国立競技場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
新国立競技場から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国立競技場」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「国立競技場」の項目を執筆してくれています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新国立競技場」の項目を執筆しています。

国立競技場(くにたちきょうぎじょう)とは、東京都国立市に位置する競技場である。1924年に土地会社が大学誘致構想に先駆け専用の競技場として完成し、終戦後GHQに接収され、解除後は建て替えし国立市営となり以降これまでサッカーやラグビー、陸上などさまざまな競技が行われてきた。

概要[編集]

1924年に箱根土地という会社が大学を誘致するために必要なことを検討した際に、箱根駅伝で陸上競技を目にする機会が増えてきたこともあり陸上トラックを兼ね備え、トラックの真ん中に芝生を敷くという大学専用の競技場を建設することで環境づくりを行った。その後接収などを経て一度目の建て替え、58年より陸上選手権多摩予選、68年よりサッカー天皇杯東京西部予選、76年より高校サッカー関東予選が開催され、東京あるいは関東の上記競技の聖地としてあり続けた。また、日本では甲子園球場と国立競技場しかなかった5万人収容可能のスタジアムとしてコンサートなどでも使用されてきた。それでも本大会で使用されなかったのにはやはりアクセスの悪さが原因している。

しかし老朽化が目立ち始め、そして味の素スタジアム(東京スタジアム)や日産スタジアム(横浜国際総合競技場)、埼玉スタジアムなどアクセスがいい競技場の建設などもあり使用される機会も減ってきたため2008年より二度目の建て替えを検討、国際コンクールを開催し最優秀作を採用、一自治体としては極めて異例の2000億円超をかけて建設することを決めたが、2015年7月に白紙化された。

歴史[編集]

完成3年後に関東大震災で今でいうキャンパスが倒壊した東京商科大学(現・一橋大学)が移転、東商大専用の競技場として使用されてきた。この間は「國立(こくりつ)東京商科大学國立(くにたち)競技場」という名称であった。

終戦後はGHQが接収し、解除後は一般向けに開放されていたが1958年にアジア大会の各国練習会場、国体の東京予選が開かれることから建て替えしアンツーカーを導入、さらに1964年に東京オリンピックの練習場として使用されるためスタンドを拡大、ラグビー多摩地域予選なども行われ予選の競技場として親しまれてきた。日の目はなかなか浴びられなかったが2000年代中盤からはコンサートなども解禁され、2014年にはポール・マッカートニーが開催を予定していた(本人の体調不良で中止)。同年7月より解体が始まり前述のように建て替えとなる手筈であったが、予算の問題や期限の問題などもあり現在は更地となっている。

関連項目[編集]


この項目「国立競技場」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)