新垣隆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新垣隆」の項目を執筆しています。

新垣 隆 (にいがき たかし) とは、霊長類の一種、ウラカタビトの中の一つの個体。同じく霊長類の一種であるゼンロウクボタイトの佐村河内守と長い間共生関係にあったことで知られる。

経歴[編集]

1970年に誕生したとされる。寿命が霊長類全体の中でも短い傾向にあるウラカタビトの中では長寿である。その理由として、霊長類の中でもエネルギッシュで生命力の強いゼンロウクボタイトの佐村河内と共生関係にあったことが指摘される。

イソギンチャククマノミのように、共生する生き物は多いが、新垣と佐村河内はその典型であったとされる。本来、ウラカタビトとゼンロウクボタイトは分布も異なっており、巡り合うことのない種族同士であったが、佐村河内がウラカタビトの主要な生息地である東京に紛れ込んだことで新垣と接触し、共生が始まったと言われる。

研究[編集]

「共生」と言いながらも、佐村河内と新垣の関係は「主従」であったと指摘する生物学者が少なくない。殆どが、佐村河内が「主」で、新垣が「従」とする指摘である。また当を得た表現として、佐村河内を「女王蜂」、新垣を「働き蜂」と表現する学者もいる。

つまり、新垣は佐村河内にこき使われていたということである。種族も別々の動物で、Win-winの関係でもなく、一方が一方を隷属させていたと推測されるこの両者の関係がなぜ長年保たれていたのかについては、謎が多い。

精神医学の側面からの指摘[編集]

両者は共依存だったのではないかという指摘がある。つまり、佐村河内は霊長類の屑として新垣に依存し、一方で新垣は「この人は俺がいないと駄目なんだ」と、佐村河内に依存されることで自己のアイデンティティを確立していたのではないかと推測される。より詮索すれば詳細は明らかになると思われるが、そこにはプライバシーの壁が立ちはだかり、調査は容易ではない。

オカルトの世界からの指摘[編集]

実は新垣はこの世の人間ではなかったという指摘がオカルト界から浮上している。この世の生き物ではないものが、この世で成功する為に、佐村河内に「憑依」する必要があった、と、オカルト界の権威たちは指摘している。佐村河内については、美輪明宏江原啓之らが、「憑依されやすい体質である」というお墨付きを出しており、この見解は信憑性が高い。ただ大川隆法の語るところによれば、「この世で憑依を操れるのは僕ちん一人だけだからそんなこと有り得ない」とのことである。

共存の成果[編集]

この二人の共存によってどのような成果がもたらされたかというと、クラシック音楽の隆盛である。新垣が曲を作り、佐村河内が自分の名義でそれを公に売り出し、作曲者として公の世界で演技をする。作曲という分野であったが、新垣が脚本家で佐村河内が役者の役割を担当した。二人羽織の一種である。この共存の成果により二人は少なからぬ収入を獲得して生活を維持していた。また、恩恵を受けたのはどうやらこの二人だけではないらしく、音楽業界とメディアも甘い汁を吸わせてもらっていたようだ。つまり沢山の人を幸せにした正しい共存共栄だったのである。

破局[編集]

何はともあれ共存関係が継続していた新垣と佐村河内だが、2014年、突然破局。共生関係は終結し、新垣が間接的に佐村河内との関係を公に暴露する形で共存共栄は終結した。 共存関係が破局に終わった理由は一切不明だが、以下の理由が推測されている。

  1. 利益は山分けしていたが、佐村河内の取り分が過剰すぎた。つまり、「女王蜂の過酷すぎるノルマに働き蜂がちゃぶ台返しをした」
  2. 両者は同性愛の関係にあったが、そこに第三の女、及び第三の男が現れ、佐村河内がそちらへ魅了され、新垣との関係に亀裂が生じた。つまり、得体のしれない新しい働き蜂がやってきて、女王蜂がそっちに夢中になった。
  3. 実は両者ともノンケもしくはホモで、新しく表れた第三の女及び第三の男に恋心を抱き、それを取り合う形で敵対関係になった。つまり、新しくやってきた女王蜂とも働き蜂ともとれない謎の蜂に両者が夢中になり、それを奪い合った。
  4. 佐村河内はポジ種を所持しており、知らず知らずにそれを伝染された新垣が激怒した。

事実は闇の中だが、今の所4.の説が有力視されている。ドラゴン田中が30~40代で死亡したことを鑑みると、新垣も50歳まで生きられるかどうか分からず、健康の悪化が懸念される。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「新垣隆」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)