文藝春秋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう)は、麹町にある書く不動産屋。副業として右翼本の大量出版とヘイトスピーチおこなっている。芸能ゴシップ出版も手がけているる。

概要[編集]

たぶん大日本帝國が存在していた時代、人妻好きな作家菊池寛が他人の嫁を寝取る人妻サークルを作り、そのサークル会報誌「文藝春秋」の発刊が起源。数々の夫婦を別れさせるために多くのでっちあげ寝物語を書かせたことから、妄想や飛ばしを得意とする作家を数多く育つことになった。菊池寛の死後は、池島信一が国家神道復活のための出版活動を再開することになった。

社員会名誉社員はアドルフ・ヒトラー、居候に石原慎太郎Z武洋国がいる。夏になるとスポンサーの靖国神社から「諸君!」などの広報誌の出版を請け負っていたが、大人の事情で「諸君!」は廃刊となっている。その一方で、CREAという雑誌では毎年同じ月に占星術の特集を組むなど、金さえもらえば何でも出版する。また、統一教会の本を安倍晋三がわかるように書き直したパンフレット「美しい国」が、校正者のミスで安倍晋三が著者として世に出てしまった。でも儲かったのでやはり訂正はしていない。

講談社マンガ賞に対抗して芥川賞(但し、20世紀の古い物)という文学賞で自社本の売り上げアップを図っている。しかし情報統合思念体に監視される日本人が紙という古いメディアに金を払う訳は無く、アメリカのスポーツ雑誌の訳本しか売れていない。このことから、ジャパン州の推進運動にもかんでいると言われる。Z武はおかかえの翻訳屋さん。

社として目指すのは大日本帝国の復活と言われているが、実際にはヘイトスピーチや差別満載の悪書ばかり製造している。が大らかな現代では感じられない、強姦罪の時代のスリリングさを社員が欲しているためと言われる。そのため、東条英機も名誉社員にするかと思われたが、愛妻家であったことから見送られている(なおヒトラーは姪に手を出す変態性から敬われている)。

大日本帝國を否定する朝日新聞ユダヤ人の攻撃は大事な仕事である。方法は相手にお金を払った広告枠上でのキャンペーンというコバンザメ手法。社員が少ないため、産経新聞ネットウヨと記事執筆のワークシェアをしている。朝日新聞撲滅のため、南京大虐殺否定と従軍慰安婦はいなかったというディスインフォメーションを流している。つくる会教科書の支援も重要な仕事である。また、シェークスピアヴェニスの商人を特集した右翼・花田紀凱編集の雑誌「マルコ・ポーロ」の記事がユダヤの大逆襲を呼び、会社が真剣に倒産しかかったこともある。(現在、イオンが週刊文春をヘイトスピーチ本と見なし、入荷拒否)。が褒めてくれたのはヒトラーくらい。

なお社員の給料はフジテレビ並みと言われており、阿含宗赤福の広報誌印刷のおかげと言われているとか無いとか。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文藝春秋」の項目を執筆しています。