文体練習

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸な記事

Featured.png

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
ちょっと待っててね…Loading bar blue.gif
この項目「文体練習」は、執筆者が編集しすぎて大変重くなっています。表示されるまで少し時間がかかりますが、カップラーメンでも食べながら気長にお待ち下さい。

文体練習』(ぶんたいれんしゅう)はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述する。

表紙

目次

[編集]

概要(体言止め[編集]

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度目撃」という短い話を99通りの文体で叙述。

概要(比喩[編集]

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した、フラスコの中で液体を合成した結果誕生したかのような文学作品である。「まるでカバのように鈍重なバスの中で見かけた怒髪天を衝いたかの如くに乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」というあたかもHydeのように短い話を99通りの文体で叙述する。

概要(最上敬語[編集]

高名なるレーモン・クノー様におかれましては、1947年、御文の御稽古をお書きあそばされました。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という素晴らしき御話を、畏くも99通りの文体で叙述なさりあそばされたのでございます。

概要(擬音語・擬態語[編集]

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノー(ドッギャァァァン)が1947年にズギャァンと発表した実験的な文学作品である。「ブロロロローと走るバスの中で見かけた乗客をドドドドドと罵倒する若者を、2時間後に別の場所で……ともう一度見かける」というチョロっとした短い話をビシバシと99通りの文体で叙述する。

概要(反語[編集]

フランス人の作家レーモン・クノーが文体練習という文学作品を書かないことがあろうか。その1947年に発表された作品が実験的でないことがあろうか。バスの中で見かけた若者は乗客を罵倒せずにすますことがあろうか。その若者に再び会わないことがあろうか。その短い話を99回も繰り返し書かないことがあろうか。そんな馬鹿げた小説があろうか。

概要(倒置法[編集]

1947年に発表された実験的な文学作品である、文体練習とは。フランス人の作家レーモン・クノーである、その作者は。99通りの文体で叙述したものである、短い話を。「2時間後に別の場所でもう一度見かける、バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を」という内容である、その短い話とは。

概要(ロシア的倒置法[編集]

ソビエトロシアでは、文体練習が1947年にレーモン・クノーを発表し、99回の出会いがバスの中で他の客を罵倒した若者を叙述する!

概要(挿入語句[編集]

文体練習(ぶんたいれんしゅう)はフランス(第四共和政下にあった)人の作家レーモン・クノー(より正しくはレモン・クノウ)が1947年(第二次世界大戦終結から2年後)に発表した実験的な文学作品である。「(当時パリの主要な交通機関であった)バスの中で乗客を罵倒する若者(年齢は明らかではない)を見かけ(主人公はあくまで傍観者である)、2時間後(これはわずかな時間の後、というほどの意味)に別の場所(具体的にはサン・ラザール駅前)でもう一度見かける」という短い話(10行ほどにすぎない)を99通りの文体で叙述する(これはクノーの豊かな技巧と才能を示している)。

概要(再帰論述法[編集]

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品であるため、レーモン・クノーが1947年に発表したのは文体練習である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述したので、99通りの文体で叙述されたのは「バスの中で見かけた若者を、別の場所でもう一度見かける」という短い話だった。

概要(反復法[編集]

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表したクノーのための実験的なクノーによる文学作品である。クノーの「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」というクノーなりの短い話をクノーが99通りのクノー式文体で叙述する。

概要(冗語法[編集]

文体練習はあの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人の作家である、と思われているレーモン・クノー氏が日本では皇室典範が公布されたりした1947年に発表した今でも充分に新鮮といえるほどにとても革新的な実験的文学作品のうちのひとつである。レーモン・クノーはあの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人以外の何者でもなく、彼は今でも充分に新鮮といえるほどにとても革新的な実験的な要素を含んだ文学作品として文体練習を20世紀の皇室典範が公布されたりした1947年に発表した。その内容は、「の一種であると思されているバスの中で見かけた人間のうちのひとりの乗客をとても激しく強くこれ以上ないほどにまわりの目もはばかることなく罵倒する人間のうちのひとりの俗に若者と呼ばれる若い人を、短くも長くもあるなんともいえない2時間という間の後にの一種であると思されているバス以外の別の場所でもう一度見かける」というとてもとてもそれだけでは文学作品足り得ないような短い話を99通りもの多彩な記述方法で表現するものである。あの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人の作家のレーモン・クノーが日本では皇室典範が公布されたりした1947年に発表した文体練習の中に書かれている話はとてもとてもそれだけでは文学作品足り得ないような短さなのだが「の一種であると思されているバスの中で見かけた人間のうちのひとりの乗客をとても激しく強くこれ以上ないほどにまわりの目もはばかることなく罵倒する人間のうちのひとりの俗に若者と呼ばれる若い人を、短くも長くもあるなんともいえない2時間という間の後にの一種であると思されているバス以外の別の場所でもう一度見かける」というとてもとてもそれだけでは文学作品足り得ないような短い内容をぴったりした数のひとつである100より1少ない99通りもの方法もしくは文体で記述してあるものがあの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人の作家であるレーモン・クノーが日本では皇室典範が公布されたりした1947年に発表した文体練習と呼ばれる作品である。

概要(畳語法[編集]

文体練習、文体練習、文体練習はフランス人の作家・レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な、まさに実験的な、真に実験的な文学作品である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒し、罵倒し、さらに罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度、そう、もう一度見かける」という短い、とても短い、実に短い話を、クノーは書いた。そして同じ話を99通り、99通り、なんと99通りの文体で、クノーは書いた。クノーは書いた。クノーは書いた。書いた、書いた、書いた、書いた、書いた、書いた……。

概要(二重否定[編集]

文体練習は非フランス人ではない作家レーモン・クノーが1947年以外ではない年に発表した実験的と評価しないわけにはいかない文学作品であることは否定できない。「バスの中のほかどこでもない場所で見かけた乗客を罵倒せずにはいない若者を、2時間後に別ではないのではない場所で再び見かけないということはない」という短くないことはない話を99通りの文体で叙述しなかったとは誰にも言えない。

