎士連載中
  • 亜城木夢叶(未確認情報) - 疑探偵TRAP連載

・・・これは、将来的にジャンプが『週刊少年新妻組』となる前兆であろうか・・・。

[編集] マネされ芸人としての新妻

WJ編集部の大々的なプッシュにも関わらずメディアへの露出がほとんどない彼だが、上記の都市伝説を誇張したような「新妻エイジのモノマネ」を披露する芸人が、何故かここ最近増えてきた。中には「新妻エイジ」という名前だけで笑いを取ろうとする者もいる為、現在集英社が裏工作に奔走しているという噂もある。

[編集] 主な「新妻エイジ」芸人

[編集] 関連項目


Roman Saotome03.gif この項目「新妻エイジ」は、ゼブラの丸ペンAのような加筆が必要なのだ☆たはは
え?誰に向けて喋ってんのかって? ナーンセンス! 細かい事は気にしないのだ☆ (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス