新千歳空港

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

新千歳空港は、北海道千歳市苫小牧市にまたがる北日本最大の空港。 国内外の旅行、ビジネスにひろく利用されるほか、地元民が北海道を色々となめた観光客、及び「白い恋人」「わかさいも」等の地元土産を狩りに訪れる。

概要[編集]

滑走路は3000mのものが2本、平行滑走路を存在する。これらは通常着陸用と離陸用に分けて共用されている[1]。 また近隣に千歳飛行場が存在し、この空港もわずかに方位の異なる平行滑走路を持ち、航空機が誤着陸しやすい構造となっている。 運行状況としては年間利用者数約1,800万人、30路線以上(季節路線も含むが)が運行しており、国内有数の空港であるとされている。

なお、千歳・苫小牧両市の限られた家庭においては、「じゃがポックル」「生キャラメル」といった目玉商品入荷時等の緊急を要する場合には、管制官と脳波で交信し、離着陸機の起こす風圧を利用して滑走路からターミナルに徒手突入する一種の邪法が伝えられている。同法は継嗣のみの一子相伝であり、この秘術を身につけた者でなければ両市の市長選に出馬することができない。

現苫小牧市長・岩倉博文氏は、「修行は本当に辛かった。このような理不尽な条例を改正してもらうべく交渉したが、全権委任状がないからと断られた」と往事を述懐する。

歴史[編集]

旧千歳空港ターミナルビル経営者・元ちとせ(もと・ちとせ)から暖簾分けされて誕生したのが現在の新千歳空港である。

元氏はその晩年、道央圏の宗主国札幌の圧力による「札幌空港」[2]呼ばわりに堪えきれず、経営権を手放したため、現在旧千歳空港は航空自衛隊千歳基地として利用されている。 幸いにも千歳基地は札幌基地と呼ばれることはなく、泉下の元氏も「以て瞑すべし」と、子孫のモト冬樹が語っている。 毎年同基地において開催される航空祭は、元氏の鎮魂の祭である。

冬の新千歳空港[編集]

冬の新千歳空港は欠航便が多発する。全便欠航ともなれば空港内は乗客たちで生き地獄と化す。空港のベンチは乗客たちの寝床となる。空港のラウンジからは途方にくれた出張客の声がし、カウンターではどうすればいいのと一家の大黒柱であるお父さんが叫んでいる。まれに北海道の寒さをなめた観光客が床に転がっていたり、あるいは立ったまま凍死寸前の状況にいる。まさに生き地獄だ。

構造[編集]

丸い。見事に丸い。その形は如何にも近代的なイメージを押し出し、機能面でも最適に見えるが「人間工学的に無意味。むしろ使いづらくしている」などと言われているらしいが定かではない。

ターミナル[編集]

国際線ターミナルと国内線ターミナルの2つがある。国際線ターミナルはかなり離れており、駐車場の中心を貫く形で連絡通路が建設された。連絡通路の中は年中無休で適度にクーラーが効いており、室内は氷点下に保たれている。連絡通路は距離があるため通路内では何かしらの乗り物で人と荷物を運んでくれるサービスが存在する。ただ、呼び出しにタッチパネルを使用するため、呼び出しに成功すると英雄になれる。通路の一部はチョコレート工場とドラえもんによって占領されたいる。

タッチパネル[編集]

本来やってきたお客に案内をするために生まれた装置であるが大変使いづらいと大好評である。従業員にも使いこなせないらしく、いとも簡単に使うことが出来れば英雄になれるだろう。むしろみんなが使えるようにしてくれ。

脚注[編集]

  1. ^ まれに片方の滑走路が凍結したり、除雪作業が間に合わなかったり、そのほか事故により閉鎖されるともう片方を着陸離陸双方に利用することになることがある。まれに両方利用不能であると千歳飛行場に着陸することになる。
  2. ^ 実際は丘珠空港(札幌飛行場)を札幌空港と呼ぶべきであるが、宗主国たる札幌はその件はなかったことにしている。[要出典]
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新千歳空港」の項目を執筆しています。