概要(疑惑法[編集]

文体練習はフランス人とされている作家レーモン・クノーが1947年前後に発表した(おそらくは)実験的な文学作品であると一般的には言われている。「バスの中で見かけた、乗客かなにかそのような者を罵倒する若者にも見えれば老人にも見える男を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短いような長いような話を99通りの文体で叙述するとされているが……。

概要(誇張法[編集]

文体練習は芸術とワインと原発依存で有名な国の、ノーベル文学賞受賞を嘱望された作家レーモン・クノーが1947年に大発表し、世界中を驚愕させた、凄まじく実験的な文学作品である。「こともあろうに、バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、無限とも思えるほどに膨大な時間が過ぎた後に、奇跡とも思える程の偶然で別の場所でもう一度見かける」という、この世の物とは思えないほどに恐ろしく短い話を、現世では数え切れないのではないかと思えるほどの文体で極めて多彩に叙述する。

概要(箇条書き[編集]

  • 文体練習は実験的な文学作品である。
  • 著者はフランス人の作家であるレーモン・クノーである。
  • 1947年に発表された。
  • 短い話が99通りの文体で叙述された。
  • その話は「①まずバスの中で乗客を罵倒する若者を見かける ②2間後に別の場所でもう一度見かける」というものである。

概要(未来形[編集]

文体練習はフランス人の作家たるべきレーモン・クノーが1947年に発表する予定の実験的となろう文学作品であると予測する。「バスの中で見かけることになる乗客を罵倒するつもりの若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける予定」という短い話を99通りの文体で叙述するものであることは後年確かめられよう。

概要(仮定法過去完了形[編集]

もしフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に文体練習という実験的な文学作品を発表していれば、それは「バスの中で乗客を罵倒する若者を見かけさえすれば、2時間後に別の場所でもう一度見かけていたはずだ」という短い話を99通りの文体で叙述したものであっただろう。

概要(言い換え[編集]

エクセルシス・ド・スティルは、文筆家のR.クノー(仏)が昭和22年に公表した試行的な小説である。「乗合自動車の中で視界に入った利用者を罵る青年に、120分後に違う所で再会する」という小話を11000112通りの記述様式で描写する。

概要(頭韻[編集]

文体練習はフランス人の作家
不細工でおなじみレーモン・クノーが1947年に発表した
不気味な文学作品である。
「ぶらり乗り込むバスの中
 物騒な調子の若者が
 ぶうぶう乗客を罵倒して
 無事にそれから2時間後
 ぶつくさ友人と話してる」という短い話を
ぶっ通し99通りの文体で叙述する。

概要(頓呼法(呼びかけ))[編集]

クノー、クノーよ、フランス人の作家であるあなたは、1947年に実験的な文学作品である文体練習を書いたのだった。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者よ、2時間後に別の場所でもう一度見えん」、賢明なる読者よ、クノーはかくのごとき短い話を99通りの文体で叙述したのである!

概要(短歌調)[編集]

小話を 文体変えて 九十九度 クノーは書けり 文体練習 

概要(俳句川柳の解説的)[編集]

短文を 表記変えつつ 九十九(つづら)書く くのお

解説…この俳句から、「バスに乗っていた乗客に罵声をかける若者を、二時間後に別の場所でもう一度見た」という短文を、詠み手が表現を変えながら九十九回書いたという内容が読みとれる。一見季語がないように見えるが、「つづら」が夏の花「葛藤(つづらふじ)」の暗喩となっている。

概要(古文[編集]

今は昔、仏蘭西の国に礼紋・久能といふものありけり。乘合車にて客(まろうど)をば罵りける若人(わかうど)に、一刻後に別の処にて會へるとなむ、いと短き物語をば、九十九(つづら)の文(ふみ)にて綴りける。名をば、ぶんたいれんしふとなむいひける。

概要(漢文[編集]

漢文
仏国有雷蒙·格諾、能文。一九四七年著文体練習、以九十九文体曰「於箱車、主人観対乗客之若者罵倒、而経二時間、於別所、再見」。
読み下し
仏国ニ雷蒙·格諾アリ、文ヲ能クス。一九四七年、文体練習ヲ著シ、九十九ノ文体ヲ以テ曰ク「箱車ニ於テ、主人ハ乗客ニ対スル若者ノ罵倒ヲ観エ、二時間ヲ経リ、別所ニ於テ、再見ス」ト。

概要(高橋メソッド[編集]

文体練習とは
フランス人の作家
レーモン・クノーが

放送時間の都合上カットいたします。

[編集]

概要(昔話的)[編集]

昔むかし、あるところにフランス人の作家レーモン・クノーがおったそうな。おばあさんは川へ洗濯に、クノーは文体練習(ぶんたいれんしゅう)という文学作品を発表しに出かけたそうな。クノーは「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を、99通りもの文体で叙述したそうな。

概要(映画の宣伝的)[編集]

全仏No.1ヒット!

あの巨匠、レーモン・クノーが送る、前代未聞の実験小説! バスの中で見かけた乗客― 悲劇はここから始まった。罵倒し、別の場所で再び出会う若者を、99通りの文体で描ききる感動の超大作! 全仏が泣いた

概要(テレビショッピング的)[編集]

あのレーモン・クノーが1947年に発表した、バスの中の男の話を書いた小説「文体練習」が、なんと驚きのこのお値段!(えー!) しかも今なら、表現を変えた同じ話が98個も付いてきて、驚きのお値段据え置き!(すごーい!) お申し込みは今すぐ!

概要(次回予告的)[編集]

バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける。ついにクノーは、この話を99回書いて出版することを決意した! しかしそこに立ちはだかるは編集者。彼の原稿、そして彼の行く末は一体どうなってしまうのか!? 次回、「文体練習」156話は「クノーの苦悩」、お楽しみに!

