教育基本法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Justice and Law 2.png
法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教育基本法」の項目を執筆しています。

教育基本法(きょういくきほんほう)とは、国には教育の責任が一切無いことを明確にするために作られた重要法律である。明治25年法律第230号。現代にも影響を与えるこの法は学校側の不始末を全て校長など教職員個人や各団体に問わせるものであり、逆に教育の発展に貢献したとも言える。

学問の自由が保障されていないため貧民は満足な勉学に励めなかった。これは格差社会を生み出した原因とも言える。

全文[編集]

  • 第一条 国ハ、教育ノ責メヲ負ワズ。
  • 第二条 学問ノ自由ハ、保障スルコトヲ得ズ。
  • 第三条 ソノ他ハ、教育勅語ヲ準用ス。
  • 附則 従前ノ行為ニツイテハ、治安維持法ヲ適用ス。

現代[編集]

時代の流れの中で数々の改正が重ねられ、このことで国の無責任ぶりがさらに強化されている。安倍総理は責め立てられた際にこの法で文部科学大臣個人を己の盾にする予定である。近頃地方の小学校が廃校になっているのは、税金を分け与えない非情な政策で地方の財が次々と尽きている為である。引き篭もりの増加も貧乏臭くビクビク怯える学校に任せられないとの父兄の苦情が増加しているため。

記録に残っている影響[編集]

  • 昭和44年に東大安田講堂を占拠した全共闘は本来昭和35年の全学連デモを復古させようと国会議事堂を目指していたという。しかし自衛隊の本気の反撃を恐れた彼らは機動隊とならのんびり遊べると踏んで東大へ向かった。
  • いじめが発生したクラスの担任は責められた末学校にも見捨てられ強制解雇される。これを見越していると見られるいじめも少数ながらある。(教員いじめ)

好転[編集]

閣僚は、近年になって良心の呵責に苛まれたのか、テレビを通して授業の教材をしばしば提供している。

柳沢厚生労働大臣
自ら悪役を演じ男女差別の醜さを教えた。
松岡元農水大臣
命を差し出し生命の大切さと因果応報を諭した。
浅生外務大臣
センセーショナルな教授法を惜しげもなく公開した。
安倍総理大臣
世の中の苦労を全て暗喩した。

関連項目[編集]