朝鮮征伐

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
文禄・慶長の役から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文禄・慶長の役」の項目を執筆しています。
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

朝鮮征伐(ちょうせんせいばつ)とは、偉大なる指導者、鋼鉄の神将であり世界人民の父なる首領豊臣秀吉同志が朝鮮に攻め込んだ歴史的偉業を指す。


朝鮮征伐の推移[編集]

朝鮮征伐の経緯[編集]

偉大なる関白豊臣秀吉同志はかねてから三韓征伐以来朝鮮は日本の属国であるとして朝鮮に対し服属を要求していたが、無礼な朝鮮傀儡王朝はこれを黙殺した。激怒された関白様は直ちに無敵の日本人民軍に出撃を命令、ここに朝鮮征伐が始まった!

千里馬進撃[編集]

朝鮮に上陸した偉大なる日本人民軍は直ちに豊臣秀吉同志の英雄的指揮の下朝鮮傀儡軍を撃破、朝鮮人民は歓呼の声をもって関白様を迎えた。首領様の指揮の下人民軍はたちまち朝鮮全土を制圧、神功皇后以来の朝鮮征服を達成した。

朝鮮傀儡軍の反撃[編集]

しかし朝鮮傀儡は李舜臣を総司令官に反撃を開始、卑劣な両班帝國主義的作戦で人民軍に大損害を与えた。慈悲深い関白豊臣秀吉同志は兵士達の死を我が事のように悲しみ、断腸の思いで講和に応ずる。

卑劣な明帝國主義と朝鮮傀儡[編集]

朝鮮傀儡の親玉である明を交えた和睦交渉で関白様は朝鮮南部の割譲と賠償金の支払いだけで撤兵すると約束した。これは世界人民の父であらせられる関白様が戦いに苦しむ朝鮮人民と日本人民を慈しまれてのことである。しかし卑劣な明帝國主義者と朝鮮傀儡は約束を破り南進を強行、関白様はやむなく再出兵を命ぜられた。

首領様の御崩御と撤兵[編集]

明帝國主義と朝鮮傀儡軍は卑劣なゲリラ戦で日本軍を苦しめた、関白様は心痛に依り病に倒れ遂に御崩御あそばされる。父なる関白豊臣秀吉同志の御崩御は日本中を駆け巡り、全人民が号泣し関白様への別れを告げた。関白様の御遺訓に従い朝鮮征伐は終了した。


で、実際どうなのよ?[編集]

一般人がこの戦争に関する正確な知識を得ることはかなり難しい。この戦争全般について詳しく書かれた一般書籍は残念ながらまだ無く、部分的に解説した書籍も、大概はどの史料のどの部分を引用してこう書いたのか?という事は書いていないからだ。自力で知ろうとすれば、大規模・長期間であるために非常に多くの史料を吟味しなければならず、これら個々の史料も書籍になっているものは少ない。朝鮮側・明側の記録は視野が比較的全体に渡っているが、あくまで「国家の歴史」の一部分としての記録でしかないため、あまり詳しいとは言えず、これだけでは全く不十分である。中世的修飾に満ち溢れているのも頂けない。

さらに言うとウィキペディアの記事はあんまり当てにならない。これは日本人ウィキペディアンが、英語版ウィキで朝鮮お得意の情報操作が炸裂していることに腹を立てて、朝鮮ほどではないが行き過ぎた執筆をしているためだ。ゆえに「日本は敗北した」という書き込みをすると光の速さで削除されるし、いくつかのページで「韓国では○○としているが、実際は~」といった文が見られたり、日本が敗北した「平壌城の戦い」はページさえ作られていなかったりする。困ったものである。 しかし日本は勝ったとみていいだろう


関連項目[編集]