概要(某国国営放送的)[編集]

親愛なる指導者、偉大な人民の太陽、百戦百勝の霊将であらせられるところのレーモン・クノー同志は、憎き日本帝国主義が朝鮮の地から撤退してから2年経った主体36(1947)年、実験で文学を動かす絶世の作家として「文体練習」を発表なさりました。これを祝し、革命の聖山白頭山には二重の虹が輝きました。

恐れ多くもその内容は次のように革命的なものです。「誰もが羨む楽園のごときバスを現地指導された時、乗客を罵倒する若者を熱狂的に指導した。しかしながら2時間後、別の場所で不遜にももう一度その若者見かけたため、無慈悲に指導した」。我らが人民の英雄はこのような偉業を達成なされました。並ぶ者のない我らの光明星、同志将軍様に栄光あれ!

概要(過激派的)[編集]

本日ここにィー、集結されたー、労働者、学生、幼児諸君! フランス人の作家ァー、レーモン! クノーはァ-、1947年! 乗客を罵倒するゥ-、反革命的な若者をー、許し難いことにィー、2時間後! 別の場所で! さらにもう一度! 見かけたのであーる! (ナンセーンス!)

これはァ-、体制側の振るうー、文学的実験のォ-、象徴であってェ-、我々が闘うべきィー、我々のォー、共通の敵なのであーる! (異議なーし!)

概要(整備文的)[編集]

『文体練習』とは、フランス共和国(西暦843年(承和十年)のヴェルダン条約によって成立した西フランク王国を母体とし、該作品著述時の政体(第四共和政)が西暦1946年(昭和二十一年)に成立した西ヨーロッパの国家。以下「フランス」という。)において、文筆業等を生業とするレーモン・クノー(敬称略。以下「当該主体」という。)が、西暦1947年(昭和二十二年)に著述を行った実験的な形態を有する小説著作物(著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)第十条第一項において定義される著作物。)である(以下「当該小説」という。)。当該小説は、「フランス・パリ市内を通行する乗合大型乗用車(道路運送車両法(昭和二十六年六月一日法律第百八十五号)第二条第一項において定義される自動車であり、道路運送法(昭和二十六年六月一日法律第百八十三号)第二条第三項及び第三条第一項イに該当する一般乗合旅客自動車運送事業(乗合旅客を運送する一般旅客自動車運送事業)に供されるもの。)車両内において、特定の旅客甲を別個の若年層と見られる旅客乙が非常に強い感情を伴い非難する光景を目撃し、約二時間後、同市第八区サン=ラザール駅において、旅客乙を再度目撃した。」との報告文を、係る当該主体が合計99種類(後に3種類を追加した。)の多岐にわたる、相異なる手法を用いて表現を実施した著作物である。

概要(小学生日記的)[編集]

きょうは文体れんしゅうをよみました。フランス人のレーモン・クノーという人が1947年にかいた小せつでした。みじかい話を99回ちがうかきかたでかきました。みじかい話は「バスの中で見たおきゃくさんをおこった人を、2じかんごにちがうばしょでもう一回見た」という話でした。すごいとおもいました。

[編集]

概要(ルー大柴的)[編集]

スタイルプラクティスはフランスパーソンのオーサー、レーモン・クノーがナインティーンフォーティーセブンイヤーにアナウンスしたエクスペリメンティブなリテラルワークだ。「バスのインでルックしたパッセンジャーをアブースするヤングマンを、ツーアワーアフターにアナザープレイスでファインドアゲイン」というショートストーリーをナインティーナインケースのライティングウェイでエクスプレスしたんだ。

概要(リ・チュンヒ的)[編集]

フランスジンノサッ、レーモンクノーガ! センキュウヒャクヨンジュウシチネンハッピョウシタ! 、ジッケンテキブンガクサクヒンハムニダ! バスノナカデミカケタ! 、ジョウキャクヲバトウスルワカモノヲ!、ニジカンゴニベツノバショウデマタミカケルタンワヲ!、キュウジュウキュウトオリノブンタイデジョジュツスルハムニダ!

概要(田村正和的)[編集]

(※声に出して読んでください)
べんていれんしぇえうぇ、ヘレンセぜんせっけレーメン・ケネーが、せんけえひぇけえんじぇえねねねんね、へっぴぇえせて、ぜっけんてけべんげけせけへんでえれ。

「べせねねけでめけけて、じぇえけけうぇべてえせれうぇけめねうぇ、ねぜけんげね、べてねべしぇでめええてでめけけれ」てええ、めぜけえへねせうぇ、けえじぇえけえてえれねぶんてえで、じぇじぇちぇせれ。

概要(えなりかずき的)[編集]

(※声に出して読んでください)
ぼんといろんしゅうほ、ホロンソじんそっこローモン・コノーご、そんきゅうひょくよんじゅうのののんにほっぴょうしと、ぞっこんとこのぼんごこそくひんどおろ。

「ぼそののこでみここと、じょうきょくをぼとうそろおこものを、にじこんごにぼとのぼしょどもおいちどみこころ」というみぞこいほのしを、きゅうじゅうきゅうとおろのぶんとおどじょじょつぉそろ。

概要(古舘伊知郎的)[編集]

さァー狂乱のエクスペリメンタル・ライター、フランスからやって来たレーモン・クノー! なんとバスの中で見かけた男を罵倒、2時間後に別の場所で再び出遭うという話を今、クノーが! 書いた―――――っっ!!  書いた―――――っっ!!(リプレイ)  書いた―――――っっ!!(リプレイ)  書いた―――――っっ!!(リプレイ)

概要(インディー・ジョーンズ的)[編集]

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品オイッ!その石を触るな!!! 「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所で待て!そのブロックから足を退けるなよ…… 2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体でいいか、この部屋の双子の蛇のレリーフに触れるなよ

概要(ノムリッシュ的)[編集]

ワードボディア=プラクティリウム(ぶんたいれんしゅう)はフランセ・仏・カルボネリ人のアーティカ・零問・クノーが聖府暦1947ゼムイヤーに発表した実験的なノベティアルである。「パルスの中で見かけたライダースを罵倒するワカ物を、2ディアワー後に別のグラン・デ・イソラーゼでもう一度見かける」というショート・韋駄天・ノベティアルを99ドーリアのテクストクリエイティアスでワールドオンする。

概要(ハートマン軍曹的)[編集]

アカの手先のおフェラ豚のフランス人、レーモン・クノー?ふざけるな!本日よりクマー二等兵と呼ぶ! いい名前だろ、気に入ったか?答え無し?魔法使いのババアか!1947年に発表するまではウジ虫だ! 地球上で最下等の生命体だ!「バスの中で見かけた乗客を罵倒するパパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスが!俺がこの世でただ一つ我慢できんのは!2時間後に別の場所でもう一度こいつを見かけるということだ!」こんな両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない話を聖母マリアでもウンコしたくなるような99通りの文体で叙述する!すごい!

