料理・グルメ漫画

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

料理漫画(りょうりまんが)あるいはご都合主義漫画(ごつごうしゅぎまんが)とは、料理や食材など食に関することを題材に戦いを描く漫画作品を指す。

あくまで「戦い」、つまり料理勝負が無ければ、料理漫画とは呼べないので、クッキングパパなどは、厳密には料理漫画ではない。差し詰めレシピ漫画とでも言うべきか。

概要[編集]

多くは主人公(大体、掲載誌の読者層の年齢)は天才料理人かそれに類する者で、料理勝負を行い相手と戦う。もともと天才なので努力は必要とせず、重要なのは奇抜な閃きとなる(大体、少年や青年なので経験も必要ない)。そして料理勝負の裁定者はオーバーリアクションをする(最たる例としてミスター味っ子の味皇が挙げられる)。それらリアクションの前には「味の宝石箱や~ 」などは子供騙しにも等しい。極め付けに薀蓄が飛び出せば、もうまごう事なき料理漫画である。

また、食は人間の生存の根本に位置するため、食物、料理自体がからむ人間ドラマだけでなく、食をめぐる社会問題、環境問題、文化についてのありがたい御高説が語られることが多い。特に「美味しんぼ」は、その原作者・雁屋哲が、主人公・山岡士郎を通して、自分の思想や価値観を発表するキャンバスになっていることで有名である。

料理漫画の法則[編集]

多くの料理漫画があるが、ごく稀な例を除けば、必ず次の法則が成立する。

  • 後攻勝利の法則(刺し穿つ死棘の槍)

これは「主人公バイアスに関係なく、『先攻の勝率<後攻の勝率』 という式が成立する」というものである。その前提として、料理勝負が始まると、必ず先攻・後攻の取り決めが生じるという現象があり、これも法則に含める場合がある。ただ、客数を競う勝負方法の場合はこの限りではないため、法則からは除外される。

つまり、例え主人公であっても先攻の場合は敗北するということであり、これはフィクション作品一般に関わる法則である「主人公不敗の法則」が必ずしも適応できないということである。だが、逆に言えば、後攻になりさえすれば、誰でも(たとえ天道あかね塚本天満翡翠であっても)勝てるということでもある。因果律その物をゆがめる非常に強力な法則である。

勝負の判定方法[編集]

「後攻勝利の法則」があるとは言え、建前としてはあくまで味で勝負している。しかし、場合によって両方美味しいせいで、読者に格段の違いを見せられない場合がある。その場合、料理人としての矜持など、味とは全く関係の無い倫理観に訴え出て、主人公サイドを勝利者とするパターンが多い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「料理・グルメ漫画」の項目を執筆しています。


キャプテン翼の例のアレ.jpg 料理・グルメ漫画 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、料理・グルメ漫画加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)