敦賀市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「敦賀市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「敦賀市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「敦賀市」の項目を執筆しています。
京都が首都じゃなくなってから、原発の街になっちったじゃねえか?原発の街にした奴は誰だ?!」
敦賀 について、織田信長

敦賀市(つるがし)は、若狭湾の奥まった所に位置する港町。福井県、じゃなかった、滋賀県の若狭地方に所在する。

概要[編集]

「とんが」と誤読される事があるが、読みは「つるが」。元々は「角鹿」と書いて「つるが」と読んでいた。

古くはアジア大陸との交易や、北前船の発着地として栄えて来た港町で、江戸時代までは首都・京都の外港で、経済の中心地・大阪と列んで物流の中心地であった。アジア諸国との連絡鉄道であるボートトレインの発着地だった事もある。

江戸時代から昆布の加工が有名だが、現在では「原発銀座」「屋台ラーメンの街」という顔も持っている。原発ラーメンなる物もあるとかないとか。あったとしても食いたくない。

地理[編集]

位置[編集]

  • 敦賀は、太平洋に最も近い日本海岸の都市である。太平洋岸の名古屋港から、日本海岸の敦賀港まで、僅115kmで行ける。名古屋と敦賀の市街地となれば僅110kmだ。
  • 名目上は福井県に入れられているが、実際には滋賀県にグイッと食い込んで隣接している為、「滋賀県敦賀市」と呼ばれている。敦賀から南へ愛発山を越えればそこは近江国であり、県外からも滋賀県にあると認知される事も多い。
  • 越前(福井など)よりも、舞鶴 (丹後)・長浜 (近江)・京都 (山城)・岐阜 (美濃)・名古屋 (尾張)との繋がりが深い。これは、敦賀から福井へ行くには同じ若狭湾岸でも豪雪地(山中峠か木ノ芽峠)を越えねばならないが、敦賀から舞鶴へは細長い平野を伝えば楽に行けるし、長浜・京都・岐阜・名古屋へは琵琶湖ルートで楽に行ける為である。岐阜や名古屋へ行くには関ヶ原を越えねばならないが、木ノ芽峠に比べると標高が低いので比較的楽に行ける。更に、岐阜や名古屋は、敦賀と同じく近江の取り巻きであり、歴史的にも織田信長豊臣秀吉の地盤であった。

気候[編集]

若狭湾沿岸なので、舞鶴と同じく「弁当忘れても傘忘れるな」という格言が存在する。敦賀(嶺南)と今庄(嶺北)の境に木ノ芽峠が峙えているが、敦賀では雪が降ってないのに、木ノ芽峠では大雪という事が度々在る。このため、「嶺北より湖北の方が便利じゃないの?」って、伊吹山や牧野(滋賀県)のスキー場へ行く者が多い。

交通[編集]

陸路[編集]

京都や大阪へ行くには、鉄道では湖西線北陸本線、道路では国道8号や国道161号、北陸自動車道・名神高速道路を利用する。つい最近、京都駅大阪駅からの新快速が、やっとの思いで敦賀駅に乗り入れした。

一方で、高速バスについては、新快速に比べると充実度は低い。これは、特に近江・西濃・尾張の住民が、自家用車で気軽に敦賀へ行って終う為である。実際に、名古屋⇔敦賀の高速バス路線を見ると、敦賀駅じゃなくて敦賀ICまでとなっている。そして、海水浴シーズンになると、敦賀市内には滋賀・岐阜・名古屋・京都のナンバー車がやたらと目に付く。

舞鶴や城崎など北畿内同士(若狭湾ルート)の交通を見ると、充実度は南の京都側に比べると見劣りする点は否めない。これは、かつての丹国が京都府と兵庫県に切り売りされた為である。しかし、実際に侮ってはならないのがこの若狭湾ルートであり、京都や大阪が災害で麻痺した際には、敦賀を通って迂回しなきゃならない。国鉄が分割民営化される前には、名古屋~敦賀~宮津といった「敦賀の同盟都市」を結ぶ急行「大社」が運行されていた。

海路[編集]

長らく京都の外港だった事で解る通り、現在では滋賀県の外港の一つになっている。又、太平洋に最も近い日本海岸という位置から、舞鶴港や名古屋港とタッグを組むのは当たり前の事である。京都が首都のままだったら…。