[編集]

概要(ブライガー的(パラレリズム))[編集]

夜空の星が輝く影で、文体練習作られる。
バスの男の小話を 文体かえて99回。
フランス作家レーモン・クノー お よ び と あ ら ば 即参上

概要(クランチ文体[編集]

文体練習=実験的な文学作品/レーモン・クノー=フランス人+作家――1947年に発表。

「バスに乗る――乗客を罵倒している=若者/二時間後のサン・ラザール駅前――若者を再び目撃」×99/しかも全て別の文体で。

概要(宇宙刑事的)[編集]

「執筆」! 実験作家 クノー!

レーモン・クノーは1947年に「文体練習」を執筆する。では、執筆プロセスをもう1度見てみよう。バスの中で見かけた乗客が、別の場所でスパークする。増幅された小話は実験小説として、全99通りの文体で叙述されるのだ。

概要(世界まる見え!テレビ特捜部的)[編集]

本日はフランスのドキュメンタリー番組から、前代未聞の偉業を成し遂げた男の話を紹介しよう。

この男の名はレーモン・クノー。フランス人の小説家である。何とこの男、今から「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述しようというのだ。

1話目、もう書いたようだ。2話目、これもはやい。そして早くも3話目にとりかかる。それにしてもこの男、ノリノリである。

だが―、 52話目、ついに疲労がたまってきたようだ。筆が止まる。果たして、実験小説はこのまま未完成に終わってしまうのか?


2ヵ月後、そこには99話を書き終えたクノーの姿が!

クノー「いやぁ、一時はもうダメかと思いましたよ。周りの皆に感謝してるよ。もう99回も同じ話を書くのはコリゴリだね(笑)」

概要(の説明口調的)[編集]

普通の小説は実験的要素がない分あつかいやすいし
素人から玄人まで幅広く読まれているフランス文学の基本形態
対してレーモン・クノーの文体練習(ぶんたいれんしゅう)は
見た目なんかは小説とほとんど変わらねぇが
あえて「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、
2時間後に別の場所でもう一度見かける」という話を99回繰り返し、
ストーリーより実験を目的とした
玄人好みのあつかいにくすぎる文学
使いこなせねぇとナマクラ小説よりつまらない
ただの紙クズみてぇなもんだってのに
何であのガキは?

概要(糸色望的)[編集]

そう文体練習とはレーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品なのです 絶望した!バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を2時間後に別の場所でもう一度見かけるだけの話を、文体が違うとはいえ99回も読まされることに絶望した!!

概要(ギレン・ザビの演説風)[編集]

我々は今「文体練習」を行った。 これは我々の敗北を意味するのか? 否!これは実験なのだ! 我がレーモン・クノーがこれを発行したのは1947年である。 にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か! それは我々が99通り繰り返してきたからである。 私の弟、そして諸君らが愛してくれたレーモン・クノーは死んだ。 何故だ!我がジオン国民よ! 今こそ「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」 という短い話を99通り繰り返すのだ 宇宙の優良種たる我らこそが人類の正しき未来を救う事が出来るのである。 ジークジオン!!!

[編集]

概要(ウィキペディア的)[編集]

文体練習(ぶんたいれんしゅう)はフランス人の作家・レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な[要出典]文学作品である。[1]「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い[要出典][2]を99通りの文体で叙述する。[3][4]


  1. ^ 天満ふさこ『フランス文学史概説』新潮社、1982年、ISBN 831-4-10-304971-5、81~82頁。
  2. ^ 阿川弘之『感銘の小説家クノー』共立出版、1986年、ISBN 468-3-763-309754-6、38~39頁。
  3. ^ 天満ふさこ『フランス文学史概説』新潮社、1982年、ISBN 831-4-10-304971-5、83頁。
  4. ^ 中里介山『世界の小説』芦書房、2002年、ISBN 645-6-18-089425-1、47頁。

概要(アンサイクロペディア糞記事的)[編集]

文体練習(もんからだれんなら)は検閲により削除の作家・霊悶苦悩(中の人:後藤しゃおり)が皇紀2607年にすわっ!!した実験的な文学作品なんだぜ! 「バスの中で見かけた乗客をすわっ!!する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かけてウホッする」という短い話を99999999通りの文体で××Danger!!××

概要(アンサイクロペディアのNRV的)[編集]

概要(アンサイクロペディアのスタブ的)[編集]

この「文体練習」は、レーモン・クノーがバスでクラックをキメていた若者と2時間後に再会していた可能性もありますが、今はまだ実験中です。あと99通り執筆してくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに文体練習!(Portal:スタブ)

概要(アンサイクロペディアのノートのコメント的)[編集]

  • (コメント)「バスの中で見た乗客に対して怒る男性を2時間後に別所でもう一度見かける」という短文を異なった文体で99通り叙述する、クノー氏が作成した当ページは斬新だとは思います。しかし前衛的すぎていまいちユーモアのつかみ所が分からない上、99つの箇条書きが目立って事典としての体裁を保っていません。以上のことをふまえて編集し直していただければ幸いです。--54.156.47.142 2017年9月24日 (日) 03:12 (JST)

概要(アジフライ語的)[編集]

