新垣渚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「なぁに、渚の暴投はいつものことだ。放っておけ。」
新垣渚 について、三千院ナギ
「夢を叶えろ、渚ああぁーーーーーーーーっ!」
新垣渚 について、古河秋生

新垣 渚(あらかき なぎさ、1980年5月9日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属する屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ選手。ポジションは投手。日本を代表する暴投野郎で、愛称は暴投王子。読売ジャイアンツ杉内俊哉の義兄弟。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新垣渚」の項目を執筆しています。

人物[編集]

沖縄県出身。男の子なのに渚と言う名を付けられちゃう。 甲子園出場経験あり。高校野球全国大会史上初といわれる150km/hを出す。この時も暴投を連発していたかどうかは定かではない。

スライダーを武器にする。このスライダーは大変なキレを持ち、わりとたくさんの三振を奪える。2004年に奪三振王のタイトルを取ったせいで少し勘違いしたらしく、この辺りより暴投王の歴史は始まる。

よく言い訳として「スライダーがすっぽ抜けた」や「スライダーがワンバウンドした」と言うが、スライダーのすっぽ抜けは審判に向かっては飛ばないし、第一直球の暴投が多い。そもそも直球もシュート回転しているので、厳密には直球を投げた事はない。

また、田上や山崎とのサイン違いもあり、ど真ん中を要求しても変化球を投げてしまうことが多い。

将来的には、松坂大輔井川慶のようにメジャーに行きたいらしい。ただし今のような暴投連発投球では毎試合乱闘になり身が持たないのが目に見えている。また高校卒業時の事件と精神面での脆さを考えるとホークスからは出ない方が無難である。

高校卒業時の事件[編集]

彼は、高校卒業後は、福岡ダイエーホークスに入団したかった。しかし、彼の入団交渉権をドラフト会議で獲得したのは、オリックス・ブルーウェーブであった。それを彼は嫌がり、オリックス側の度重なる要請を無視。結局大学野球に進んでしまった。

なお、この際新垣との交渉を行っていたオリックススカウトM氏が自殺している。当時、新垣側はオリックススカウトM氏に対し完全なる門前払いを行っており、絶対に新垣を説得しろという上層部からの強い圧力との板挟みが自殺の大きな要因になったのは間違いないと思われる(実際、当時のオリックスの球団社長はこの事件を受け「しまった。追い込みすぎた」と発言したとのこと)。そのため現在もオリックスの一部選手やファンからは根強い恨みがあり、選手や観客から「人殺し」扱いされることも少なくない。彼の暴投はその恨みの力によって引き起こされているのかもしれない。その一方でオリックス球団もM氏を精神的に追い詰めており、こちらも自殺の引き金となったと考えられる。ただそのM氏が近鉄の1位指名を拒否したことは、あまり知られていない。

渚の暴投[編集]

新垣渚は怪我から脱出した2007年、先発で使われるもいつものように暴投を連発。あまりにも暴投が多すぎてマスコミに「暴投王」などと取り上げられる。ついには王貞治にまで暴投王と言われてしまうほどの暴投野郎。

週刊ベースボールでは暴投のことについてさんざんネタにされる。ソフトバンクケータイのCMでは、なぜか彼がピッチャーマウンドからボールではなく携帯電話を投げてしまい、しかもそれが暴投になった後、「地面にたたきつけても壊れない、ソフトバンクの携帯電話はこんなに丈夫です」というテロップが流れるという内容になっている。しかし俺が落としたとき簡単に壊れたのはなぜだろう。

2008年は7月時点で既に6暴投2ボーク。首脳陣からは渚は今季暴投王は諦めてボーク王に走ったのではないかと噂されていたが、多田野数人が現在ぶっちぎりの7ボークを記録したこと、2008年8月20日に1試合で5暴投を記録し、かつての暴投王・石井一久の記録を超え日本新記録を樹立してしまったこともあり最終的に15暴投で2年連続最多暴投となった。

近年では、千賀滉大に暴投王の座を譲ったとされる。

2014年7月、東京ヤクルトスワローズにトレードされた。 2016年オフに自由契約となったものの、どこからも声がかからず、惜しまれつつ(?)引退。古巣ソフトバンクの球団職員へ転職した。

関連[編集]


ExSport.png この項目「新垣渚」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)