外の都市との関係[編集]

  • vs 福井 : 敦賀は無理やり滋賀県から切り離されて福井県に入れられたが、「越前のおまけ」「原発マネーの金蔓」という扱いで軽視されている。この為、「原発マネーにたかるのか!」って怒っている。方言と交流圏も違っていて、福井市民は「金沢に好い顔、舞鶴に好い顔、長浜に好い顔、京都に好い顔」をしているが、敦賀市民は木ノ芽峠以北なんか眼中に無く、「福井だって柴田勝家の地盤だったから、長浜や京都の仲間だろ!」「金沢や富山と一緒になるなら縁を切るぞ!」って思っている。
  • vs 舞鶴 : 同盟都市の一つ。敦賀と同様に若狭湾沿岸の港町とあって、交通面では舞鶴と同盟を結んでいる。阪神淡路大震災で神戸の道路・鉄路が倒壊した時には、敦賀や舞鶴は「迂回路」として救援した。この為、ナホトカ号事故で若狭湾が被害を受けた時、瀬戸内海岸の神戸からも救援を受けた。
  • vs 京都 : 同盟都市の一つ。江戸時代まで京都の外港だった為、京都市民から大事にされて来た。現在でも、京都へ買物に行く敦賀市民も多い。
  • vs 大阪 : 敦賀の対岸の一つ。敦賀市民は京都で途中下車する者が多いので、京都の陰に隠れやすいが、大阪へ行く敦賀市民も結構いる。
  • vs 大津 : 滋賀県(もう滋賀県から外れて京都市に編入されたが)の中でも、ここだけは嫌っている。敦賀は京都よりも福井の方が近い為、「敦賀が滋賀県から切り離されたのは、京都の隣町が県庁所在地だからだ!」「京都市大津区のくせに!」って恨み節を唱えている。
  • vs 長浜 : 敦賀市民が最も愛する滋賀県の都市。戦国時代には浅井長政豊臣秀吉の本拠地となった都市で、滋賀県で第一、第二を争う旧城下町である。中山道と北陸道の分岐点という交通の要衝であり、京都・大阪・名古屋・敦賀にも近い。この為、「滋賀県の県庁所在地は長浜市。」「旧城下町でもない米原の我田引鉄は悔しかったけど、米原と長浜って伊吹山麓の坂田郡でしょ。」って思っている。
  • vs 彦根 : 米原以南の滋賀県では最も身近な都市。滋賀県では最大の旧城下町で、「名古屋の金鯱、彦根の兜猫」と呼んでいる。彦根ちゃんぽんを食べに行く敦賀市民も多い。又、幕末から敵対していた水戸と彦根を和解させた都市も敦賀である。
  • vs 岐阜 : 中山道沿線だが、水上レジャーで琵琶湖や若狭湾に行く者や、敦賀の魚市場へ行く者や、名古屋や京都へ買物に行く者が多い。この為、「名古屋のおまけ、長浜のおまけ、敦賀のおまけ」という目で見ている。
  • vs 名古屋 : 同盟都市の一つで、敦賀の対岸の一つ。日本海に最も近い太平洋岸の都市で、日本海岸の敦賀と列んで「近江の外港」になっている。この為、敦賀と名古屋は仲が良く、共に琵琶湖が大好きな都市である。又、敦賀・名古屋・京都の3市民が手を組んで、滋賀県の県庁所在地を長浜に移転させた。

金融機関[編集]

現存の銀行

福井銀行福邦銀行が立地する。いずれも本店所在地は福井。これらは舞鶴や京都には支店があるのに、長浜や彦根には支店が無い(泣)。

出店要望中の銀行
  • 滋賀銀行、びわこ銀行、京都銀行
いずれも本店所在地は京都。これらは彦根や大垣や名古屋には支店があるのに、敦賀には支店が無い(泣)。
敦賀市民とも長ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいお付き合いをしてほしい(泣)。
  • 大垣共立銀行
本店所在地は大垣。長浜や彦根には支店があるのに、敦賀には支店が無い(泣)。

関連項目[編集]

琵琶湖若狭湾友好同盟
東近畿三県同盟
原子力発電所


この項目「敦賀市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)