山岡お刺身陶人京極アジ食え食え食えドボドボああむむ・・・京極お刺身ドボドボ中川ゴク・・・お刺身食えお刺身(文体練習、ぶんたれんしゅう)アジアジフライ山岡食え食え、ああむむ・・・食えむむ…岡星アジフライ京極・フライお刺身ドボアジフライ食えアジフライ(レーモン・クノー)ドボドボドボゴク・・・アジフライああお刺身 お刺身ドボドボ陶人中川アジお刺身フライむむ…京極お刺身ドボドボ中川ゴク・・・アジフライ食えお刺身お刺身むむ・・・アジお刺身(実験小説)アジむむ・・・陶人食え食え食えああお刺身。

概要(VIP的)[編集]

ちょwwwお前らこいwwすげーーこと思いついたwwwwwwww

1 名前:レーモン・クノー 投稿日:1947/10/16(金) 18:37:03.97 ID:eMK+H4200
   「バスの中で見かけた客を罵倒する男を2時間後に別のとこでもう一度見かける」という話で
    文体を変えて99回スレ立てる。スレタイは「文体練習」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:1947/10/16(金) 18:37:45.95 ID:awq0HiSv0
   >>1
   天才現るwwwwwwww

概要(Twitter[編集]

Hogehoge
拡散なう[email protected]拡散[email protected]@Raymond Queneau バスの中で客を罵倒してる客を見た。
5秒前 webから
example
拡散[email protected]Raymond Queneau バスの中で客を罵倒してる客を見た。
2時間前 webから
Raymond Queneau
バスの中で客を罵倒してる客を見た。
1947年 文体練習から

概要(宇宙ヤバイのコピペ的)[編集]

ヤバイ。文体練習ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。まず長い。もう長いなんてもんじゃない。超長い。長いとかっても「20倍くらい?」とか、もう、そういうレベルじゃない。何しろ99倍。スゲェ! だって普通はバスの男の小話なんて1回しか書かないじゃん。だって何回も書かれたら困るっしょ。だから普通の小説は同じ事を何回も書かない。話のわかるヤツだ。けど文体練習はヤバイ。そんなの気にしない。何回も書きまくり。ヤバすぎ。そんなヤバイ文体練習を書いたレーモン・クノーとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

概要(アンパンマンのコピペ的)[編集]

アンパンマンにインタビューしました。
Q1「あなたの名前はなんですか?」
A1「アンパンマン」

Q2「嫌いな文学作品は何ですか?」
A2「罪と罰」

Q3「本当ですか?」
A3「はい」

Q4「本当の事を言って下さい」
A4「文体練習」

Q5「それはどうしてですか?」
A5「バスの中での小話を文体を変えて99回も繰り返すから」

Q6「それはどうしてですか?」
A6「たぶん嫌がらせ」

概要(ポルナレフのコピペ的)[編集]

文体練習を読む前に言っておくッ!

おれは今クノーの実験作品をほんのちょっぴりだが体験した

い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!

『おれはバスの男の小話を1回読んだと思ったら、いつのまにか99回読んでしまった』

な‥何を言っているかわからねーと思うが俺も何をされたかわからなかった…

コピーだとか繰り返しだとかそんなチャチなもんじゃ断じてねぇ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……

概要(吉野家のコピペ的)[編集]

そんな事よりアンサイクロペディアンよ、ちょいと聞いてくれよ。アンサイクロペディアとあんま関係ないけどさ。
1947年に、フランスの本屋でレーモン・クノーの本を買ったんです。本屋。
そしたらなんかめちゃくちゃいっぱい書いてあって、でも、バスの中での小話ばっかりしかないんです。
で、よく見たらなんか1つの話を99通りの文体で書いてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、99通り如きで普段来てない本屋に来てんじゃねーよ、ボケが。
99通りだよ、99通り。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で本屋か。おめでてーな。
よーしパパ吉野家のコピペで書いちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、156円やるからhydeの身長は156cmと書いてろと。
本屋ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
フォーラムで出会った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと全部読めたかと思ったら、隣のレーモン・クノーが、あと3通り追加する、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、あと3通り追加するなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、あと3通り追加する、だ。
お前は本当にあと3通り追加したいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、あと3通り追加するって言いたいだけちゃうんかと。
まあお前らド素人は、ケータイ小説でも読んでなさいってこった。

概要(かみのコピペ的)[編集]

くのう 「やっとよみましたね。おめでとう! このぶんたいれんしゅうを よみぬいたのは きみたちがはじめてです」
どくしゃ「ぶんたいれんしゅう?」
くのう 「わたしが つくった バスのなかの ストーリーの じっけんしょうせつです!」
どくしゃ「どういうことだ?」
くのう 「わたしは ふつうのしょうせつに あきあきしていました。 そこでおなじはなしを くりかえしたのです」
どくしゃ「なに かんがえてんだ!」
くのう 「おなじはなしは ゲシュタルトほうかいをおこし おもしろくしてくれました。
     だが それもつかのまのこと それにもたいくつしてきました」
どくしゃ「そこで ひょうげんをかえたのか? 」
くのう 「そう!そのとうり!! わたしは マンネリをうちこわす ひょうげんが ほしかったのです!」
どくしゃ「なにもかも あんたが かいたすじがきだったわけだ」
くのう 「なかなか りかいが はやい。 おおくの どくしゃたちが さいごまでよめずに あきていきました。
     ざせつすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしによみぬいていく すがたは
     わたしさえも かんどうさせるものがありました。 わたしは このかんどうを
     あたえてくれた きみたちにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」
どくしゃ「おまえのために ここまでよんだんじゃねえ! よくも おれたちを みんなをおもちゃにしてくれたな!」
くのう 「それが どうかしましたか? すべては わたしの どくしゃなのです」
どくしゃ「おれたちは おまえのモノじゃない!」
くのう 「わたしに ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとたちだ!
     どうしても やるつもりですね これも どくしゃのサガか‥‥
     よろしい しぬまえに じっけんしょうせつかのちから とくと めに やきつけておけ!!」

