新卒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新卒」の項目を執筆しています。
「このチャンスを生かすことができなかったものは、御伽噺みたいな転機なんて訪れやしない。地獄へと続く道があるだけ」
新卒 について、トレント・レズナー

新卒(しんそつ)とは、日本において、就職に直結するという意味では国家公務員一種・地方公務員上級(公務員キャリア組)と並ぶ日本における最高峰の資格である。

そして、入社式と並んで社畜大人への入口としての、すばらしき日本伝統の儀式としての側面も持ち合わせており、ここで一部を除きみな就職活動をする。 しかも、一度目の最終学歴となるとみな自動的に得られる資格でもある。年功序列制度が依然としてまだまだある日本ならではの制度であるといえる。

概要[編集]

中学高等学校大学短大専門学校など卒業直前の年度において、キャリア候補も含む就職活動をスムーズに行える、原則として使用期限1年[1]の日本最高峰の資格であり、それをいかすために、使用期限の半年前くらいからみな一斉に就職活動をし、来春に入社式に参加し社会人になっていくシーンは日本の伝統的なシーンのひとつである。

「新卒」はあらゆる資格よりも格上であり、これに加えて学生は自分を磨いたり、別の資格をプラスアルファするように努力していっているケースが多い。中には、ひたすら経済紙や日経新聞を読んだり、「サークルの部長をやってました!」などと意気揚々に語るスキルをつけたり、全くのウソでたらめを語る詐欺師としてのスキルをつけるものもいる。これは、大人になっていくという4月1日の入社式を前提とした日本伝統の儀式(通過儀礼)であり、それに間に合わせるように作られたのがその新卒という資格であり、儀式でもある。

そして、その前には10月ころにまたこれも日本伝統の儀式であるプレ入社式の一環である内定式が行われる。 逆に、この時期に内定のない人は、「無い内定(NNT)」という蔑称で呼ぶのが有名である。内定を出さなかった企業から、「他の企業に早く内定が決まることを願っています」という内容のお祈りメールが届いたりする。

この資格を適用できる期間にも期限があり、それは「就業経験が無い状態で大学院を卒業するまで」である。「じゃあ卒業さえしなければいくらでも留年や進学、再入学してもいいんだよね?」と聞かれればそうでもなく、一般的には25歳を過ぎると新卒の資格は自動的に失効すると言われている。そして、一度でも資格を失効してしまうと消滅してしまう上に、原則として二度と再発行できない。そのため、弊害が多いのも特徴である。

しかし、企業側からは過剰になりすぎた地球人口の調整に貢献するすばらしいシステムだ・・・と賞賛している。

資格を延長、復活させる方法[編集]

基本的に、卒業してからは新卒の資格は二度と得られなくなり、NEETフリーターという厳しい状況におかれるが、新卒の資格を延長・復活させる方法はある。

1つは、有名大学進学時における受験のための空白期間だ。これらは通称、浪人予備校生といわれて、NEET・フリーターとはまた別物として考えられる。 ただし、その例外が通じるのが高校卒業した年から1浪か(国公立大学に入るための)2浪までというのが通例である。

もう1つは、大学から大学院に進む方法だ。大学院は大卒と同じ枠で扱われることが多いため、もう1回就活ができることになる。理系の場合、大学院卒は大卒(正確には学部卒、学卒)よりも企業から優遇して扱われることが多いため、理系の学生の間ではこの方法を採ることが一般的になっている。しかし、文系の場合、大学院卒はむしろマイナスに働くこともあるのでこの方法はあまりお勧めできないのが実情。

最近では、「就職留年」という裏技が巷の大学生の間で流行している。これは、卒業も進学もしない、意図的に卒業せずにもう1度4年生として大学に籍を置く方法[2]である。これは、大卒という資格を失わずに何度でも就活できる裏技として多くの人々から称賛されており、今では7人に1人がこの裏技を使っているという研究データもある。しかし、前述したように、新卒の資格が適用されるのは25歳くらいまでであり、また留年を繰り返すと世間のイメージも悪くなるため、一般的には2留、浪人した場合は1留までと言われている。

近年は就職氷河期で新卒で就職できない若者が増えたために、「第2新卒[3]」や「3年以内は新卒[4]」などという資格もあるが、あまり定着していないので、この資格の使用はぶっちゃけお勧めしない。

弊害と批判[編集]

基本的には、人生に一回しかチャンスが無いので、非常に景気動向における雇用需給関係に左右されやすい。 その弊害が出たのが、好況で出産ラッシュでたくさん生まれた年代と1990年代~2000年代中ごろまでの氷河期に伴う、総村八分による悪化という時代である。 これらの世代のことを、就職氷河期世代とよばれ、新卒採用制度を批判するのには欠かせない事項とされている。

海外ではそんな制度が無く、こんな締め出し制度があるのは日本と韓国だけだという氷河期世代からの以下のような批判が相次ぐ。

  • 新卒という資格をなくすこと

これが最も大切なことである。海外に見習い、年齢の差別無く優秀な人材を集めるスタイルにするべきだ!

