敬語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモアが欠落なされるご病気に罹っておいでの皆様のために、ウィキペディアの専門家を気取られる方々が「敬語」の項目を執筆していらっしゃいます。

敬語(けいご)とは、目上の方に対して使わせて頂く言葉でございます。日本語朝鮮語など、東アジア言語でご覧になることが出来ますが、ヨーロッパ系の言語ではほとんど仰られることはありません。

日本語における敬語[編集]

日本語では敬語が異常に発達し申し上げ、日本語の難易度が高くなる最大の要因のひとつとなされております。なぜこれほどまでに発達されたかは存じませんが、弊社の株主総会で会長先生へ伺ったところ、儒学朱子学などの影響を受けていると申されました。

使用例[編集]

大変恐縮ですが、自分より高い身分の人と話すときは敬語をお使い申し上げるのがよろしいでしょう。例えば

…など

敬語変換[編集]

よく仰られることが多い文は敬語では以下のように申し上げます。

  • 静かにしてください→だまれでございます
  • 来てください→来いでございます
  • 死にました→死にやがったでございます
  • 始まるよ→サザエでございます
  • 社長は食べ物で何が好き?→社長はエサで何をかじられるでございますか?


識者の皆様方のコメント[編集]

「敬語は腹をお切りになられて、死になさるべきである。
また、敬語はただ死になさってお終いになられるものではない。
唯一神又吉イエスが敬語を地獄の火の中に投げ込み申し上げるものである。」
敬語 について、又吉イヱス
「これはねえ、やっぱりお狂いになられてますよ。この敬語っちゅうのは。
顔を見てご覧下さい。目はつり上がりになられていらっしゃる。お顔がぼうっと浮きなさっているでしょう?
これ気違いの御顔ですわ。」
敬語 について、塩爺
「皆様 私は戦争が好きでございます
皆様 私は戦争が大好きでございます
皆様私は 戦争が大好きでございます」
敬語 について、少佐

関連項目[編集]