[編集]

概要(CHAGE and ASKA的)[編集]

「SAY YES」 作詞・作曲 KUNO

余計な表現 無いよね
Oh すべてが君と僕との バスでの出逢いさ

少しくらいの嘘やワガママも
まるで僕を試すような 乗客の口喧嘩になる

このまま二時間後 別の場所で
何気なく出逢わないか

話に話 書きまくろうよ
古書店の棚に並ばないように

何度も書くよ 残さず書くよ
文体練習

概要(エアーマンが倒せない的)[編集]

「文体練習が終わらない」

気がついたら 同じ話ばかり読む

そしていつも別の場所で会う

あきらめずに バスの乗客罵倒するけど

すぐに初めに戻るよ

速読術があれば 楽に最後のほうまで 読むけど

何回読んでも 何回読んでも

文体練習 終わらないよ

あの若者 何回やってもよけれない

2時間経って 別の場所でも いずれは彼にめぐりあう

99通り試してみたけど ヤマ落ちなければ意味もない

だから次は絶対勝つために 僕はペレックだけは最後まで取っておく

概要(フルメタル・ジャケット的(軍曹ソング))[編集]

♪嘘か ホントか 知らないが(嘘か ホントか 知らないが×99) 

レーモン・クノーの 話では(レーモン・クノーの 話では×99) 

バスで見かけた チンピラを(バスで見かけた チンピラを×99) 

2時間後に 見かけたよ(2時間後に 見かけたよ×99) 

1・2・3・4! 文体!練習!(1・2・3・4! 文体!練習!×99)♪

概要(ビジュアル系バンド的)[編集]

「Exercises in style」 - Queneau

実験的に創造(つく)り出された未完成なこの作品(せかい)の中で
弄ばれるように言葉は零れ落ちていく

バスノナカデミカケタジョウキャク
狂ったように罵った僕は死の記憶に導かれて眠る
たった2時間の儚い夢

僕が目醒めたその時には
貴女の中に芽生えた99の言葉で
堕ちていく僕をもう一度引き裂いて欲しい

概要(回文[編集]

  • 字なお湧くか止め!以下初回目と書くは同じ。(優勝作品)
  • クノー、並で文体練習九十九習練、大分。で、みなを残く。(敢闘賞)

概要(ポエム的)[編集]

バスの中で キミと出遭った
ケンカしちゃったけど 2時間後にまた遭えたね

キミとの出逢いを 綴ってみたんだ
だけどひとつの言葉じゃ あらわしきれない
ボクらの出逢いはeternal そう 何度でも
何度でも 綴ってみたんだ

ボクとキミの文体練習

    ~レーモン・クノー

概要(テスト形式)[編集]

「文体練習」を読んで、なぜ筆者レーモン・クノーが1947年に「バスで見た乗客を罵倒した人物を二時間後に別の場所で再発見する」という短文を異なる文体で九十九回書く経緯に至ったのか、その説明として適切なものを次の選択肢から一つ選べ。

  1. 他の乗客とのトラブルが起こった原因をバス会社によるものとみなし、バス会社を糾弾し筆者の社会的地位を上げるため。
  2. バスの他の客からの罵倒を受けたことによる、筆者とバスの乗客との間に生じた心理的距離を様々な形で表現しようとしたため。
  3. 以前訪れた九十九里浜の景色を思い出し、九十九の短文を作ることにより、筆者の作品の文学的価値を向上するため。
  4. 筆者はアンサイクロペディアンであり、九十九もの無駄な文章を作ることに大きな喜びを感じていたため。

概要(時報[編集]

「プッ、プッ、プッ、ポーン。ただいまからレーモン・クノーが実験的な文学作品である文体練習を発表した1947年をお知らせします。」
「プッ、プッ、プッ、ポーン。ただいまからバスの中で見かけた乗客を若者が罵倒する時刻をお知らせします。」
―――2時間後―――
「プッ、プッ、プッ、ポーン。ただいまから若者を別の場所でもう一度見かけた時刻をお知らせします。」

概要(鉄道的)[編集]

お客様にお願い申し上げます。車内でのお客様への罵倒また2時間後の同様の罵倒は、他のお客様にたいへんなご迷惑となり、また電車が遅れる原因となりますので、絶対におやめください。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。この電車は99分遅れて運転しており、フランスには19時47分到着の見込みです。お急ぎのところご迷惑をおかけ致します。

引き続きお客様にご案内申し上げます。デーモン工藤様、失礼しました、えー、レーモン・クノー様、お連れの方が文学実験をしながらお待ちです。車掌または駅係員にご連絡下さい。

概要(軍事的)[編集]

静粛に。今回の我々の任務は文学的実験である。1947年のレーモン・クノー事件に伴う容疑者を拘束し、99通りの方法で尋問することである。対象の殺害は許されない。

なお、バス内で乗客を罵倒している若者は射殺してよい。タイミングは射撃班班長の判断に任せる。機会を逃した場合、プランBとして2時間後に罵倒を再確認せよ。失敗は許されない。以上、何か質問は?

概要(聖書的)[編集]

文体練習

1 主は臨在の幕屋から、レーモン・クノーを呼んで仰せになった。2 「人々に99通りの方法でこう言いなさい。 バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける、と」。3 レーモン・クノーが「主よ、なぜそのようなことを仰るのですか」と訊ねると、主は怒ってこう言われた。「これは文学作品であり、わたしと人々との実験だからである。」4 レーモン・クノーはフランス人で、このとき1947歳であった。

概要(クルアーン的)[編集]

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。

もしアッラーがお望みなら、バスの中で出会った暴漢と2時間後に再会するでしょう。そしてその出来事はレーモン・クノーによって99の表現をもって(讃えよ偉大なるアッラーを、99の美名をもって)書かれ、ムハンマドによって読まれるでしょう。

概要(エレバン放送的)[編集]

