文語 (日本語)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、日本語の文語について記述しています。
世界的視野での文語については「文語 」をご覧下さい「文語」と「古文」の意味を取り違えた馬鹿記事ですので、参考にすべきではありません。[1]

文語(ぶんご)とは、文章に書く言葉であり、話し言葉、口語に対する概念である。この記事では、日本語における文語について述べる。

歴史[編集]

漢文[編集]

倭人始書文章於古墳時代。当時文章全部見書漢文总之中華語而未能書倭語於文章。

和文[編集]

平らかなる安らぎの都に御門在りしとき、かな文字の生まれき。これによりなむ、ようよう、大和の言の葉を文に書くことかなうやうになりつる[2]。然而見用漢文於公文書。

和漢混交文[編集]

平安時代後期より、和漢混交文が生まれき。唐の語彙を多数取り入れし大和の文章なり。これが現代までの漢字仮名交じり文の原型となりし。当初は軍記物など物語作品で用ゐらるれど、やがて公文書でも用ゐらるるやうになりき。

候文[編集]

鎌倉時代以降、公文書で用ゐられし文語の形態が、候文で候。平安時代では口語として使われし候。されど鎌倉時代以降は文語として使われし候。文末に丁寧の助動詞「候」(さふらふ)を置くので候。幕政関係・藩政関係の公的文書、農村・漁村・都市関係文書、産業・交通・商業・貿易関係文書等で使われし候。ゆめ早漏と勘違いしてはならぬ候。

現代の文語[編集]

明治時代の頃から、まあ何つーか、小説家とか、まあいわゆるその、文学とかいうのにかかわっている人らがね、言文一致運動ってのをはじめた訳。どういう事かっつーと、書き言葉と話し言葉を一致させろ、と、そういう訳よ。昭和のはじめころまでは、昔からの書き言葉が残ってたんだけど、えーと、戦後、そうそう、太平洋戦争が終わった後くらいから、書き言葉も話し言葉と同じになった訳でね。

…そんな事はない!

言文一致運動以降も、文語は口語とは異なる様式の言語となっている。例えば「日本国憲法」の条文を見てみよう。第1条は「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」である。こんな事を、日常会話で話す日本人がどこにいるというのか? 「天皇は国と国民の象徴、シンボルだよ。そう決めたのは、俺たち国民の意思という事になっているんだ。」強いて日常会話で話すとすれば、こうなるはずである。

さらに2004年から翌年にかけて、民法の口語化が行われたとされる。ところがその中身を見ると、第1条(基本原則)1は「私権は、公共の福祉に適合しなければならない。」一体誰が、こんな事を日常会話で話すというのか? 本当に口語化するというのであれば、「自分の権利というものは、周りのみんなの迷惑にならないように、あわせていかないといけないのだよ。」もっと単純化するなら「空気読め」である。

このように現代では、口語とは言えない内容の文語を、口語と一致させたという真っ赤な嘘が通用している。何故、こんな嘘がまかり通っているのか? もちろん、文語と古文を勘違いした馬鹿が多いのが原因である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ もっとも、アンサイクロペディアの全ての記事が、参考にする事など皆無の、馬鹿記事であるのだが。
  2. ^ 可成流文字我生麻流流前尓、万葉仮名乎用居而記之之和文波、宣命文刀言布。