教育実習

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教育実習」の項目を執筆しています。

このページでは、教育実習 (きょういくじっしゅう) について説明する。

教育実習の概要[編集]

教員となるために大学生(中には免許しか欲しくない人もいる)が一定の単位を取得後に2週間から4週間の日程で行われるプログラムである。社会人となってからでも大学生となることはできるので、学生というくくりであれば50代前半まででも行うことができる。

教育実習の内容[編集]

大学生を主として、教員免許が欲しい人は必ず通らなければならない道である。指導教官というお堅い名前の付いた一般教員と、この期間師弟関係となり数々の計画倒れを味わう期間である。また、厳密には免許を持っていないためお察しください。実習生は、通称:教生(きょうせい)とも呼ばれ、先生でもないのに先生とみんなから呼ばれる。子ども達からは年齢が近く人気者となるので、指導教官や担任から嫉妬や恨みを買う恐れがある。指導教官との相性も重要な要素となり、全く自分と合わないととても辛い時間を過ごすことになる。さらには、イケメンと呼ばれる種族には、子ども達にもウケが良いが、顔の作りが残念な人の場合、なんらかのあだ名(ものまね番組でよく出てくる一般人の名前かお笑い芸人など)をつけられる。最悪は、キモイというものでくくられる。

ごくまれにではあるが、40代を過ぎた大学生が、実習を行う際に、指導教官より年上であることがあり、どちらが教えられているのか分からなくなる

実習の種類には、観察・参加・実習とより本物へ近づいていく構造を取る。

観察[編集]

指導教官の授業を詳細にメモをして、授業の流れを学ぶ実習である。後ろに立っているので、子ども達は興味津々となるので、嫌う先生もいる。あくまでも、授業の流れを見るのであって、子どもを見るというものではない。

参加[編集]

授業の一部分に参加をして、教科書を読んだり、先生と対話をしてモデルとなったりするものである。余っている時間を任せられる場合もある。 時間が余っていると、自分の過去の話なども話さなければならないこともあり、過去をねつ造するか、黒歴史を話すのかは自由であるが、言葉は慎重に選ぶべきである。

実習[編集]

これが、本番である。1時間(45分または50分間)を任されることになる。事前に、綿密な分単位の計画書を作ることになるが、初心者が時間通りできることもなく、究極の計画倒れを味わうものである。どうにもならなくなることもしばしばあり、これが原因で教師をあきらめる輩も少なくない。

勤務時間[編集]

勤務時間は、実習を行う学校によって異なってくるが、午前8時から午後5時が一般的である。退勤時間については、守られることはまずない。なぜなら、日本はサービス残業で成り立っているからである。筆者の場合は、夜10時ごろが退勤時間となり、それより遅いこともあった。 ボランティア精神と屈強な熱意がないと、兎にも角にも乗り越えることは難しい。