斜里町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「斜里町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「斜里町」の項目を執筆しています。

斜里町(しゃりちょう)は、北海道斜里郡にあるシャリシャリした町である。

概要[編集]

  • 町長:ggsrks(ググってシャリシャリしてろカス)
  • 人口:ggsrks
  • 人口密度:ggsrks
  • 面積:ggsrtk(ググって知床でも見てろ)

シャリシャリ至上主義[編集]

網走市にある、斜里町がどれほどまでにシャリシャリしているかを表している道路看板。これを見たら網走の刑務所根性のある人でもシャリシャリにつくしてしまう。

シャリシャリしたものが大好きでとにかく目がない。シャリシャリ教という宗教を信仰し、林檎を「おシャリ様」と呼び町民の間では崇拝の対象となっている。1日に最低1回は林檎そのものやリンゴ像に向かって拝礼をする。また、シャーベットアイスも同じおシャリ様と呼ぶこともある。町内のシャリ岳は、おシャリ様の聖なる土地とされ聖地巡礼として健康な町民は年に1度必ず登山に訪れる。なお、シャリシャリしたものが嫌いと公言した者には町民資格はく奪の罰則が待っている。

政治[編集]

シャリシャリ教の教祖様の子孫のみが町長になることができる。シャリシャリ教に限り宗教政治が認められている。

経済[編集]

漁業農業が発達。最近ではシャリシャリ教がらみの産業が出できた。木彫りのリンゴ像を製造してそれを販売している。物珍しさからお土産として買って行く人が多く、最近では黒字まで出すようになった。しかし神聖な宗教を商売に使うのはあまり良くないことであるという観点から販売店舗数制限や商品製造上限などの自主規制がしかれている。

知床紛争[編集]

世界遺産知床を町内に有している。近隣の羅臼町中標津町が合併し「知床市」を作ろうとしたが斜里町は知床を奪われると危惧し知床を使うなと反発し軍事衝突が勃発し知床紛争となった。一時期絶体絶命の危機に瀕したが町がおシャリ様に念じた。すると、危機は回避された。街は、「おシャリ様のお陰」として感謝祭を盛大に開催した。

その他[編集]

町内の越川地区に鉄道未成線の橋である越川橋梁があり、鉄道教の重要な聖地となっている。連日多くの鉄道教徒たちが拝礼に訪れている。

町内の一部の地域で水道代が月額500円をうたって、携帯電話会社大手のソフトバンクにシャリシャリシャリシャリシャリシャr

関連項目[編集]