問「同志レーモン・クノーが『バスの中で出会った迷惑な乗客と2時間後にまた出会う』というアネクドートを、99通りに書くことは可能でしょうか?」

答「文体練習として可能です。しかし表現に変化をもたせないと読者は飽きてしまい、彼を当局に突き出すでしょう」

概要(HSP的)[編集]

mes "文体練習"
//フランス人作家レーモン・クノー 1947年制作
//実験用プログラム
repeat 99
mes "バスの中で見かけた乗客を若者が罵倒する"
wait 72000
mes "別の場所でもう一度見かける"
loop

概要(VBA的)[編集]

Sub Buntairenshuu
;フランス人作家レーモン・クノー 1947年制作
;実験用プログラム
Dim Toori As Integer
    Toori = 0
    Do
        Msgbox ("バスの中で見かけた乗客を若者が罵倒する")
        Application.Wait (Now + TimeValue("2:00:00"))
        Msgbox ("別の場所でもう一度見かける")
        Toori = Toori + 1
    Loop Until Toori = 99
End Sub

概要(C++的)[編集]

/*文体練習用プログラム*/
#include<BtaiRnshu.h>
using namespace std;
int main(){
  int RaymondQueneau;
  int year=1947;
  //Debug:RaymondQueneau="フランス人作家";
  for(RaymondQueneau=1;RaymondQueneau<=99;RaymondQueneau++){
     if(see("罵倒する若者",bus)){
          cout<<"バスの中で見かけた乗客を若者が罵倒する"<<'\n';
          if(see("罵倒する若者",!bus))cout<<"別の場所でもう一度見かける"<<"\n\n";
     }
  }
  return 0;
}

概要(UTF-8的)[編集]

%e6%96%87%e4%bd%93%e7%b7%b4%e7%bf%92%e3%81%af%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e4%ba%ba%e3%81%ae%e4%bd%9c%e5%ae%b6%e3%83%bb%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%81%8c1947%e5%b9%b4%e3%81%ab%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%81%97%e3%81%9f%e5%ae%9f%e9%a8%93%e7%9a%84%e3%81%aa%e6%96%87%e5%ad%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%82

%e3%80%8c%e3%83%90%e3%82%b9%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e8%a6%8b%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%9f%e4%b9%97%e5%ae%a2%e3%82%92%e7%bd%b5%e5%80%92%e3%81%99%e3%82%8b%e8%8b%a5%e8%80%85%e3%82%92%e3%80%812%e6%99%82%e9%96%93%e5%be%8c%e3%81%ab%e5%88%a5%e3%81%ae%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%86%e4%b8%80%e5%ba%a6%e8%a6%8b%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%8b%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e7%9f%ad%e3%81%84%e8%a9%b1%e3%82%9299%e9%80%9a%e3%82%8a%e3%81%ae%e8%a8%98%e8%bf%b0%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a7%e8%a1%a8%e7%8f%be%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%82%20

概要(Excite先生的)[編集]

英語
[Buntairenshuu]) is an experimental ..style practice (.. literary work that French's writer and Raymond [kuno-] announced in 1947. A short story "The young person who abuses the passenger who was the appearance in the bus will be seen again in two hours in the different location" is expressed by the method of describing 99 kinds of.
フランス語
L'exercice du style de l'ecriture (.........) est le travail litteraire experimental qui ecrivain francais / Raymond Queneau a annonce en 1947.J'exprime une histoire qui a un brusquement il "voir une jeunesse qui abuse du passager que j'ai encore une fois vu plus tard dans un autobus a une autre place deux heures" par 99 chemins de methodes de la description.

概要(Excite先生再翻訳的)[編集]

Buntairenshuu)、実験的です。習慣を流行に合わせてください、(. . フランス人の作家とレイモンドがkunoする文学作品は、1947年に発表しました。 短編、「バスの外観であった乗客を虐待する若い人は、2時間後に再び別の場所で会われること」が99種類について説明する方法で表現されます。

概要(軍靴の足音的)[編集]

先日、フランス人の作家レーモン・クノーの作品をみていたところ、とんでもないものを発見しました。それは、彼が1947年に発表した文体練習(ぶんたいれんしゅう)という実験的作品です。その内容は、「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述する、というもので、あまりの恐ろしさにその場でへたり込んでしまいました。ほぼ同じ内容の話を何度も聞かせることで読者を洗脳しているとしか思えません。こんな時代錯誤な作品が蔓延するこの国は、いったいどこに向かおうとしているのでしょうか。軍靴の足音に夜も眠れない日々が続きます。

59歳 主婦

概要(裁判風)[編集]

主文
短い話を、99通りの文体で叙述する刑に処する。
理由
文体練習(ぶんたいれんしゅう)はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品であり、「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話が何度も繰り返し表現されている。実験的要素を十分に含みつつ、なおかつ実現可能性を考慮すれば、99通りの文体で叙述することが妥当であると考えられる。

概要(折田先生像的)[編集]

文学作品「文体練習(ぶんたいれんしゅう)」は、「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述し、フランス文学に自由の気風を築くために多大な功績を残した作品です。どうかこの作品を汚さないでください。
レーモン・クノー

概要(ラジオ番組)[編集]

A:ではここでメッセージを紹介します。
B:お、ありがとうございます。
A:なんとフランスから頂きました。ラジオネーム「レーモン・クノー」さんから
B:わざわざそんな遠いところからありがとうございます。
A:バスに乗ってたらお客さんに喧嘩を売る若者を見かけました。
B:あぁ~。そういうマナーの悪いお客さん一人はいるよね。僕も今日このスタジオに来る時、列車の床に座り込んで弁当食ってる奴を見たんだよ。ぶち殺してやろうかと思ったんだけどね。
A:ぶち殺すとか言っちゃだめですよ。ちびっ子も聞いてるんだから。で、バスを降りて2時間後に同じ人を見かけたんだそうです。
B:それはそれは珍しいですね。同じ人を二度見かけるとかまず無いよね。
A:これが1947年のことらしいです。
B:えぇっ?いつの話してるの君?
A:そして同じことが99回あったと。繰り返されたって言ってます。
B:世の中は分からないね。

