文仁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文仁」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋篠宮文仁親王」の項目を執筆しています。

文仁(ふみひと、1965年1月30日~)は、秋篠宮家当主の親王で今上天皇美智子皇后の子、悠仁親王の。「あーや」と言う愛称を持つ。有栖川宮職仁親王から始まる有栖川流書道の伝承者でもある。


概要[編集]

禁則事項です禁則事項ですなど、一部の国民から絶大な支持を受ける悠仁親王の父親である為、兄徳仁皇太子を嫌う人達から、次期天皇に推す勢力が存在すると言うらしい。影の薄い皇族として有名だが、下半身の元気さは皇室随一で出来が悪いながらも3児を儲けた。更に動植物と触れ合う事を好み、現在住んでいる旧秩父宮邸に沢山の動物を飼うが、秋篠宮家で飼われている動物は、なぜかいつの間にかいなくなると風評も囁かれ続けている。

略歴[編集]

誕生~青年時代[編集]

1965年11月30日 、皇太子明仁親王(今上天皇)と美智子妃の第二子として誕生。加茂さくらとは関係ない。祖父昭和天皇から人間国宝高橋貞次が鍛えた妖刀と「礼宮」の名を与えられ、活発な少年として育つ。1985年、学習院大学にて川嶋紀子と知り合い、恋仲となり、交際する。1988年、学習院大学を卒業、結婚の準備を進めるも、1989年に昭和天皇が崩御し、婚約延期が噂される。しかし禁則事項ですしたために紀子の父、川嶋辰彦が宮内庁に怒鳴り込みをかけ、喪中にもかかわらず8ヵ月後に婚約内定を発表。平成改元後初の慶事として扱われ、翌1990年6月29日、結婚の儀を行い、同日に秋篠宮家を創設した。

秋篠宮時代[編集]

1991年、眞子内親王が生まれ、1994年には佳子内親王が誕生し、1996年にニワトリ遺伝子研究により、総合研究大学院大学から博士号授与を受ける。自身の誕生以来、40年近く皇室で男子が誕生しなかった為、紀子妃と子作りを行ったり、2005年に妹清子内親王と友人黒田慶樹を結婚させたりする等、今上天皇の孫作りに奔走する。

その中で2006年9月6日紀子妃が帝王切開により長男悠仁親王を出産し、男子出生を望んでいた母美智子皇后のご機嫌を取る。

髪の毛の黒化現象。右から順に

2008年、東京農業大学客員教授に就任し、息子悠仁親王や姪愛子内親王に押されて、叔父常陸宮正仁親王並に薄められた存在感の回復に取り組む。

2010年の4月辺りから、髪の毛の黒化現象が、突如、始まる。

2012年に髪の毛が完全に黒になるが今度は髭の白化現象が始まる。

子女[編集]

紀子妃との間には、3子がいる。

発言[編集]

  • 「火のないところに煙がたった」
  • 「発言するなら陛下と相談するべきと思っております」
  • 「皇族の役割とは、天皇を守護する事だ」
  • 「彼は私にとって非常に大切な友人で、妹婿として信頼できる人物です」
  • 「自然界に帰るという事は自然の中で危険を乗り越えながら自ら生きた証です」
  • 「妹よ、頼りない自分達を許してほしい」

逸話[編集]

  • 同じ天皇の次男という立場である大叔父の秩父宮雍仁親王を尊敬しており、跡継ぎ以外の男子に秩父宮を復興とさせると公言しており、一部の秩父宮ファンから絶大な支持を得ている。
  • 大叔母の高松宮妃喜久子より有栖川流書道の伝承を受ける際に、流派を極める為、「蜥蜴」等お手本にない文字の書き方を質問したという。
  • 1986年に口髭を蓄え始めた時、祖父昭和天皇から「髭が似合わないから剃れ」と言われたが、父今上天皇が説得し、許された。
  • 2007年、眞子内親王生誕16周年を祝う為、龍門諒恵広史の作品、BLOODY MONDAYの敵の首領の名を新字体の「真子」とした。
  • 府中競馬場の祭神としても名高く、近隣を通る際は一方通行の嵐に注意しゅべきである。また、祭神としては践祚時に近江富士との関係が示唆されることもあり、また近江神宮の復興に尽力したことは特筆すべきことである。
  • 2010年の4月、息子の悠仁が幼稚園に入園した辺りから、髪の毛が黒くなり始める。一気に、黒くならずに、だんだんとなっているので、怪しがられる。

著作[編集]

  • 『欧州家禽図鑑』(共著。写真と解説を執筆) 平凡社、平成6年(1994年)、ISBN 4582518133
  • 『鶏と人―民族生物学の視点から』、平成12年(2000年) 小学館ISBN 4096260622
  • 『鳥学大全―「鳥のビオソフィア-山階コレクションへの誘い」』(編纂)東京大学総合研究博物館、平成20年(2008年)、ISBN 4130603507 大著
  • 『BIOSOPHIA of BIRDS(鳥のビオソフィア)』(編集)東京大学出版会、2008年、ISBN 4130831526 大著
  • 『日本の家畜・家禽 フィールドベスト図鑑』(監修・文)学研  平成21年(2009年)
  • 『ヒトと動物の関係学2 家畜の文化』 (共編・文) 岩波書店、2009年