教育勅語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
New-Unbooks-logo.png
これだけでは満足できない人のために、アンブックスの物好きたちが「教育勅語をよむ」という本を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教育ニ関スル勅語」の項目を執筆しています。

教育勅語(きょういくちょくご、英: Imperial Rescript on Education)正確には教育ニ関スル勅語(きょういくにかんするちょくご)は、太平洋戦争より前の日本(帝国日本)で、バリバリの王党派である井上毅が書いて、天皇睦仁の名で出された、教育に関する命令。睦仁嘉仁裕仁の「菊天皇三代」の教育憲法である。

太平洋戦争の敗戦で、帝国日本が消滅すると失効した。本文を掲載しても、ゆとり教育で汚染された若造には読めないので、現代文の口語に翻訳しておく。

現代語訳[編集]

俺いつも考えてみるんだけどさ、俺の祖先の神武天皇が、日本の国を作ったって事はすげえよな。それ以来俺の家系がしっかりとこの国を支配する仕組みを作ったのは偉い。この俺様の先祖たちの考えに従って、お前ら臣民は、俺様に忠誠を誓い、良くやってくれた。俺の帝国日本偉大なのは、この良く出来たシステムのお陰ってわけだ。教育ちゅーもんの根本もそこに有る。

お前ら臣民は、放っておくと何やらかすかわかんねえから、オヤジやオフクロの言うことを良く聞いてだな、兄弟喧嘩とかは程々にしておけ。夫婦でゴタゴタを起こすのは論外だ。ダチを大切にして、お互いに協力し、よく勉強して、産業を強くして、俺様の帝国を内側から強力にしろ。

いいかお前ら、俺様の決めた憲法は絶対に守れ。俺様の決めた法律もだぞ。お前らは忠実な犬の何倍も忠実でなくてはならない。犯罪とかやるんじゃねーぞ。万引きもコソ泥も許さん。俺様の政府やお役人様には絶対逆らうんじゃねーぞ。 もし俺様の帝国が外国とドンパチやるときは、俺様の忠実な兵士として捨て駒になる覚悟で戦え。

そうして俺様の偉大な帝国に貢献しろ。俺様と俺様の偉大な家系の偉大さを世界に思い知らせろ。

いいか、お前らの祖先は先祖代々、俺様の先祖の下僕だ。そういう奴隷根性を発揮して俺様に忠実に生きるのは当然のことだ。それがお前ら下賎の輩にふさわしい生き方だ。以上述べた事は、俺様の先祖が決めたことで、ずーっと昔から決まっていた仕組みだ。これは今も変わらない。

このシステムは世界にあてはめても間違いの無いことだ。すげえだろ? お前ら臣民は、俺様の教えを片時も忘れず、俺様への忠義に励め。

明治23年(西暦1890年)10月30日

睦仁 [印鑑]