斎藤道三

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「斎藤道三」の項目を執筆しています。

斎藤 道三(さいとう どうざん、1494年 - 1556年)は、16世紀に猛威を振るったクサリヘビ科の毒蛇の一種である。17世紀には絶滅したと思われている。

これでも蛇である。

概要[編集]

日本のおもに京都から岐阜に生息していた蛇が人間少年坊主に化けて、やがて商人の「松浪の庄五郎(松波の庄九郎)」と称して成長したと考えられている。当時の京都では道三がの穴にを通しているのがよく目撃され、風物詩となっていたようだ。

この銭の穴に油を通す行為は庄五郎(道三)の習性と考えられており、求愛ダンスとも獲物を狩る時の仕草とも考えられている。性質は非常に獰猛であるとされている。相手に噛み付くときは素早く飛び掛り、その姿がのように見えたとされる。これらの事から当時の庶民には『油売り』『槍の名手』と呼ばれていたようだ。

また人間が飼うには全く向かないとされる。事実、この蛇を京で見つけ、物珍しさから飼っていた美濃の偉い武士の長井甲斐守がこの蛇に「西村勘九郎」と名づけるも、懐かずに噛まれて毒死した。甲斐守の主でお殿様でもある美濃守護・土岐頼芸美濃源氏)もこの蛇に威嚇されて居城を追い出されたりするものが続出した。

追われた頼芸はこの蛇に仕返ししてやろうと朝倉氏・織田氏に援助を求め、美濃に再度攻め入ったがこの時はこの蛇に噛まれる足軽が続出し、返り討ちに遭ったとされ、以降四半世紀にわたり美濃は蛇の暴れる危険な土地となっり、守護代の斎藤氏を皆殺しし、「斎藤利政」~「道三」と改称した。

しかし織田信長はこの蛇を大変気に入っていたと『信長公記』に記載されており、信長はこの蛇の雌の子供を引き取り、帰蝶と名づけてペットとしている(美濃で拾った雌の蛇という事で濃姫とも呼ばれる)。しかしながらこの雌の蛇は信長に噛み付いてやろうと生涯狙っていたとされる。また信長はこの蛇で遊ぶ事を非常に好んでおり、正徳寺でこの蛇をよくからかっていたと言われる。

この蛇は習性として親子仲が非常に悪く、すぐに殺し合いを始めることが知られる。1556年にはこの蛇の親子喧嘩が激化し、親蛇を子供の蛇が喰らうという揉め事が起こる。

この蛇の愛好家である織田信長はこの騒ぎを収めようと美濃に駆けつけるが時既に遅く、信長の非常に気に入っていた蛇が食い殺された後であった。後に信長はこの蛇達に対し、逆襲として10年かけて戦いを挑み、最後にはこの蛇の生息地である稲葉山城を占領し、美濃から追っ払ったとされる。それ以降この蛇は歴史上に登場しない。おそらく16世紀末には絶滅したと考えられている。

関連事項[編集]