文系

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

文系(ぶんけい)とは、大学という人生のテーマパーク(有効期限は4年間)に入場するための資格である。

分類[編集]

多くのものは高校1年か2年のとき(早い人だと中学生の頃には)に文理を選択するのだが、ここで文系を選んだものが挙げる理由としては

1位(39.7%):数学が嫌いだから
2位(31.5%):社会科(歴史、地理、公民のいずれか、または複数)の成績が良かったから
3位(23.2%):就職のときに潰しが効くって聞いたから

アンサイクロペディア調べ

となっており、要するに数学嫌いかつ社会好きが大半を占めていることが分かる。また、文理選択には親の影響が強いとも言われており、親が文系だとその子供も文系、親が理系ならその子供も理系、となる傾向が強いと言われている。

資格の取り方[編集]

資格を取るためには大学受験が必要となる。大学受験では基本的に暗記の繰り返しとなるために、詰め込み教育の影響を真っ先に受けやすい。そのため、大学受験の際に覚えたことが大学に入る頃にはすっかり忘れているなんてことが多くみられる。最近では推薦やAO入試という学力を必要としない入試方法も増えてきた。一般入試よりも枠は少ないが、スポーツに自身がある人やリア充な人はそっちを受けてみるのもいいかもしれない。

そんな大学受験をクリアした者には、もれなく大学という人生のテーマパークに入場するためのチケットが与えられる。いわば人生の夏休みであり、各人はここで自由にアトラクションを選んで楽しむことができる。ただし、このテーマパークにいられる期間は4年と決まっている。大学院という追加コースに受験して合格すれば有効期限を2年延長できるほか、留年という裏技を使えば世間の評価と引き換えに有効期限を無期限に延長できるけどね。

それともう1つ大切なことがある。テーマパークには入場するときにお金がかかる。テーマパークとはいえタダで入れるわけじゃない。施設の運営や回収、人件費などを賄うお金が必要な以上、当然のことである。ディズニーランドだって「夢を見たきゃ6200円払いな」とあの黒いネズミが言っているように、入るにはお金がかかる。じゃあこのテーマパークの入場料はいくらかって?ではお答えしよう。まず『国公立大』という、安いけど頭が固い人が多く集まる分あまり楽しめないかもしれないテーマパークで約230万円。次に『私立大』という、高いけどチャラい人が多い分楽しめるテーマパークで約400万円である。なお、4年間の宿泊を伴う場合はもっとかかることを付け加えておく。

テーマパークでの過ごし方[編集]

テーマパークでは自由に過ごし方を選ぶことができる。その例をいくつか紹介しよう。

大学の勉強に励む
せっかくのテーマパークなのに、勉強にマジになっちゃってどうすんの、と思われるかもしれない。しかし、彼らは弁護士公認会計士という人生の勝ち組になるために必死で頑張っているのだ。心の底から応援しようではないか。
アルバイトに励む
大学は社会への入り口なんだ。だから、その社会での生き方をりアルに学ぶことこそが大学の正しい使い方だ。このケースに関してはりア充の項目を参照してほしい。
部活に励む
やっぱり俺はスポーツが好きなんだ!だからここでもスポーツに全力をかけるぜ!詳しくはりア充の項目を見てくれよな!
趣味に励む
せっかくの人生の夏休み、やっぱ楽しいことをしたいじゃん?大学生は時間を自由に使えるんだから、俺はこの時間を使ってアニメを見たり、ネトゲをしたりするぜ。別に文句はないだろ?な?

なお、これらの過ごし方はほんの一例である。自分がどう過ごすのかはあなた自身が選ぶことだ。

就職[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文系」の項目を執筆しています。


この項目「文系」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)