概要(DQN的)[編集]

レークノマジパねぇ! は?しらねーの? 俺のダチの三中の先輩なんだけど、俄然フランス生まれHIPHOP育ちだぜ? 文体練習マジキてんな。 バスん中で客にメンチ切ってフルボッコにしてた六中の奴がいて。正直イミフ。 2時間後そいつにまた会ったんだぜ。 マジありえなくね? で、その伝説をノリで99回も書いたとかマジウケるし。 マジレークノみてえに俺もラップで腐った世の中救いてー

概要(松岡修造的)[編集]

諦めるなよ! 何度も何度も出会うんだ! そうだ、99回繰り返し叙述するんだ! 確かに出会ったんだろう? 君はバスの中で、乗客を罵倒する若者を、別の場所でその2時間後に! 今度こそ、今度こそ君が注意してやるんだ! フランスのレーモン・クノー先生だって、きっとそれを望んでいる筈さ! それが1947年以来、ずっと繰り返されてきた文体練習ってものだろう? だから……諦めるなよ!

概要(田中宗一郎的)[編集]

そう、我々は見てしまった。バスで乗客を罵倒するキッドAという世界の本当の姿を、2時間後に再び見てしまったのだ。

後は、ワインと睡眠薬を一緒に飲んでベッドに倒れこんでしまうか、それとも、彼レーモン・クノーのように、全てが無駄に終わると知っていたとしても、出来うるかぎりの記述を99通りやり続けるかどちらかなのだ。

概要(ブロントさん的)[編集]

おいィ? 黄金の鉄の塊の文体練習はレーモン・クノー(謙虚な作家)が1947年にカカッと発表した破壊力ばつ牛ンに実験的な文学作品になってることは確定的に明らか

リアル世界のバスの中で他の客に泣き叫んでいる若者がいておれの怒りが有頂天になった リアルだったらお前はもう死んでるぞと思ったが2時間後にまた見かけた 汚いなさすが若者きたない アワレ

概要(遊戯王的)[編集]

クノー「さあ行くぜ! まず1回目! Write! 文体練習! バスの中の乗客を罵倒して、2時間後に別の場所で再発見! 2回目Write! 文体練習! 3回目! 文体練習! Write! 文体練習! Write! 文体練習! Write! 文体練習! Write! 文体・・・」
杏子「もうやめて! 読者の集中力はもうゼロよ!」

概要(ムスカ大佐的)[編集]

ははは、見ろ!文体練習がゴミのようだ!若者のアホ面には心底うんざりさせられる。同じ話が99回、読める、読めるぞ!!繰り返し過ぎると元も子もなくしますよ、閣下。

概要(ファンタCM昼メロ先生的)[編集]

執筆者「文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した・・・」
男「貞子!」
執筆者「・・・! 今頃なによ!    馬鹿ッ・・・・・・遭いたかったァ!」
義母「この泥棒猫」
執筆者「お義母さん!?」
閲覧者「説明しろよ」

概要(黒バラ的)[編集]

前回

知ちゃん「99通りの文体で叙述しよう。Let's文体練習」
「イェーイ」

ピンポンパンポーン
続きをごらん下さい

中井「で、レモン・クノーって誰だよ。」
ゆかりん「レーモン・クノーでちゅよ」
知ちゃん「フランス人やって」
半ズボン「イベリコじゃん」
イベ嶋「イベリコはスペインだから」

VTRを見て

まゆ毛「バス?」
イベ嶋「若者むっちゃ罵倒してんじゃん」
さいとう「 おだまり 」
半ズボン「怖えー!!」
中井「おれスターだから」

はい、時間切れ
次回、2時間後に別の場所でもう一度見かける ってなんで?

概要(MMR的)[編集]

まず文体練習をアルファベットにする。

BUNTAIRENSYU

YUTAはユダ、つまり裏切り者なので除去する。

B U N I R E N S

これの順番を並び替える。

B U S N I N E  R

"R"とはリピートを表すので、"NINE"を繰り返す。

B U S N I N E N I N E

これを読みやすくする。

Bus 99

つまり文体練習とは「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述する実験小説だったんだよ!

ΩΩΩ「な、なんだって―――!」

概要(コミックのカバー裏的)[編集]

Raymond queneau2.jpg

概要(ニュース的)[編集]

逮捕されたレーモン・クノー容疑者(44)

同一内容繰り返す レーモン・クノー容疑者逮捕

1947年10月15日21時11分配信

「地下鉄のザジ」で知られるフランスの作家・レーモン・クノー氏が15日、同一内容繰り返しの容疑で逮捕された。

フランス警察によると、同氏は発表した小説「文体練習」のなかで、「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という話を文体を変えて99回に渡って掲載した疑い。同氏は容疑を認めており、同署は近く同容疑を書類送検する方針。(了)

概要(レイクの古いCM的)[編集]

文体練習。その話は、日々のたゆまぬ努力から生まれる。

いくわよ! 文体!練!習!

Buntai Reiku.jpg

概要(修身の教科書的)[編集]

文体練習挿絵.JPG


クノー ハ ジブン デモ

イイカゲン レンシュウ ニ

ウンザリ シテ イマシタ ガ、

シンデモ オナジ ハナシ ヲ

カクノ ヲ ヤメマセンデシタ。

概要(ケータイ天皇的)[編集]

ケータイ天皇 06.jpg

508/10/30 08:23pm

From:継体天皇
件名:文体練習?
──────────
文体練習を

説明してあげる

みたいな

文体練習は まぁ

フランス人のクノーが

1947年に出した小説

みたいな

内容?

バスの男の話を

たくさん違う文体で書く

みたいな

回数?

まぁ 99回

みたいな


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文体練習」の項目を執筆しています。
神人
流行記事大賞 銀賞受賞記事

この記事は2009年流行記事大賞にて銀賞を受賞しました。
この賞は神人ぐらいの神通力があるかもしれません。