  • 残業(特に、違法行為であるサービス残業)をなくし、その分を就職氷河期世代に分け与える。

サービス残業や過剰残業をなくすだけで、何百万人単位の失業者・フリーターを救うことができる。

  • 派遣制度・偽装請負の撤廃と徹底した摘発

フリーター制度の温存のもと。こんなの企業統治の概念・企業倫理のしっかりとしている海外では通用しない。

・・・という声がインターネット上にあふれる。しかも、近年の動向のひとつとして、「選ぶのに迷った。たくさん内定のうちひとつを選ぶのにな・・・」という新卒の資格を持つ 学生の姿を見て、就職氷河期世代はさらに日本政府に対する雇用政策に憎悪を抱き、暴徒化・過激派化してした。

このままだと、就職氷河期世代が初期雇用契約の反発としてのフランスの暴動を見習って、団塊世代バブル世代・派遣企業・日本政府を狙った大規模なテロリズムが起こるのでは・・・と懸念されている。 その規模は、米帝を憎悪するアルカイダに匹敵するものになり、日本版アルカイダのでは・・・という恐れもあるという専門家の意見もある。

しかし、日本企業はたとえ就職氷河期が暴徒化が激しくなろうと聞く耳持たず、その制度を維持していく傾向が強いであろう。 その理由は下記の演説による影響が強いとされる。だが、氷河期世代はそれを強く反発し、そのせいでさらに暴徒化していくであろうと・・・ (脚注:ちなみに、下記の演説は磯野波平の「童貞推進政策」の講演と人口減少政策としてリンクしている。こちらの講演の詳細は童貞の項目を参照のこと)

演説に学ぶ処女(新卒)採用の重要性[編集]

(語り:磯野家七英雄長官・フグ田サザエ) (なお、過激な演説となりますので、過激派の方および心臓の悪い方の拝聴はお控えくださいませ。byとある案内役)

地球上が今中国を中心に人口が爆発的に増え続けています。日本は、新卒採用を雇用会における絶対神とし、これしかチャンスを与えないことにより、 少子化による人口減少対策に力を入れています。これも、お祭りや儀式が大好きなわが国の国民性と全体主義への賛同によって支えられた採用制度であります。 しかし、海外では再チャレンジの考え方を用いて年齢撤廃をなくしたり、卒業後に就職活動し、NEETでさえも資格を取ればいつでも入社できるというのが主流とないいています。

このままでは、セックスは横行、子供はどんどんと生まれていく・・・といううちの波平さんの推する「童貞推奨策」に反する現象が進むのはいうまででもありません。 このままでは、人の吐く息や先進的な文明の増加により、地球は温暖化し、このままでは人類滅亡の危険性があることは否めません。 だが、前述のように就職氷河期世代を中心に、その制度に対する批判が相次いでいます。わが国はテレビ局や大手新聞は基本的にはスポンサーの関係を保つという意味で、 新卒採用制度を維持し、多くなりすぎた人口減少政策に貢献しています。しかし、巨大掲示板郡にいる過激派によって、就職氷河期世代を救って、 いつでも海外のような再チャレンジできる社会を構築しようと、デモ、下手するとテロリズムまでも企てようとしている状態にあります。

しかし、考えてください。新卒の資格賦与される特定の年齢までにソーシャルスキルなどが一定のレベルまで成長しているかどうかと審査するために、新卒採用が1年中行われています。 しかも、最近は、バブル期の無計画採用の反動により、それを進化させ一定のレベルに達しないものは、問答無用に不採用にするという内定の二極化を推進しています。 ゆえに、1年ある新卒のうちに内定を得られないということは、そこまでにノルマが達せられない、社会人として必要とさせる一定のレベルに合わせられないひとであり たとえ難関資格のためといっても、そのチャンスをわかろうとする情報収集能力がないか、リスクヘッジを考えていないということであります。つまり、欠陥品ということができます。

もう一度いいます、新卒で就職できなければそのひとは欠陥品です!!

しかも、今は国際競争の激化によりコストダウンの時代であり、若いフリーターは金の卵として重宝される存在です。ぼんくらな正社員一人雇うお金で、 十人以上の若くて活気のあるフリーターを雇うことができ、本当に大切な国策競争力は上げられるは、共倒れにならずにすむはでいいとこづくめです。 逆に、正社員はこれからどんどん入ってくる新卒資格を有する優秀なフレッシュマンと一定の業績を上げた即戦力だけで十分です。これらにはどんどんと複数人数の責任ある仕事をまかせるべきです。 しかし、フリーターは若いとき限定のひょこであり、35歳以上になると使えなくなり、日雇いの仕事でつないでいくか、優秀な警備として期待されているグルーの餌食になるでしょう。 そして、この脱落者に対する仕事の分配をしないことが、他の有能な求職者に利益となり究極のワークシェアリングの見本です。

以上、学生の諸君はこれらを理解して、わが国の進める人口減少政策の巻き添えにならないように、一定のソーシャルスキルを磨くように精一杯努力しなさい!!

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一定の金額さえ支払えば有効期限の延長も可能。大学の場合、1年延長する毎に大体50~100万円である(大学によって異なる、私立大だと高い)。
  2. ^ よく使われるのは、卒業論文をあえて提出しない、卒業認定単位よりもあえて1~2単位だけ残す、教授に頼み込んでゼミの単位を落とさせる、などである。
  3. ^ 一旦、新卒で就職してもすぐに辞めた場合に、この言葉を使うことがある。ブラック企業に入ったり零細企業に入って会社がすぐに潰れた場合などに、この資格を所持することが許される。
  4. ^ 大学や専門学校を卒業してから3年以内は新卒と同様に就職できるという資格。しかし、競争倍率が100を超えるような大企業でしかこの資格の使用を認めていないことが多い。


この項目「新卒」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)